FC2ブログ

清武英利著 プライベートバンカー 完結編 節税攻防都市 ── タックスヘイブンで蠢く『カネの傭兵』の真実

どうも、緒浅丸です。
9月ももうすぐ終わりですね。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:プライベートバンカー 完結版 節税攻防都市
著者名 :清武英利
初版発行:2018年10月18日
ページ数:387P
定価  :900円+税
出版社 :講談社
形式  :文庫(講談社+α文庫)

目次
序章
第一章 ニューマネーの国
第二章 ジャパンデスク
第三章 攻防
第四章 海を渡った日本人富裕層
第五章 国税は見ている
第六章 シンガポール・コネクション
第七章 『太陽がいっぱい』
終章
追跡章 真相の向こう側
文庫版特別対談 佐藤浩市(俳優)× 清武英利

プライベートバンカーという存在がどんなものが知りたくて購入しました。

著者の清武英利氏は、1975年に読売新聞社入社して警視庁や国税庁などを担当され、2004年より読売巨人軍球団代表となったものの、2011年に同代表等を解任され、係争になった経歴の方です。現在はノンフィクション作家として活動中で、今回の書籍のほかに、『しんがり 山一証券 最後の12人』等を執筆されています。(『しんがり』はドラマ化もされています)

この本は、シンガポールを舞台に活躍する、新富裕層を管理・運用するプライベートバンカーの様子を描いたものです。
ドラマティックな展開が続き、物語みたいで非常に面白かったです。まるで、橘玲氏の小説『タックスヘイブン』みたいでした。
なんとなく横文字でかっこいい『プライベートバンカー』という職業の真実は、高いカネをもらっているけど仕事内容はとてもキツそうです。過酷なノルマの描写などは、以前読んだ『大東建託の内幕』に通じる生臭さを感じました
また、この本では完結版と銘打って、単行本の刊行後、新たに判明したことを追加してあります。その部分もいろいろ考えさせられました。

あまりに自分の生活と違いすぎて、現実感が感じられない部分もありましたが、自分の現実と地続きの世界で、このようなことが繰り広げられていることを噛みしめようと思いました
。興味を持たれた方は一読してみてください。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト



朝井リョウ著 何様 ── 平成時代末期の就活模様

どうも、緒浅丸です。
今回の三連休、いまいちの天気(というか、昨夜は大荒れの嵐)でしたが、今朝はとても良い天気になりました。
昨日は、雨読をのんびりおこない、今日はお出かけの予定です。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:何様
著者名 :朝井リョウ
初版発行:令和元年7月1日
ページ数:410P
定価  :670円+税
出版社 :新潮社
形式  :文庫(新潮文庫)

目次
水曜日の南階段はきれい
それでは二人組を作ってください
逆算
きみだけの絶対
むしゃくしゃしてやった、と言ってみたかった
何様


以前読んだ、『何者』の続編だったため、興味を持って購入しました。です。
何者』のスピンオフの短編が6作品収録されています。

著者の朝井リョウ氏は、2009年に小説すばる新人賞を受賞してデビューされた方です。
2013年にこの短編集の本編ともいえる『何者』で直木賞を受賞されています。(感想はコチラ

短編集で、ちょっとしたスキマ時間にちょこちょこ読むことができて、楽しめました。
『何者』の登場人物が登場するけど物語そのものの関連性は薄いので、『何者』を読んでいなくても全然楽しめますが、『それでは二人組を作ってください』や『逆算』は、『何者』を読んでいたほうがニヤリとできるかも知れません。

個人的に一番楽しめたのは『それでは二人組を作ってください』でした。本編『何者』と一番物語の距離感が近くて、本編とのギャップを味わえることができたからです。

あと、つい最近の作品なのに、東日本大震災の話題が出たり、小銭の使い方、あと就職活動状況そのものも、今の自分の社会人生活との違和感を感じて、時代の変化の速さを感じました。

もう、この本で就職活動の参考にはならないかもしれないけど、かつてこうだったという意味で、読んで損のない作品かも知れません。

アマゾンプライムとかに入っているなら、映画版の『何者』を見ておくこともお勧めします。登場人物のキャラをつかみやすいですよ。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

汐街コナ著(監修・執筆協力:ゆうきゆう) 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 ── 働き方・生き方を見直す良書

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由
著者名 :汐街コナ(監修・執筆協力:ゆうきゆう)
初版発行:2017年4月17日
ページ数:158P
定価  :1200円+税
出版社 :あさ出版
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
プロローグ 昔、その気もないのにうっかり自殺しかけました。
第1章 なんで死ぬまでがんばりすぎちゃうの?
第2章 心のSOSに気がついて
第3章 がんばらない勇気
第4章 自分の人生を生きるために
第5章 世界は本当に広いんです
最終章 自分を犠牲にしてがんばりすぎちゃう人へ

この本のこと自体は、発売された当初から結構評判だったので知っていましたが、その時は、プロローグの部分だけ立ち読みして、後は放置していました。

自分にはあまり関係ないと思っていたから。

ところが1年と少し前、自分自身も職場環境の変化からしんどい思いをして、仕事を辞める辞めないといった経験をしました。
結局、しばらく休職したのちに、降格・配置転換という人事異動となり、現在に至ります。

ただ、そういった経験をしたので、働き方や生き方をきちんと見直したいと思って、改めて購入しました。

著者の汐街コナ氏は広告制作会社のグラフィックデザイナーを経て漫画・イラストの活動を開始された方です。
デザイナー時代に過労自殺しかけた経験を漫画にしてネットにUPしたところ話題になり、精神科医で作家・マンガ原作者のゆうきゆう先生の協力を経て、今回のこの本になりました。

まず、プロローグの8Pのマンガがインパクトあります。
これを読むだけでも、ずいぶん価値があるんじゃないかなと思います。

それ以降も、過労自殺する人などの心理状況をわかりやすく解説しながら、仕事や会社に追いつめられている人が、その状態を抜け出して自分の人生を大切にするための方法や考え方を描いています。

個人的に刺さったのが、がんばり続けてうまくいく人と、プツンと切れてしまう人の差が、
①「がんばっていることが自分自身で決めたことがどうか」
②「がんばったことの成果が分かりやすいか」
という要素だということでした。

また、そうなる前に軽やかに抜け出すために、普段から、『情報共有』『資料や進捗状況の整理』『人間関係の構築』を準備しておくよう心掛けようと、思いました。

この本は、kindoleでお試し版もあるので、まずはそちらでチェックしてみてもいいと思います。
繰り返しになりますが、プロローグのマンガを読むだけでも、ずいぶん価値があるはずです。

ストレス社会で働く人たちにとって、誰しもが知っておくべき内容の1冊なので、是非読んでみてください。

また、よろしければこちらもどうぞ↓↓
感想はコチラ

kindle版を2017年2月に購入していたのに感想書いてなかった(汗

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

マイクル・ムアコック著 剣のなかの竜 ── <界>を渡り『竜の剣』を求める冒険譚

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:剣のなかの竜
著者名 :マイクル・ムアコック
初版発行:2007年7月15日
ページ数:479P
定価  :900円+税
出版社 :早川書房
形式  :文庫(ハヤカワ文庫)


以前、引っ越しをした際に、旧版を処分したので改めて購入しました。

著者のマイクル・ムアコック氏は、イギリスのファンタジー・SF作家で、この作品や、『エルリック・シリーズ』を始めとする『エターナル・チャンピオン』シリーズで有名です。

この本は、20世紀のイギリス人、ジョン・デイカーの記憶を持ち、いくつもの《永遠の戦士》の人生を転生するエレコーゼの物語の第二弾
です。
今回は、前回のウルリック・スカーソルから、6つの違う次元をそれぞれ行き来できる世界の英雄、フラマディンという人物になります。
三部構成になっていて、第一部では、ナチスの圧政から逃れてこの次元へやってきたゲルマン貴族ウルリッヒ・フォン・ベックと知り合い、大型蒸気船に乗りこんで〈輪の界〉の中心部をめざします。途中、エルミザードそっくりの美女アリサードと出会い、第二部では3人で6つの界のどこかにあるという『竜の剣』に封じ込められている竜を解放する旅に出ます。
そして第三部では、地獄の公爵バラリザーフとの決戦が描かれています。

前作『黒曜石のなかの不死鳥』でも同じようなことを書きましたが、この本も、正直読むのがしんどかったです。

永遠の戦士エレコーゼシリーズの1と2は、書かれた時期がかなり離れていて、雰囲気もだいぶん違うように感じます。
20世紀のゲルマン貴族が登場するからか、ナチスのエピソードなどもあり、以前読んだはずなのにあまり内容を覚えていなくて、あれ、こんな場面あったっけ? って感じです。
また、セピリズも唐突に名前が出たりして、初めてこの本を読む人には理解できないんじゃないだろうかと心配になりました。

物語の展開も、なんだか芝居じみているというか、八百長感というか、儀式めいた感じで萎えます。
エルリック・サーガの『ストームブリンガー』的なクライマックスも、、他の世界(20世紀のイギリス)から来たエレコーゼ(ジョン・デイカー)にとっては、所詮他人ごとなのではないかと勘繰ってしまいます。

シリーズの中核をなす作品なので、シリーズを抑えたい方は一読してみてはいかがでしょう。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

ダニエル・ピンク著 人を動かす、新たな3原則 ── セールスの新たな3原則を知れば人生そのものも変わる

どうも、緒浅丸です。
9月に入り、ちょっと涼しくなったかと思ったら、また暑くなったりして、着るものに悩みますね。
ただ、真夏よりは過ごしやすくなってきたのは確かなので、旅行や読書を楽しみたいですね。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:人を動かす、新たな3原則
著者名 :ダニエル・ピンク
初版発行:2016年3月17日
ページ数:343P
定価  :820円+税
出版社 :講談社
形式  :文庫(講談社+α文庫)

目次
はじめに 売らない売り込みとは

第1部 セールスマンの復活
 第1章 現代人はみなセールスに関わっている
 第2章 アントレプレナーシップ、弾力性、教育・医療
 第3章 〝買い主は気をつけよ〟から〝売り主は気をつけよ〟へ

第2部 セールスに必要な特質
 第4章 同調
 第5章 浮揚力
 第6章 明確性

第3部 セールスに必要なスキル
 第7章 ピッチ
 第8章 即興
 第9章 奉仕

謝辞
訳者解説 3年後のあなたを、本書が作る理由 神田昌典


ブックオフでゲットした本です。
著者の名前は知っていましたが、この本そのものに関しては、数年前に出版された時はあまり興味を惹かれなかったのか、当時の記憶はありません。
今回購入したのも、、ブックオフのまとめ買いキャンペーンの割引のために、神田昌典氏が翻訳しているからという薄い動機で購入を決めたのでした。

著者のダニエル・ピンク氏は、米上院議員の経済政策担当補佐官を務めた後、クリントン政権下でゴア副大統領の首席スピーチライターなどを務めていた方です。
モチベーション3.0』が有名ですよね。(自分は未読だけど)

この本は、売らないセールスに関する本です。
過去とこれからの時代の変化を理由に、セールスはすべての人のものであると主張し、『セールスに必要な特質』と『セールスに必要なスキル』を、それぞれ3つのポイントに絞って書いてあります。

自分が営業をしていた経験があるからかも知れませんが、この本に書かれている内容には、うなずける部分が多々あり、また、新鮮な発見もいくつかありました。

その中でも特に興味深かったのが、『セールスに必要な特質』のポイントの一つ、『浮揚力』のなかで述べられていた、ポジティブな感情がネガティブな感情を上回り、約3:1になると、一般的に人生を謳歌できるようになるということでした。
セールスだけでなく、人生そのものに役立つ情報だと思いました。

逆に、いまいちわかり難くて、もっと勉強しなくてはならないと感じたのが、『セールスに必要なスキル』のうちの『ピッチ』に関する部分でした。

翻訳書の読みにくさはありますが、全体的にはサンプルケースも豊富に盛り込まれているため、具体的なイメージも持ちやすいです。直接セールスに携わる人だけでなく、人と関わる多くの社会人に気づきを与えてくれるような内容でした。

興味を持たれたら一読してみてはいかがでしょう?

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

2019年8月締め2019年9月現在の積読状況

どうも、緒浅丸です。
9月に入りましたね。
たまたま9月1日が日曜だったので、学生の人たちは新学期まで一日猶予がある感じでしょうか。
8月の後半は天気が崩れたせいか、日中の日差しが刺さるような暑さが嘘みたいに、朝晩は肌寒いくらいの感じです。
しかも、今朝はまた雨模様。
急な気温の変化で、体調を崩さないようにしたいです。

さて、2019年9月現在の積読状態の整理をしたいと思います

オススメ書籍・夢設計(未読4冊)(積読殿堂:2)
01:アインシュタイン・ファクター●●
 ちょっとつまみ読みして放置。多分当分積読状態。
02:誘惑される意志●●
 『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』に紹介されていた書籍。ブックオフで見かけてゲット。コチラも当分積読状態。
03:史上最強の人生戦略マニュアル
以前単行本版を持っていたのですが、売却してしまい、また改めて読みたくなったので文庫版を購入しました。以前一度読んでいる本なので、当分積読。(以前の感想はコチラ
04:人生を変える!「心のブレーキ」の外し方
以前読んだことのある本なのですが、また読みたくなり、今回改めてゲットしました。
息子に勧めて現在手元にナシ。なんか返してもらいにくいです。

オススメ書籍・営業術 (未読1冊)
世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生
営業術というカテゴリはちょっと違うかも?とおもったけど、お金を稼ぐ行為なんで、こっちに入れてみました。
アフィリエイトを改めて勉強したくて購入。


オススメ書籍・仕組み・段取り・時間術 (未読1冊)(積読殿堂:1)
01:マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則●●
 かつて気に入っていたラノベを、ビジネス書的に紹介するのに参考にできそうな本だと思っ購入したものの、現在そのラノベは追いかけてなくて、ちょっと読むタイミングを失っています。


オススメ書籍・対人・コミュニケーション (未読5冊)(積読殿堂:3)
01:催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える●●
 ネットで注文して、失敗だったかなと思ったけど、メンタリストDaigo氏の書籍の参考文献に載っていたので、やっぱり読んでみるか検討中。だた、当面は積読状態のままだと思います。
02:サーバント・リーダー●●
 ネットでオススメの本だと紹介されていたので購入。今現在は、自分にはあんまり響かないテーマなので売却も検討しましたが、本気でガーっと読めばサクッと読了できそうなので一応キープ中です。
03:ヤバい心理学●●
 実家にあった本。処分するといっていたので、興味を惹かれた本だけ持って帰った中の1冊です。軽い内容なので簡単に読めると思う反面、今まで読んだ心理学の本と被っている部分も多そうなので、処分も検討中だったけど。今回は一応キープしました。
04:ステージを上げるSNS絶対6ルール
リアル書店で衝動買いした本。SNSの活用方法についてのノウハウが欲しいのです。
新元号に変わったのをきっかけに、改めてネットやSNSを活用しようと考えて、ちょっと読み始めましたが、停滞中。
05:人を動かす新たな3原則
ネットで購入。凄く読みたかったわけではないけど、嫌いなテーマではないのでチョイスしました。営業の仕事に応用できそうな内容。読書中ですが、なかなか読み終えられてないです。


オススメ書籍・勉強・読書術 (未読4冊)
01:読んでいない本について堂々と語る方法
以前、単行本版を持っていたのですが、売却してしまい、また改めて読みたくなったので、文庫版を購入しました。
02:いちばんやさしいPHPの教本
プログラミングの勉強がしたいと思い、購入。以前、読んでいて、わりとサクサクと進めることがでたのですが、途中からJAVAの勉強を始めたのでこの本は中断してしまいました。
03:思考の整理学
どちらかというと、子どもに読んでもらいたくて購入。今ちょっとだけ読んでいます。
04:ソロモンの指輪
同じく、どちらかというと子供に読んでもらいたくて購入。当面積読状態。


オススメ書籍・社会 (未読5冊)(積読殿堂:1)
01:君主論 (講談社学術文庫)●●
 サイコパス関連の本を読んだとき、サイコパスとマキャベリズムって似ているんじゃないかと思い、興味が湧きました。
よいこの君主論 (ちくま文庫)』などを読みました(感想はコチラ)が、ホンモノも薄いし読めそうだと思いネットで購入したものの、やっぱり読むのがしんどくなり中断中。
売却も検討しましたが普遍的な本なので手元には置いておくことにしました。当面積読状態。
02:いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件 (角川文庫)
リアル書店で見かけ、衝動買いした本。ちょっと読みかけたけど予想以上に重い内容で、それ以降手を出せないでいます。
03:「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
昨年、仕事を辞める寸前までいった経験について、考えをまとめる手助けになればと購入しました。
04:やってはいけない不動産投資 朝日新書
現在、家族で実家暮らしをしており、それまで住んでいた家を賃貸に出してわずかながら収入を得ているので、本格的に不動産投資をしたいなと漠然と考えています。
そこで目に留まったこの本に興味を持って購入しました。
05:プライベートバンカー 完結版 節税攻防都市 講談社+α文庫
現在、金融関係の仕事についているので、興味を持って購入しました。


オススメ書籍・経済 (未読1冊)(積読殿堂:1)
01:外貨投資に勝つ!●●
 P&F式チャートが投資にいいとネットで調べて入門書として購入。


オススメ書籍・創作術 (未読2冊)
01:千の顔を持つ英雄[新訳版]上
02:千の顔を持つ英雄[新訳版]下
神話に関する本が読みたくて購入。単行本版より写真がキレイという情報もゲットしたので購入を決めました。


オススメ書籍・小説(未読7冊)(積読殿堂:1)
01:剣のなかの竜●●
 引っ越しの際に旧版を処分したので改めて購入。只今読書中
02:ニューロマンサー
以前読んだことはあるのですが、サイバーパンクの基本書という言ことで購入。装丁がむかしのまんまのが届いたのがちょっと残念でした。
03:公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)
短編集。表題作の短編は『伊藤計劃トリビュート』で読んだことがあったのですが、他の作品も読みたくて購入しました。
04:軍犬と世界の痛み 永遠の戦士フォン・ベック1 ハヤカワ文庫SF
05:秋の星々の都 永遠の戦士フォン・ベック2 ハヤカワ文庫SF
06:野獣の都 永遠の戦士ケイン ハヤカワ文庫SF
エレコーゼを読んでいて、『永遠の戦士』シリーズを読破したくなって購入しました。
07:何様 (新潮文庫)
前作、『何者』がおもしろかったので購入。


マンガ(未読10冊)
歴史劇画 大宰相 第一巻~第十巻 
歴史の勉強にと購入。マンガのくせに結構歯ごたえがあります。
只今第一巻を半分くらい読了。


積読の合計 40 冊です。

ちなみに、
印は優先的に読んでいこうと思っている本、●●は積読が一年以上経過しているヤツ(積読殿堂入り)です。

これから、コツコツ消化していきたいです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
検索フォーム
オススメサイト
ブックオフオンライン



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
緒浅丸
広島在住。大坂の大学を卒業後、金融・保険関係の仕事に就いて20年以上。
ダラダラと働き続けているうちにもうすぐ50代にさしかかるサラリーマンです。
一応AFP資格保持者。
CFPは只今勉強中ですが、玉砕しまくりです。
本を読むのが好きで、ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く手を出します。ただし、お堅めの本は苦手。
座右の銘は『無難にこなす』
私立中学・私立高校に2人の子供のパパでもあり、しっかり稼がなければならないと思いつつ、すぐに息切れしてしまいます。
また、最近体調管理のため、近所のフィットネスクラブにも通っています。

mail:minahosi@infoseek.jp

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター