水の柩

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:水の柩
著者名 :道尾秀介
初版発行:2014年8月12日
ページ数:359P
定価  :660円+税
出版社 :講談社
形式  :文庫(講談社文庫)

目次
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
終章
解説


実家にあった本です。処分するというのでその前に一読したいと思い、積読にしていました。
著者の道尾秀介氏は、2004年、『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し小説家デビューした方で、2011年、『月と蟹』で第144回直木賞を受賞しています。
秀逸なトリックを用いながら、人間の心情を丁寧に描く作風が人気の方で、TVでも今夜はナゾトレなどに出演されていますね。
いままで、『背の眼』や『骸の爪』『シャドウ』『カラスの親指』『ソロモンの犬』などを読了しましたが、どれも面白かったです。
(個人的には初期の真備シリーズやシャドウが好みでした)

この本は、ひなびた温泉町を舞台に、老舗旅館の長男で中学二年生の主人公が、文化祭をきっかけに言葉を交わすようになった少女と、タイムカプセルの手紙を取り替える行為をきっかけに成長していく物語です。

最後まで読み終えると十分満足できる作品でしたが、最初はとっかかりが悪く、いまいちな印象でした。
そもそも読みたくて手に取ったわけじゃない段階で、すでに評価のハードルが上がっているわけですが、田舎の温泉町という舞台が、辛気臭くてあまり気乗りしないうえ、時系列が分かりにくく、思わせぶりで、正直読みにくかったです。

主人公のあだ名が「堀内」だったりするのにも萎えます。

ただ、文化祭の辺りからようやく物語の雰囲気がつかめてくると、後半からはのめりこむ様に一気に読み終えることができました。
「天泣」のフレーズもステキだったし、終わり方も丁寧に描かれていました。
ぶっちゃけ、6章以降が本当に書きたいことなんじゃないかと思いました。

個人的には、ミステリ的な構成が、逆に物語の骨組みを華奢にしている印象を受けました。
ミステリーを期待すると肩透かしを食うかもしれませんが、少年の成長物語として読めば、きっと満足できるでしょう。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

お金2.0 ──スタイリッシュでオシャレな感じの金融の本

どうも、緒浅丸です。
三月も1/3が過ぎていました。
新年度の準備に向けて、慌ただしくなってきましたね。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:お金2.0 新しい経済のルールと生き方
著者名 :佐藤航陽
初版発行:平成29年11月
ページ数:NO.2552
定価  :1500円
出版社 :幻冬舎
形式  :Kindle

目次
はじめに
第1章 お金の正体
第2章 テクノロジーが変えるお金のカタチ
第3章 価値主義とは何か?
第4章 「お金」から解放される生き方
第5章 加速する人類の進化
おわりに


ベストセラーになっていて、気になっていたところ、kindleでフェアになっていたのでゲットしました。

著者の佐藤航陽氏は、早稲田大学法学部中退し、2007年にイーファクター株式会社(現メタップス)を設立、2015年に東証マザーズに上場して創業者として145億円相当の資産を得たとされる方です。
15歳頃から自己流の商売で生活費などを稼いでいた著者は、現在、「テクノロジーでお金の在り方を変える」をミッションに、時間を通貨とする経済システム『タイムバンク 』を運営しています。

この本では、この21世紀から登場した新しい経済についての説明と、その活用の仕方についてが語られています。
お金の起源から、そのメカニズムとテクノロジーによる変化についてだけでなく、資本主義の欠点を補う考え方として、「価値主義」という枠組みまで提案しています。

読みやすいけど概念的な話が多い印象でした。
お金の歴史の話から、経済の話、資本主義の話となり、最後は人類の未来の話にまで広がります。
SFチックな将来像にはワクワクするものの、現実感が乏しく感じました。

漠然としすぎて、ヴィジョンは想像できるけど、具体的な行動に起こすにはどうすればいいか見つからない感じです。
とりあえず、 『スキズマトリックス』が読みたくなりました。

ただ、今ひとつ、読了後に身に着いた感覚がないのは、紙の本じゃなく、Kindleで読んだせいなのかもしれません。
興味を持たれた方は一読してみてはいかがでしょう?

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

フラッシュ・ボーイズ──証券業界の新常識

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:フラッシュ・ボーイズ
著者名 :マイケル・ルイス
初版発行:2014年11月5日
ページ数:346P
定価  :1650円
出版社 :文藝春秋
形式  :単行本

目次
序章 幻想のウォール街
第1章 時は金なり
第2章 取引画面の蜃気楼
第3章 捕食者の手口
第4章 捕食者の足跡を追う
第5章 ゴールドマン・サックスは何を恐れたか?
第6章 新しい取引所をつくる
第7章 市場の未来をかいま見る
第8章 セルゲイはなぜコードを持ち出したか?
終章 光より速く
謝辞
訳者あとがき
解説 日本のフラッシュ・ボーイズ


ずっと昔、ネットや新聞の書評でこの本の存在を知り、気にはなっていたものの、その頃は株取引やFXから手を引いていたので、読むにまでは至りませんでした。

最近、仮想通貨の取引を始め、また改めてネット取引に興味が出てきた折、ちょうど図書館で見かけたので借りてきた一冊。

著者はアメリカ合衆国のノンフィクション作家・金融ジャーナリストのマイケル・ルイス氏です。
ブラッド・ピット主演で映画化された『マネーボール』の原作や、サブプライムローンについて書かれた『世紀の空売り』でも有名ですね。
(『世紀の空売り』も『マネーショート』という名前で映像化されています)

この本は、2007年頃から2013年頃までの証券業界を舞台に、各証券市場で取引しようとすると、ふっと売り物や買い物が消えて、買う場合だったら必ずそれより高い値で、売る場合だったらそれより低い値で取引が成立してしまう怪現象を、ウォール・ストリートの二軍投資銀行に務める主人公が単身調査に乗り出すといった内容です。するとそこには、彼らの注文を10億分の1秒の差で先回りする超高速取引業者「フラッシュ・ボーイズ」の姿があり、その現実と対決する様子が描かれています。

うすうす、そんな事あるかもと想像していましたが、実際にあって、具体的に知ることができて良かったです。

でも、ナノ秒とか、まるで実感がわきません。
日本に上陸したともありますが、持ち合いの多い日本ではあまり関係ないんじゃないかと思いました。(FXや仮想通貨は置いておいて)

でもぶっちゃけ、仮想通貨のスプレッドの幅に比べたらフラシュボーイズが掠め取る金額なんてカワイイもんだと思いました。

興味を持たれた方は一読してみてはいかがでしょう。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

猿の見る夢──熟年サラリーマンの寓話

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:猿の見る夢
著者名 :桐野夏生
初版発行:2016年8月8日
ページ数:451P
定価  :1700円+税
出版社 :講談社
形式  :単行本

目次
第一章 二兎追う者
第二章 狸の皮算用
第三章 蛙の行列
第四章 猫に鰹節
第五章 犬の遠吠え
第六章 猿の水練
第七章 逃した魚


出版された時から気になっていたものの、単行本は価格的にハードルが高いと感じて、敬遠していた本です。

最近分厚いビジネス書や、翻訳物のSF小説を読んでいて、なんだか本を読むことが疲れていて、気分転換に読める本を欲していたところ、図書館で見つけて借りてきました。

著者の桐野夏生氏は、93年に『顔に降りかかる雨』で江戸川乱歩賞を受賞、98年に『OUT』で日本推理作家協会賞を受賞された方です。また、99年には『柔らかな頬』で直木賞も受賞されています。
自分は昔、上記の『顔に降りかかる雨』や『ファイアボール・ブルース』を読んだことがあります。
また、最近では『ハピネス』や『グロテスク』を読みました。
(『ハピネス』の感想はコチラ。『グロテスク』の感想はコチラ
個人的には、女流ノワール作家の印象なんですが、『ハピネス』とかはそうでもなかったです。

この本も、ゴリゴリのノワール感はあまりありません。闇金ウシジマくんにちょっと出てきそうな内容で、最初は企業サスペンスっぽい展開ですが、後半は怪談風の話になったように感じました。

かつて大手銀行に勤務しており、現在は出向先で取締役まで上り詰めた熟年エリートサラリーマンが、社長のセクハラ問題と、妻が信頼を寄せる占い師の出現をきっかけに、定年後の安定した生活と夢がボロボロと崩れ去っていく様子を描いた作品です。

派手なバイオレンスやお色気はあまりありませんが、今の自分には逆にそれがちょうどいい感じでした。
普通に楽しめて、451Pというボリュームでしたが、サクサク読み進めることができました。

主な登場人物がほとんどアラフォー以上で、昔なら、主人公を始め、登場人物の多くがもう20歳主ぐらい若い年齢で物語を紡いでいたんじゃないかと思うんですが、高齢化の波がこんなところにも押し寄せているのかも知れないと感じました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

残酷すぎる成功法則──エビデンスでブ厚く補強された成功法則

どうも、緒浅丸です。
2月も半ばを過ぎ、なんだか寒さが緩む日が増えて気がします。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:残酷すぎる成功法則
著者名 :エリック・バーカー
初版発行:2017年11月3日
ページ数:336P
定価  :1500円+税
出版社 :飛鳥新社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
監訳者序文
序章 なせ、「成功する人の条件」を誰もが勘違いしているのか
第1章 成功するにはエリートコースを目指すべき?
第2章 「いい人」は成功できない?
第3章 勝者は決して諦めず、切り替えの早い者は勝てないのか?
第4章 なぜ「ネットワーキング」はうまくいかないのか
第5章 「できる」と自信を持つのには効果がある?
第6章 仕事バカ……それとも、ワーク・ライフ・バランス?
結論 本当に人生を成功に導く法則は何か?
監訳者解説


自分が良く読む橘玲氏が監訳しており、ジャンル的にも興味をそそられる本だったので、積読が溜まっているにもかかわらず、本屋でゲットしました。

著者のエリック・バーカー氏はアメリカで大人気のブログ“Barking Up The Wrong Tree”の執筆者の方です。脚本家としてウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、20世紀フォックスなどハリウッドの映画会社の作品に関わった経歴をもち、今回のご紹介する本は初の書き下ろしにして全米ベストセラーにもなっています。

ネットでチェックしたら著者のウェブサイトのアドレスが、『馬鹿ですよ.com(https://www.bakadesuyo.com/)』になっているのもユニークですね。

さて、この本は、様々な自己啓発の成功法則を、エビデンス(証拠)と照らし合わせて見ていくといった内容です。世に出ている研究成果、学説などを比較検討した上で、一定の解釈を出しています。
言ってはいけない』みたいな雰囲気の内容だと感じました。

期待値が高すぎたのか、ちょっと読むのがしんどかったです。
具体的には、第4章辺りから読むスピードが遅くなりました。人付き合いに関するテーマだったんですが、どこか書かれている内容に拒否反応があったのかも知れません。

上手くいく方法についての具体的なテクニックが読み取れなかくて、ふーん、ナルホド……とはなったものの、具体的に動き出すカンフル剤にはなり得ませんでした。

この本がブ厚いのにはワケがあったのは確かですが、個人的には薄くてもいいのでもっと読みやすいのが良かったかも。
新書サイズで、エビデンスよりHOWTO多めのほうが好みです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
金融系40代サラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしていきます。

mail:minahosi@infoseek.jp


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター