FC2ブログ

死ぬほど読書──ビジネス界の重鎮が語る読書と生き方

どうも、緒浅丸です。
9月最後の休み、日本列島を台風が通過していますね。
幸いにも、今回の台風も自分の住む場所ではたいしたことなく終わりそうです。
危険な場所にいる方は十分ご注意ください。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:死ぬほど読書
著者名 :丹羽宇一郎
初版発行:2017年7月30日
ページ数:183P
定価  :780円+税
出版社 :幻冬舎
形式  :新書(幻冬舎新書)

目次
はじめに
第1章 本に代わるものはない
第2章 どんな本を読めばいいのか
第3章 頭を使う読書の効用
第4章 本を読まない日はない
第5章 読書の真価は生き方に表れる
第6章 本の底力
おわりに


家にあった本です。処分するというので貰いました。
著者の丹羽宇一郎氏は公益社団法人日本中国友好協会会長で、早稲田大学特命教授、伊藤忠商事名誉理事でもあります。
この本は、ビジネス界きっての読書家である著者が明かす、読書についての考え方や、本の選び方、読書を通じて得られる生き方などを縦横無尽に語っているものです。

自分も割と本を読むので共感できる部分も多かったですが、書かれている内容にぶれがあるようにも感じました。
構成にほかの人の名前もあるし、インタビューを書き起こしたものなのかなと思いました。

この本の印税は「滋賀大学経済学部付属資料館」と「日本中国友好協会」に全額寄付されるとのこと。
いろんな読み方があるので、、出版の経緯に思いをはせたりするのも楽しいかもしれません。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

スポンサーサイト



大東建託の内幕──〝いい部屋ネット〟でおなじみの不動産屋の恐ろしさ

どうも、緒浅丸です。
2週連続で続いた三連休も今日でおしまいですね。
自分はどちらの3連休もダラダラ過ごしてしまいました。
案外まだメンタル的に調子が悪いのかもしれません。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:大東建託の内幕
著者名 :三宅勝久
初版発行:2018年6月15日
ページ数:217P
定価  :1500円+税
出版社 :同時代社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに
第1部 使い捨てられる社員たち
第1章 藤枝支店自死事件
第2章 会長の報酬は二・六億円 労災認定も責任取らず
第3章 欠陥建築の尻ぬぐいで過労死寸前
第4章 転落したトップセールスマン
第5章 埼玉支店 不正で大量解雇も隠蔽
第2部 家主の夢と現実
第6章 近隣住民を憤慨させた工事強行未遂
第7章 過去費用ゼロで「退去せよ」の非常識
第8章 銀行融資一億円を宙に浮かせたままで建築強行
第9章 強引に家賃下げられた家主が不安の声
第10章 だまされた高齢者「二部屋だと思ったら一部屋だった!」
第3部 自壊への道
第11章 労組結成で対抗「二年間契約取れなければクビ」の異常
第12章 取材に応じたら懲戒処分された!
第13章 八千代支店と赤羽支店で自死が相次いで発生
第14章 松本支店殺人未遂事件 「優秀な」営業マンはなぜ破滅したのか
あとがき


数か月前、今の勤め先を辞めて転職を考えていたのですがなかなか思うようにいかず、結局転職できそうなのは、この大東建託とアフ○ックの2社だけみたいな感じになってしまいました。(その後転職は見送ることにしました)
そんな折、何かの拍子でこの本の存在を知り(新聞の広告だったかな?)、違う道を選んでいたら個々の社員になっていたかもしれないと思い、興味を持って購入しました。

著者の三宅勝久氏は、もともとフリーカメラマンとして中南米やアフリカの紛争地帯を取材されていた方で、帰国後は消費者金融の批判記事や、自衛隊の自殺などといったものをテーマを追求してきたジャーナリストです。
その著者がたまたまインターネットの記事を惹かれて取材を始めたのがこの本で、著者が2009年から足掛け9年にわたり、大東建託について批判的な記事を書き続けたものをまとめたものです。
第一部では、大東建託の社員の立場から、第二部では大東建託でアパートを建てた家主の立場から書かれています。
そして第三部では、最近起こった殺人未遂事件と労働組合に対する大東建託の対応について書かれていました。

読了してみて、たしかにブラックだけど、営業会社なら特別なことではないんじゃないかな、という印象を受けました。
扱う商品の金額が大きいからトラブルも大ごとになるわけですが、不正そのものについては、大なり小なり不動産業界や保険業界のほかの営業職でもあることなんじゃないかと思いました。

以前読んだマンガ『主婦でも大家さん』でも似たようなエピソードがあったし、サブリース問題は以前NHKで取り上げられていました。
スルガ銀行も似たようなことやってるし……ってなカンジ。

エグいエピソードは満載でしたが、もともと不動産業界そのものがエグいと思っていたのであまり衝撃は感じませんでした。

不動産業界について調べたことがあれば、この本に書かれているような内容に関して、噂ぐらいは聞いたことがあると思います。
むしろ問題なのは、大量のCMの出稿を受けているためか、マスコミがこの会社の異様な実状をずっと報道してこなかった事かも知れません。

ただ、たとえ知っていたからといって、もし自分がその職場で働くことになったら絶対イヤです!

「数字が人格」という社風で、実績ださなければ罵倒される職場なんて、よくあるブラック企業の光景ですが、アパート完工時の歩合給をあてにして、工事代金や一時金を建て替えたり、架空契約を作ったりし契約実績を獲得しようとする営業マンたちの姿は、、冷静な判断力を失っているとしか思えません。(でも周りがやってたら、それが当たり前になって麻痺してしまうんでしょうね)
その結果、借金地獄にハマって追い込まれていく様子は、確かに恐ろしいです。

あと、ネットで調べてみると、この本に書かれている問題のほかに、施工不良等のトラブルもあるらしいです。(そちら方面には、この本は踏み込んでいません)
不動産事業に関する見識があれば、そういった点にももっと踏み込めたかもしれないので、その点は残念でした。

不動産投資とかを考えたことがある人なら、一度目を通しておいたほうが良い本だと思います。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

「しぐさ」を見れば、相手の本心が怖いくらい読める!──読みやすいノンバーバル・コミュニケーションの本

どうも、緒浅丸です。
三連休初日ですが、広島はちょっと残念なお天気です。
ただ、読書するにはちょうどいいかもしれません。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:「しぐさ」を見れば、相手の本心が怖いくらい読める!
著者名 :下村 陽一
初版発行:2013年8月10日
ページ数:219P
定価  :571円+税
出版社 :三笠書房
形式  :文庫(知的生きかた文庫)

目次
はじめに──人の心は「見た目」でわかる
1章 人は「全身」でモノをいう!
2章 表情・しぐさは「嘘をつけない」
3章 《シーン別》相手の本心を見抜く方法──ビジネス編
4章 《シーン別》相手の本心を見抜く方法──プライベート編
5章 ノンバーバル・コミュニケーション力の高め方──あなたの「評価」「好感度」「信頼度」が変わる


 ブックオフで見かけて購入。格安でした。覚えていないけど、多分、ネットで注文するのに送料無料にするための調整として購入したのかもしれません。

著者の下村陽一氏は大阪教育大学教養学科人間科学講座教授で、言葉だけではない非言語コミュニケーション(ノンバーバル・コミュニケーション)の側面から、人間関係における実際的コミュニケーションの機能に関する研究を行なっている方です。

この本は、題名から見てもわかるとおり、相手のしぐさから相手の本心を読みとる方法が書かれている本です。
表情やしぐさによるノンバーバル・サインを読み取ることにより、あいての気持ちや深層心理を推し測ることができます。

この手の本は、今まで自分は何冊も読んできました。
「しぐさ」を見れば心の9割がわかる!』や『使える! 悪用禁止の心理学テクニック』、『本音は顔に書いてある』などです。
だからなのかもしれませんが、この本に書かれている内容のほとんどはすでに知ってることでした。
また、50年近く生きていると、経験からノンバーバルの意味も分かってくる部分もあります。

そういった意味では、単に相手の気持ちが分かるだけではなくて、その気持ちをどう動かすかまで、もう少し踏み込んだ考察が欲しかったです。

ただ、とても読みやすい本だったので、振り返りにはちょうど良かったです。

生放送のTV番組とか見るとき、この本の内容を思い出すとより一層番組が楽しめるかもしれません。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

チュベローズで待ってる──アイドル×小説家が紡ぐ新境地ミステリー

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓



タイトル:チュベローズで待ってる AGE22・AGE32
著者名 :加藤シゲアキ
初版発行:2017年12月12日
ページ数:AGE22 208P・AGE32 330P
定価  :AGE22 1100円+税・AGE32 1200円+税
出版社 :扶桑社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
AGE22
1 二十二歳の秋
2 やまない黄砂
3 エントリーシートと白いスニーカー
4 パーソナリティクライシス
5 共食い
6 レモンの甘み
7 胎動
8 シェパード生誕
9 M
10割れた豆腐の白
11鬼王
12運命(フォルトウーナ)
13インターン一日目
14二重螺旋
15ライオンと花畑
16最終面接
17二羽のカラスと二本の海老
18戻るべき場所、行くべき場所
19美津子

AGE32
20二○二五年の夏
21クンジョル
22再会
23抗議文
24大阪、新宿
25父の仏壇、母の味
26ラスコース
27模倣犯
28新神戸
29鹿の角
30otherwise
31エクリチュール
32ペトラルカ
33加賀宮
34熱帯魚の群れ
35ハラスメント
36排水口
37ポール・ワイスの思考実験
38兄
39ゴーストタウン
40アネモネ
41チュベローズで待ってる

図書館で借りてきた本。

著者は、ジャニーズ事務所のNEWSのメンバーの一人、加藤シゲアキ氏です。
アイドル活動だけでなく、作家としても活躍している著者は2012年1月に『ピンクとグレー』で小説家としてデビューしました。
この作品は、2016年に映画化されています。

今回、この本を読もうと思ったきっかけは、著者が主演しているドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』を観て著者に興味を持ったからです。また、この著者の本を読むのは初めてですが、『ピンクとグレー』の映画は観ており、それが結構面白かったのも、この本を手に取った理由です。

内容は、上巻(AGE22)では就活に惨敗して自暴自棄になった22歳の主人公が、ホストをやりながらゲーム会社に就職する話で、下巻(AGE32)では、無事念願のゲーム会社に就職した主人公の様子が描かれています。

この作品、上巻(AGE22)と下巻(AGE32)で雰囲気が違っています。上巻(AGE22)は純文学・青春者風で、下巻(AGE32)は舞台を近未来に移し、ミステリやホラーな雰囲気をまとっています。

個人的には上巻(AGE22)が読みやすくて良かったです。
下巻(AGE32)も悪くないんですが(むしろ面白さ的にはコチラが上かも?)、上巻と雰囲気が変わったため、慣れるまで戸惑いがありました。

あと、個人的には「文体」があまり好みじゃなかったです。描写が雑な部分がる印象を受けました。
映像作品をノベライズしたときのような薄っぺらさな感じです。

また、エピソードを切り貼りして、それに登場人物をはめ込んでいるような感じで、キャラクターの性格がちぐはぐな印象をうけた部分もありました。ただ、雑な描写が逆に違和感を薄めているようにも感じたし、後半、逆にそれが良い持ち味を出してる部分もありました。

ストーリー的には文句なく面白く、他の作品も読んでみたくなりました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

9月初頭現在の積読消化状況(2018年7月締)

どうも、緒浅丸です。
9月にはいりました。
再び働き始め、いろいろ忙しくしていたため本を読むこともほとんどなく、先月は更新もあまりできませんでした。

新しい生活のリズムも慣れ、ちょっとづつ積読も消化していこうと思います。
また、今回転職活動をしてみて、今後読んでいく本も変わっていくかもしれません。

さて、それでは積読の消化状況を公開したいと思います。
現在残っている積読はこんな感じです↓↓

オススメ書籍・夢設計(未読3冊)(積読殿堂:1 一年以上:1)
01:アインシュタイン・ファクター●●
 ちょっとつまみ読みして放置。
02:誘惑される意志
 『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』に紹介されていた書籍。ブックオフで見かけてゲット。
03:史上最強の人生戦略マニュアル
以前単行本版を持っていたのですが、売却してしまい、また改めて読みたくなったので文庫版を購入しました。


オススメ書籍・仕組み・段取り・時間術 (未読3冊)(積読殿堂:1)
01:マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則●●
 『スラムダンク勝利学』みたいに、『灰と幻想のグリムガル』をビジネス書的に紹介できたら面白いな、と思って購入しました。
でもモチベーションが下がっちゃったし、グリムガルも最近グダグダみたいなんで、やらないと思います。(ただ、グリムガルは処分しよとした息子が欲しいと言って取っていきました)
02:鬼速PDCA
日々の行動を見直すために購入。只今読書中。が、意外と読み進めるのに苦戦してます。
なぜかというと、この本はバリバリの実践書で、プラモデルの組み立て説明書が、きちんと書かれていることができてから次に進まないと意味がないのと同じように、この本も、書かれていることを実践してからでないと先に進む意味がないと感じられるからです。
03:それ、売りますか?貸しますか?運用しますか?無料という手もありますよ。
リアル書店で見かけたとき、惹かれるものがあって購入しました。
でもHOWTO本ではなくって、相談事例の文字起こしみたいな感じで、ちょっと肩透かしな感じです。


オススメ書籍・対人・コミュニケーション (未読8冊)(積読殿堂:2 一年以上:3)
01:催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える●●
 ネットで注文して、失敗だったかなと思ったけど、メンタリストDaigo氏の書籍の参考文献に載っていたので、やっぱり読んでみるか検討中 
02:コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)●●
 ネットでの評判が良かったので、コミュニケーション能力を高めるために購入。著者の作品をほかに何作か読んでいますが、結構良かったのでこの本も楽しみにしています── と、いいながら積読殿堂入りしているこの本。
近々ちゃっちゃと読んじゃおうと思います。
03:「しぐさ」を見れば、相手の本心が怖いくらい読める
 ブックオフで見かけて購入。格安でした。只今読書中デス。
04:サーバント・リーダー
 ネットでオススメの本だと紹介されていたので購入。今現在は、自分にはあんまり響かないテーマなので売却も検討しましたが、本気でガーっと読めばサクッと読了できそうなので一応キープ中です。
05:ヤバい心理学
 実家にあった本。処分するといっていたので、興味を惹かれた本だけ持って帰った中の1冊です。
06:これがメンタリズムです
お正月でもTV番組に登場していたメンタリストDaigo氏の本です。メンタリズムに興味を持って購入しました。
07:ステージを上げるSNS絶対6ルール
リアル書店で衝動買いした本。SNSの活用方法についてのノウハウが欲しいのです。
08:人を動かす新たな3原則
ネットで購入。まとめ買いするときに手数料無料にするためあえて選んだ本。


オススメ書籍・勉強・読書術 (未読5冊)
01:読んでいない本について堂々と語る方法
以前、単行本版を持っていたのですが、売却してしまい、また改めて読みたくなったので、文庫版を購入しました。
02:死ぬほど読書
家にあった本。処分するというので貰いました。
03:いちばんやさしいPHPの教本
プログラミングの勉強がしたいと思い、購入。わりとサクサクと進めることができました。
途中からJAVAの勉強を始めたのでこの本は中断していますが、わりと良書だと思う。
ただ、あくまで入門書なので、これですべてわかるわけではないと思います。
04:思考の整理学
どちらかというと、子どもに読んでもらいたくて購入。
05:ソロモンの指輪
同じく、どちらかというと子供に読んでもらいたくて購入。


オススメ書籍・社会 (未読4冊)(積読殿堂:1)
01:君主論 (講談社学術文庫)●●
 サイコパス関連の本を読んだとき、サイコパスとマキャベリズムって似ているんじゃないかと思い、興味が湧きました。『よいこの君主論 (ちくま文庫)』などを読みました(感想はコチラ)が、ホンモノも、薄いし読めそうだと思いネットで購入したものの、やっぱり読むのがしんどかったので、売却を検討中でしたが、普遍的な本なのでやっぱり手元に残すことにしました。
02:「営業の仕事」きれいごと抜きでお話しします
以前、どこかのブログで営業に関する良書と紹介されていたのでゲットしました。
XX:JAに何ができるのか
これからのJAに興味があって購入しましたが、ちょっと思っていたのと違っていた内容だったので売却することにしました。
03:最悪の事故が起こるまで、人はなにをしていたのか
ネットで購入。題名にひかれて購入。購入したとき、事故ではないものの最悪の事態になっていたから。何かヒントがあるかもとおもったんですが、分厚い本なので読むのを躊躇しているうちに積読に──
04:決めて断つ
以前FPのセミナーに参加した際に、おすすめされていたので購入しました。


オススメ書籍・経済 (未読3冊)(一年以上:1)
01:外貨投資に勝つ!
 P&F式チャートが投資にいいとネットで調べて入門書として購入。
02:あなたの資産を食い潰す「ブラック相続対策」
 相続のことを勉強したくて購入。
03:図解 はじめての投資信託
CFPの勉強用に購入した本。結局勉強が間に合わず、ほとんど読んでいません。11月にCFPの試験がまたあるので、ちょっとずつ読んでいこうと思います。


オススメ書籍・創作術 (未読2冊)
01:千の顔を持つ英雄[新訳版]上
02:千の顔を持つ英雄[新訳版]下
神話に関する本が読みたくて購入。単行本版より写真がキレイという情報もゲットしたので購入を決めました。


オススメ書籍・小説(未読5冊)
XX:凍りのくじら
読了済み。(感想はコチラ)
01:ブラック・エンジェル
 20年以上昔に、単行本で読んだことがある本。今でも時折思い返すので、手元に置いておきたくて文庫版をネットで注文しました。
02:黒曜石のなかの不死鳥
 引っ越しの際に旧版を処分したので改めて購入。『永遠のチャンピオン』と『黒曜石のなかの不死鳥』の合本です。
03:剣のなかの竜
 引っ越しの際に旧版を処分したので改めて購入。
04:九マイルは遠すぎる
前々から気になっていた本。ミステリの短編部門とかで必ず名前が上がる本です。暫く仕事を休むので、時間があるときにちょこちょこ読もうと思って購入したものの、積読になってしまいました。──ちょっと読んでみたけど、思ってたのと違っていました……
05:オルタード・カーボン 上
ネットで評判を知り、気になったので購入。入手困難で、下巻がなかなか手に入らない。


マンガ(未読10冊)
歴史劇画 大宰相 第一巻~第十巻 
歴史の勉強にと購入。マンガのくせに結構歯ごたえがあります。
只今第一巻を半分くらい読了。


積読の合計 43 冊です。(積読殿堂5冊 一年以上10冊)

ちなみに、
印は優先的に読んでいこうと思っている本、
あとは去年から積読になっている本、●●は積読が一年以上経過しているヤツ(積読殿堂入り)です。

マンガが10冊あるとはいえ、また積読が増えてしまいました。
しかも、仕事を再開したのと、最近プログラミングの勉強を始めたので読書の時間がますます取れなくなりました。
それでも、コツコツ消化していきたいです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
オススメサイト
ブックオフオンライン



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
緒浅丸
広島在住。大坂の大学を卒業後、金融・保険関係の仕事に就いて20年以上。
ダラダラと働き続けているうちにもうすぐ50代にさしかかるサラリーマンです。
一応AFP資格保持者。
CFPは只今勉強中ですが、玉砕しまくりです。
本を読むのが好きで、ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く手を出します。ただし、お堅めの本は苦手。
座右の銘は『無難にこなす』
私立中学・私立高校に2人の子供のパパでもあり、しっかり稼がなければならないと思いつつ、すぐに息切れしてしまいます。
また、最近体調管理のため、近所のフィットネスクラブにも通っています。

mail:minahosi@infoseek.jp

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター