FC2ブログ

藤井太洋著 公正的戦闘規範 ── 近未来を描いたSF短編集

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:公正的戦闘規範
著者名 :藤井太洋
初版発行:2017年8月25日
ページ数:335P
定価  :740円+税
出版社 :早川書房
形式  :文庫(ハヤカワ文庫)

目次
コラボレーション
常夏の夜
公正的戦闘規範
第二内戦
軌道の環


SF短編集。表題作の短編は、以前『伊藤計劃トリビュート』で読んだことがあったのですが、他の作品も読みたくて購入しました。

著者の藤井太洋氏は国際基督教大学を中退後、舞台美術やDTP制作、展示グラフィックディレクター、ソフトウェア開発などを経て、2012年に電子書籍個人出版で『Gene Mapper』を発表して一躍注目を浴び、それを契機に商業デビューした方です。
2015年に『オービタル・クラウド』で第35回日本SF大賞、第46回星雲賞(日本部門)を受賞、
2019年に『ハロー・ワールド』で第40回吉川英治文学新人賞を受賞されています。
また、第18代日本SF作家クラブ会長でもあります。

著者初の短編集であるこの本には、『Gene Mapper』のスピンオフ作品である『コラボレーション』、量子テクノロジーが社会を革新する様子を描いた『常夏の夜』、近未来中国での対テロ戦争を描いた『公正的戦闘規範』、保守と革新に分断されたアメリカを描く『第二内戦』、未来の太陽系を舞台にした書き下ろし、『軌道の環』の5作品が収録されており、『軌道の環』を除く4作品は、今ある技術がもう少しだけ進んだ時、どのような世界が見えてきて、普通の人々の生活にどう関わってくるのか、具体的なビジョンを紡ぎ出しています。

いままで、『ビックデータコネクト』や『アンダーグラウンドマーケット』、『Hello World』、『東京の子』などを読んできていたのですが、それらの作品と比べてバリバリのSFで、不意打ちを食らった感じで読むのに手こずりました。
ほぼ現在の延長線上の世界なのに、テクノロジーだけ理解できない発達をしている世界です。
身近に感じるかわけがわからないかと聞かれたら明らかに後者で(最近のキャッシュレス還元の最適解がよくわかんないぐらいのわからなさです)、最近のSFを読みこなせるほど頭が良くないんだってことを突きつけられてしまいました。

雰囲気だけ感じて楽しむように読み終えました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト



阿部真大著 「地方ならお金がなくても幸せでしょ」とか言うな! 日本を蝕む「おしつけ地方論」 ──エビデンスはないけど、もやもやしていたものがスッキリする地方論

どうも、緒浅丸です。
もうすぐ10月も終わりですね。このところ、週末ごとに秋祭りやら公民館祭りやら学校の文化祭やらと休みの度に外出する感じで、全然ゆっくりできない感じです。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:「地方ならお金がなくても幸せでしょ」とか言うな!
著者名 :阿部真大
初版発行:2018年12月30日
ページ数:241P
定価  :810円+税
出版社 :朝日新聞出版
形式  :新書(あさひ新書)

目次
はじめに
Ⅰ お金がなくても地方なら幸せなのか? ──格差と貧困のリアル
第1章 「お金ないけど幸せでしょ」とか言うな! ──金持ちをうらやむのはどこも同じ
第2章 「貧乏は自己責任」とか言うな! ──地方には抜けられないしがらみがある
第3章 「上京=成功」の時代はもう終わった? ──豊かな子ども時代の思い出が団塊ジュニアの不安を加速する
Ⅱ ノスタルジーで飯は食えるのか? ──仕事と文化のリアル
第4章 地域の人と仲良くなっても仕事なんてもらえない! ──グローバライゼーションにさらされる地方のための就労支援
第5章 「ノスタルジックな商店街」に気をつけろ! ──ノスタルジーが覆い隠す過去のリアル
第6章 昭和ノスタルジーと1990年代 ──アジアブームと東京の変化
第7章 「東京に売っていない○○」に震える……! ──東京人よりイケてる俺たち
ここまでのまとめ グローバライゼーションの時代のおしつけ地方論
Ⅲ 「おしつけ地方論」の先へ ──その限界と可能性
第8章 「見る」から「見られる」へ ──おしつけ地方論を克服するもうひとつの方法
第9章 地方の問題から自分の問題へ ──旅における「気づき」の可能性
第10章 郊外のロードサイドの風景はなぜ魅力的でないのか? ──おしつけ地方論の正の側面
おわりに 「新しい公共」の危機と可能性


以前、リアル書店で見かけて気になっていた本。その時は買いそびれていたのですが、この度図書館で見かけて借りてきました。

著者の阿部真大氏は甲南大学教授をされている社会学者の方です。この本のほかにもいくつもの著作があり、以前読んだ『地方にこもる若者たち──都会と田舎の間に出現した新しい社会』は面白かったです。

この本は、大都市の人々がつくる地方に関する一方的かつ支配的な表象を「おしつけ地方論」と名付け、それに対して、対抗する表象を提示することでリアルな地方の姿を感じてもらうことを目的に書かれたもので、「地方」に対するものの見方を複線化することを目指しています。
具体的には、地方においての一方的な表象に対抗する様々な映画作品などを紹介して、より多面的な地方の見方が紹介されていました。
散漫的な印象もありましたが、自分が著者と同年代だからか、共感できる部分も多く楽しめました。
また、社会の表層を知るために映画などを題材にしているのですが、それによって、映画のレビューとしても楽しめました。
悪人』とか『そこのみにて光輝く』などはアマゾンプライムでチェックできます。
一方、この本には地方のファッションに関しても言及されているのですが、そちらは自分にまったく素養がないので、流し読むような感じになりました。
書かれている内容は、個々のエピソードには納得できるけど、そもそもいくつもの見方を提示するという内容の本なので、結論がまとまらない感じなのが残念です。
ただ、書かれている内容の空気感は理解できました。

都会でも田舎でもない地方に暮らす方なら、読んで楽しめるのではないかと思います。




ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

阿部真大著 地方にこもる若者たち ──モータリゼーションとネットの発展と、少子高齢化による生活の変化が引き起こすマイルドヤンキーによるポジティブなファスト風土の世界

どうも、緒浅丸です。
全国では台風被害の影響がまだ残る中、自分はちょっとゆっくりできた土日でした。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:地方にこもる若者たち
著者名 :阿部真大
初版発行:2013年6月30日
ページ数:214P
定価  :760円+税
出版社 :朝日新聞出版
形式  :新書(朝日新書)

目次
はじめに
現在篇 地方にこもる若者たち
第1章 若者と余暇──「ほどほどパラダイス」としてのショッピングモール
第2章 若者と人間関係──希薄化する地域の人間関係
第3章 若者と仕事──単身プア/世帯ミドルの若者たち
現在篇のまとめ
歴史篇 Jポップを通して見る若者の変容
第4章 地元が若者に愛されるまで
未来篇 地元を開く新しい公共性
第5章 「ポスト地元の時代」のアーティスト
第6章 新しい公共性のゆくえ
歴史篇・未来篇のまとめ


以前読んだ本の再読です。(以前の感想はコチラ
当時はちゃんと購入したみたいですが、すでに処分していて、今回改めて図書館で借りてきました。
何故、図書館で借りてきたかというと、今回図書館で借りてきた中で、同じ著書の『「地方ならお金がなくても幸せでしょ」とか言うな! 日本を蝕む「おしつけ地方論」』という本があり、その本を読む前に、以前読んだこの本の内容をおさらいしておきたいと思ったからです。

著者の阿部真大氏は、岐阜生まれの東大卒の社会学者で、労働社会学、家族社会学、社会調査論などを専門に、甲南大学の教授をされています。

この本は、今から約5年ほど前に、最近の若者に見られる、「内にこもりつつ外に開いていく」という新しい生き方のモードについて書かれた本です。それは、「他人のことは分からない」ことを前提に、謙虚に、話し合いによって「われわれ」を少しずつ変化させていくという考え方を基本にした生き方です。
岡山での社会調査とJポップの歌詞を手掛かりに、地方から若者と社会を捉えなおして変化の流れを説明しています。

ポジティブなファスト風土としてのショッピングモールについても同意できたし、以前の感想とそれほど変化はない感じです。
ただ、Jポップに歌詞による時代の解釈は、前回読んだ時ほど引っ掛かりは感じませんでした。
当時はまだそんな言葉がなかったのかもしれませんが、ここに書かれている内容は『マイルドヤンキー』の生態なんじゃないかと思います。(今回、過去のブログをチェックしていてマイルドヤンキーに関する本を読んでなかったことにむしろビックリした)

80年代からの流れで説明されているので、なんだか懐かしかったです。



ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

高城剛著 世界はすでに破綻しているのか? ──ソ連、韓国、アルゼンチン、スペイン、ギリシャ、キプロス、そしてデトロイト……破綻した国々や地域の人々から学ぶ、生きのびるためのヒントの数々

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:世界はすでに破綻しているのか?
著者名 :高城剛
初版発行:2014年9月30日
ページ数:181P
定価  :1200円+税
出版社 :集英社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに
世界のデフォルト(債務不履行)経験国
第1章 国家財政破綻、人はどう生き延びたのか?
   1ソヴィエト連邦崩壊
   2アジア通貨危機と韓国
   3アルゼンチン
第2章 ユーロ圏危機に学ぶ「生き延びるヒント」
   1スペイン危機
   2ギリシャ危機
   3キプロスの国家財政破綻
第3章 デトロイトに見る、アメリカの未来
   デトロイト、2013年
おわりに 「松方デフレ」の再検証

先日図書館に寄ったとき、なんとなく惹かれる物があって借りてきました。

著者の高城剛氏は、かつて女優の沢尻エリカさんと結婚されて有名になった元ハイパーメディアクリエイターの方で、2008年より拠点を欧州に移し、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創業産業全般にわたって活躍されています。

この本は、国家が破綻、もしくは破綻が近づくと人や街がどうなるか、経済危機を生き抜くための新たな答えを求めて、過去25年間にわたって著者が見てきたことを書き記したものです。

2008年のリーマンショックやその後のユーロ危機、アジア通貨危機などのほかに、当時経済破綻をくっきりと意識することなく経験した1989年のベルリンの壁崩壊やソビエト連邦崩壊などについても、、著者の経験をもとに語られています。

2014年9月と少し前に発売された本ですが、トランプ政権が生まれる前に上梓されたこの本を読むと、トランプ政権が戦争の代わりだったのかもしれないと感じたり、日本も当時からすでに国家破綻していて、増税や今回の災害などが起こっても、オリンピックまではゾンビ国家として無理やり起動させ続けるのではないかと勘繰りたくなりました。

あと、『おわりに』で書かれていた「松方デフレ」が気になりました。令和のデフレに通じるものがある気がしてなりません。

これから明らかになるかも知れない国家破産に対応したい方は、是非一読してみてください。

自分の場合は、ここ数年は家庭菜園をもっと頑張りたいと思ったけど、どんな野菜をどれくらい作るものなのか、ちょっと調べないとですね。




ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

先日イオンシネマ西風新都店で観た映画、“JOKER”についての感想

どうも、緒浅丸です。
i一昨夜は台風がすごかったですね。
自分の住んでいる場所は西日本で、今回の台風のルートからは外れていたのですが、それでも午前中は普通に風が強かったです。東日本においては、徐々に被害の甚大さが明らかになってきて、恐ろしさを感じ始めています。
特に、関東の一部の区域で前回の台風の被害から回復しないうちにまた被害に遭われ、合わせて地震もあったみたいで、被害に遭われている方々には心からお見舞いを申し上げます。

さて、今日ご紹介するのは、先日観た映画の感想です。

先日、有給休暇を取って免許証の更新に行った後、時間が余ったので免許センターのすぐ近くにあるジ・アウトレット広島内にあるイオンシネマ西風新都店で、映画を見てきました。
バットマンのスピンオフ作品ということと、ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞をとったということで興味を持ち、これは観ておかないと!と思ったからです。

この映画は、アメリカの人気コミック『バットマン』でおなじみの悪役“JOKER”が、どのような経緯で生まれたかを描いています。
人間の転落劇がリアルに表現されており、全編重苦しい空気に支配されたヒューマンサスペンスでした。

コメディアンを夢見る純粋で心優しい青年が、世間の不条理にもがき苦しむうちに、残虐な“JOKER”に変貌していきます。
自分は、『バットマン』に関しては、クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベール主演の「ダークナイト」しかきちんと観てなかったのですが、(この作品でキース・レジャーが演じたJOKERが衝撃的過ぎたのも、今回この映画を見ることに決めた理由の一つです)
そんな薄いバットマンファンでも、十分内容を理解できる作品でした。
多分、まったくバットマンの設定を知らなくても楽しめるでしょう。

ただ、前評判だと、観終わったら動機が収まらないとか、子どもが不安で眠れなくなるとかいった感想がありましたが、自分的にはそこまでのインパクトはなかったです。
あまり詳しく書くとネタバレになるので控えますが、作品の途中でいくつかの場面が主人公の妄想だとわかります。それによって、今見ている場面がリアル化妄想か気になってしまい、のめり込めなくなっちゃいました。
個人的には、主人公が思っていたほどイカれてなくて、やり場のない怒りや憎しみを募らせて爆発させてしまう理由は十分納得できたし、アクションばかりでスカスカでもなかったし、重苦しい場面ばかりで退屈でもなかったし、バランスの良い作品だと感じました。

あと、今回、この感想を書くために映画の内容を思い返してみたら、秋葉原通り魔事件をモチーフが同じに感じられました。この辺が、この映画の吸引力の原点なのかもしれません。

もっとバットマンについて詳しかったら違った感想になったかも知れませんが、ここからバットマンの作品に触れてもいいかもしれません。

米アカデミー賞の呼び声も高い作品、興味を持たれた他是非見てみてください。

あと、公式サイトではコメントをシェアして豪華賞品を当てるキャンペーンもやっていますよ。観終わった後は、そちらもチェックしてみてはいかがでしょう?

自分はAmazonのPrimeVideoバットマンビギンズから見てみようかと思っています。


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

染谷昌利・イケダハヤト著 世界一やさしいアフィリエイトの教科書 ── アフィリエイトブログとして育て直すための1冊 → そして“ブロガー”を目指す

どうも、緒浅丸です。
10月になっても、昼間は夏のように暑いですね。
クーラーつけないと汗ばむ感じです。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:世界一やさしいアフィリエイトの教科書
著者名 :染谷昌利・イケダハヤト
初版発行:2015年1月31日
ページ数:263P
定価  :1580円+税
出版社 :株式会社ソーテック社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに
ホームルーム アフィリエイトって何?
   1時限目 アフィリエイトをはじめてみよう
   2時限目 商品(サービス)軸アフィリエイト
   3時限目 自分軸アフィリエイト
   4時限目 やりなおしアフィリエイトの方法
   5時限目 アフィリエイトイベントや勉強会に参加してみよう
   6時限目 ルールを守って正しくアフィリエイトをしよう
  課外授業 一段上のステージを目指すために
あとがき


給与以外の収入を確保するため、今ダラダラやっているこのブログから収入源を得たいと思い、アフィリエイトを勉強しなおそうと思って購入しました。
2015年に発行されており、もう旬が過ぎていて内容が古びている懸念もありましたが、リアル書店でパラ見した時のインスピレーションと、「再入門にも最適」のフレーズに購入を決意。読了した今では購入してよかったと思っています。

著者の染谷昌利氏は12年間の会社員生活を経て、インターネット集客、ブログメディア収益化の専門家として独立された方です。行政機関のアドバイザーや企業のウェブサイトのコンテンツ作成パートナー、パーソナルブランディングやネットショップなどのコンサルティング業務もおこなっているとのこと。また、ブログ運営、インターネット集客に関する書籍も多数執筆しており、ネットでググった感じではアフィ系の大御所みたいな感じの方でした。
共同執筆のイケダハヤト氏は、1986年に神奈川県横浜市で生まれ育ち、2011年からはブロガーとして高知県の田舎を中心に活動されている方です。

この本は、そんなアフィリエイトのベテラン二人による、アフィリエイトのいろいろな事柄に関して、基本から応用まで1冊にまとめ上げた書籍です。
胡散臭い情報のない真っ当な内容で、非常に読みやすいです。また、各章の最後にまとめがあるのも、振り返りするのにちょうど良いです。
原理原則だけでなく、具体例を織り交ぜて書かれているので、はじめての人もやりなおしたい人も十分満足できることでしょう。

ただ、いざ実行しようとすると、自分の場合、正直なかなか厳しいです。
書かれている内容と、自分の環境(ブログサービスの違いなど)とのズレや、紹介されているサービスのバージョンアップ・変更によるズレなどで、どうしてもまごついてしまいます。

単純に、努力不足・知識不足かも知れません。
本気でやり直すつもりなので、歯を食いしばってやっていこうと思います。

この本を読んで早速、ブログのデザインの見直し、スマホ版のデザインの見直し、無駄なサービスの停止、などは行いました。
また、GoogleAnaliticsの設定の見直し、Google Search Consoleの追加設定なども行いました。

GoogleAdsenceもやりたかったけど、FC2ブログではなんかハードル高そうなので足踏みしています。(ここがダメなのかもしれんね>自分)

あとは、この本に書かれていた目標設定
1週目─1日3つブログの記事になりそうなテーマを考える
2週目─1週目の目標+毎日1記事のブログ更新
3週目─2週目の目標+毎日1つづつASPの登録
4週目─3週目の目標に加え、今まで書いてきた記事の読みやすさ、判りやすさのチェック
をやっていきます。

それに加えて、
①プロフィールをもっときちんとつくる。
②今までの記事にアフィリエイトを埋め込んでいく。(あ、2週目とカブってるかも)
も行います。

応援いただけたら幸いです。

あと、この本を読んで初めて、『アフィリエイター』と『ブロガー』が違うことを知りました。そして、自分は『ブロガー』を目指したいんだと気づくことができたのも良かったです。

ローリスクで楽しく収入を増やせるアフィリエイトの、基本から王道までを完璧に網羅するアフィリエイト徹底攻略本と言ってもよい1冊、興味を持たれた方は是非一読してみてください。


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

2019年8月締め2019年10月現在の積読状況

どうも、緒浅丸です。
10月に入りました。いつまでも夏もどきなむしむしと汗ばむ気候ですね。
自分の子供が10月に入るなり修学旅行で九州に行ったのですが、あいにくの天気なので心配です。

さて、2019年10月現在の積読状態の整理をしたいと思います

オススメ書籍・夢設計(未読4冊)(積読殿堂:2)
01:アインシュタイン・ファクター●●
 ちょっとつまみ読みして放置。多分当分積読状態。
02:誘惑される意志●●
 『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』に紹介されていた書籍。ブックオフで見かけてゲット。コチラも当分積読状態。
03:史上最強の人生戦略マニュアル
以前単行本版を持っていたのですが、売却してしまい、また改めて読みたくなったので文庫版を購入しました。以前一度読んでいる本なので、当分積読。(以前の感想はコチラ
04:人生を変える!「心のブレーキ」の外し方
以前読んだことのある本なのですが、また読みたくなり、今回改めてゲットしました。
息子に勧めて現在手元にナシ。なんか返してもらいにくいです。

オススメ書籍・営業術 (未読0冊)
XX:世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生
読了済み(感想はまた改めて)


オススメ書籍・仕組み・段取り・時間術 (未読1冊)(積読殿堂:1)
01:マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則●●
 かつて気に入っていたラノベを、ビジネス書的に紹介するのに参考にできそうな本だと思っ購入したものの、現在そのラノベは追いかけてなくて、ちょっと読むタイミングを失っています。


オススメ書籍・対人・コミュニケーション (未読4冊)(積読殿堂:3)
01:催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える●●
 ネットで注文して、失敗だったかなと思ったけど、メンタリストDaigo氏の書籍の参考文献に載っていたので、やっぱり読んでみるか検討中。だた、当面は積読状態のままだと思います。
02:サーバント・リーダー●●
 ネットでオススメの本だと紹介されていたので購入。今現在は、自分にはあんまり響かないテーマなので売却も検討しましたが、本気でガーっと読めばサクッと読了できそうなので一応キープ中です。
03:ヤバい心理学●●
 実家にあった本。処分するといっていたので、興味を惹かれた本だけ持って帰った中の1冊です。軽い内容なので簡単に読めると思う反面、今まで読んだ心理学の本と被っている部分も多そうなので、処分も検討中だったけど。今回は一応キープしました。
04:ステージを上げるSNS絶対6ルール
リアル書店で衝動買いした本。SNSの活用方法についてのノウハウが欲しいのです。
新元号に変わったのをきっかけに、改めてネットやSNSを活用しようと考えて、ちょっと読み始めましたが、停滞中。
XX:人を動かす新たな3原則
読了済み(感想はコチラ


オススメ書籍・勉強・読書術 (未読4冊)
01:読んでいない本について堂々と語る方法
以前、単行本版を持っていたのですが、売却してしまい、また改めて読みたくなったので、文庫版を購入しました。
02:いちばんやさしいPHPの教本
プログラミングの勉強がしたいと思い、購入。以前、読んでいて、わりとサクサクと進めることがでたのですが、途中からJAVAの勉強を始めたのでこの本は中断してしまいました。
03:思考の整理学
どちらかというと、子どもに読んでもらいたくて購入。今ちょっとだけ読んでいます。
04:ソロモンの指輪
同じく、どちらかというと子供に読んでもらいたくて購入。当面積読状態。


オススメ書籍・社会 (未読3冊)(積読殿堂:1)
01:君主論 (講談社学術文庫)●●
 サイコパス関連の本を読んだとき、サイコパスとマキャベリズムって似ているんじゃないかと思い、興味が湧きました。
よいこの君主論 (ちくま文庫)』などを読みました(感想はコチラ)が、ホンモノも薄いし読めそうだと思いネットで購入したものの、やっぱり読むのがしんどくなり中断中。
売却も検討しましたが普遍的な本なので手元には置いておくことにしました。当面積読状態。
02:いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件 (角川文庫)
リアル書店で見かけ、衝動買いした本。ちょっと読みかけたけど予想以上に重い内容で、それ以降手を出せないでいます。
XX:「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
読了済み(感想はコチラ
03:やってはいけない不動産投資 朝日新書
現在、家族で実家暮らしをしており、それまで住んでいた家を賃貸に出してわずかながら収入を得ているので、本格的に不動産投資をしたいなと漠然と考えています。
そこで目に留まったこの本に興味を持って購入しました。
XX:プライベートバンカー 完結版 節税攻防都市 講談社+α文庫
読了済み(感想はコチラ

オススメ書籍・経済 (未読1冊)(積読殿堂:1)
01:外貨投資に勝つ!●●
 P&F式チャートが投資にいいとネットで調べて入門書として購入。


オススメ書籍・創作術 (未読2冊)
01:千の顔を持つ英雄[新訳版]上
02:千の顔を持つ英雄[新訳版]下
神話に関する本が読みたくて購入。単行本版より写真がキレイという情報もゲットしたので購入を決めました。


オススメ書籍・小説(未読5冊)(積読殿堂:1)
XX:剣のなかの竜
読了済み(感想はコチラ
01:ニューロマンサー
以前読んだことはあるのですが、サイバーパンクの基本書という言ことで購入。装丁がむかしのまんまのが届いたのがちょっと残念でした。
02:公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)
短編集。表題作の短編は『伊藤計劃トリビュート』で読んだことがあったのですが、他の作品も読みたくて購入しました。
03:軍犬と世界の痛み 永遠の戦士フォン・ベック1 ハヤカワ文庫SF
04:秋の星々の都 永遠の戦士フォン・ベック2 ハヤカワ文庫SF
05:野獣の都 永遠の戦士ケイン ハヤカワ文庫SF
エレコーゼを読んでいて、『永遠の戦士』シリーズを読破したくなって購入しました。
XX:何様 (新潮文庫)
読了済み(感想はコチラ


マンガ(未読10冊)
歴史劇画 大宰相 第一巻~第十巻 
歴史の勉強にと購入。マンガのくせに結構歯ごたえがあります。
只今第一巻を半分くらい読了。


積読の合計 34 冊です。

ちなみに、
印は優先的に読んでいこうと思っている本、●●は積読が一年以上経過しているヤツ(積読殿堂入り)です。

これから、コツコツ消化していきたいです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
オススメサイト
ブックオフオンライン



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
緒浅丸
広島在住。大坂の大学を卒業後、金融・保険関係の仕事に就いて20年以上。
ダラダラと働き続けているうちにもうすぐ50代にさしかかるサラリーマンです。
一応AFP資格保持者。
CFPは只今勉強中ですが、玉砕しまくりです。
本を読むのが好きで、ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く手を出します。ただし、お堅めの本は苦手。
座右の銘は『無難にこなす』
私立中学・私立高校に2人の子供のパパでもあり、しっかり稼がなければならないと思いつつ、すぐに息切れしてしまいます。
また、最近体調管理のため、近所のフィットネスクラブにも通っています。

mail:minahosi@infoseek.jp

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター