FC2ブログ

凍りのくじら──『ドラえもん』をモチーフにした「スコシ・フシギ」な物語

どうも、緒浅丸です。
お盆を過ぎて、朝晩は少し過ごしやすくなりましたが、今度は台風が心配ですね。
さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:凍りのくじら
著者名 :辻村深月
初版発行:2008年11月14日
ページ数:568P
定価  :781円+税
出版社 :講談社 
形式  :文庫(講談社文庫)

目次
プロローグ
第1章 どこでもドア
第2章 カイソメダル
第3章 もしもボックス
第4章 いやなことヒューズ
第5章 先取り約束機
第6章 ムードもりあげ楽団
第7章 ツーカー錠
第8章 タイムカプセル
第9章 どくさいスイッチ
第10章 四次元ポケット
エピローグ


実家にあった本で、おもしろそうだと思い積読追加していた1冊です。

著者の辻村深月氏はデビュー作『冷たい校舎の時は止まる』でメフィスト賞を受賞された方で、『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞を受賞されています。また、最近では『かがみの弧城』で本屋大賞を受賞されたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

この作品は、「ドラえもん」のアイテムなどをモチーフに、家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描いた「スコシ・フシギ」な物語です。
藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。頭は良いけど常に他人との間に壁を作っている主人公は、そんな性格をあまり良くないと思いながらも、それを変えることができずにいます。そんな中、その性格が招く周囲の人たちとの軋轢が徐々に高まっていき、大きなトラブルにつながっていく── といった内容です。

この作品では、藤子先生がSFというのは「少し・不思議」な物語と発言していたところから、主人公がいろいろな人や物事の性質を「スコシ・ナントカ」という言葉で表す遊びをしているのですが、それになぞらえてこの作品の感想をSFで例えると、こんな感じでした。

スコシ・フリョウ── 世の中を斜に構えて見ていて、いささか精神が病んでる印象な性格の少女が主人公。主人公の性格に共感できなくて、正直、最初読み進めるのが苦痛でした。

スコシ・フドウ── ページ数の割に、物語があまり動かない印象でした。

スコシ・フルイ── これは作品が書かれた時代が10年以上前なので仕方ないことかも知れません。SNSがまだないためか、環境が古臭い。でもケータイはあるって感じ。コードレスフォンをハンドフリーで話すのは当時はやっていたのか、ギャグなのか不明ですが、気になりました。

ドラえもんへのリスペクトがあるけど、読み心地はドラえもんからは程遠い肌触りです。
読んでいる最中はあまりいい印象はなかったんですが、なぜか読後感は悪くなかったです。

あと、読了後に知ったのですが、辻村深月氏は「スターシステム」を採用している作家で、ひとつの作品に登場した人物が、その後の他作品にもある程度の重要性をもって登場するそうです。

読む順番を工夫すればそれだけ楽しめるとのことで、その順番は以下の通り。


1『凍りのくじら』

2『スロウハイツの神様』

3『冷たい校舎の時は止まる』

4『子どもたちは夜と遊ぶ』

5『ぼくのメジャースプーン』

6『名前探しの放課後』

7『ロードムービー』

8『光待つ場所へ』

9『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』

この著者の作品は、以前、『冷たい校舎の時は止まる』と『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』は読んだことがあったんですが、(幸いにも?)内容はぼんやりとしか覚えていません。
だから、ちょうど1番のこの作品を読んだので、『スロウハイツの神様』に手を出してみてもいいかなと思いました。
(もしくは『鍵のない夢を見る』を読むかも)

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト



8月初頭現在の積読消化状況(2018年7月締)

どうも、緒浅丸です。8月ですね。
先月末からまた働き始めました。
生活のリズムが変わり、8月になったらすぐUPしようと思いつつ、気が付けば8月も1/3が経過していて、もうお盆前です。

さて、いままでの積読の消化状況を公開したいと思います。
現在残っている積読はこんな感じです↓↓

オススメ書籍・夢設計(未読3冊)(積読殿堂:1 一年以上:1)
01:アインシュタイン・ファクター●●
 ちょっとつまみ読みして放置。
02:誘惑される意志
 『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』に紹介されていた書籍。ブックオフで見かけてゲット。
03:史上最強の人生戦略マニュアル
以前単行本版を持っていたのですが、売却してしまい、また改めて読みたくなったので文庫版を購入しました。


オススメ書籍・仕組み・段取り・時間術 (未読3冊)(積読殿堂:1)
01:マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則●●
 『スラムダンク勝利学』みたいに、『灰と幻想のグリムガル』をビジネス書的に紹介できたら面白いな、と思って購入しました。
でもモチベーションが下がっちゃったんでもうしないと思います。──俺はね。
02:鬼速PDCA
日々の行動を見直すために購入。只今読書中。が、意外と読み進めるのに苦戦してます。
なぜかというと、この本はバリバリの実践書で、プラモデルの組み立て説明書が、きちんと書かれていることができてから次に進まないと意味がないのと同じように、この本も、書かれていることを実践してからでないと先に進む意味がないと感じられるからです。
03:それ、売りますか?貸しますか?運用しますか?無料という手もありますよ。
リアル書店で見かけたとき、惹かれるものがあって購入しました。
でもHOWTO本ではなくって、相談事例の文字起こしみたいな感じで、ちょっと肩透かしな感じです。


オススメ書籍・対人・コミュニケーション (未読8冊)(積読殿堂:2 一年以上:3)
01:催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える●●
 ネットで注文して、失敗だったかなと思ったけど、メンタリストDaigo氏の書籍の参考文献に載っていたので、やっぱり読んでみるか検討中 
02:コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)●●
 ネットでの評判が良かったので、コミュニケーション能力を高めるために購入。著者の作品をほかに何作か読んでいますが、結構良かったのでこの本も楽しみにしています。
03:「しぐさ」を見れば、相手の本心が怖いくらい読める
 ブックオフで見かけて購入。格安でした。
04:サーバント・リーダー
 ネットでオススメの本だと紹介されていたので購入。今現在は、自分にはあんまり響かないテーマなので売却も検討しましたが、本気でガーっと読めばサクッと読了できそうなので一応キープ中です。
05:ヤバい心理学
 実家にあった本。処分するといっていたので、興味を惹かれた本だけ持って帰った中の1冊です。
06:これがメンタリズムです
お正月でもTV番組に登場していたメンタリストDaigo氏の本です。メンタリズムに興味を持って購入しました。
07:ステージを上げるSNS絶対6ルール
リアル書店で衝動買いした本。SNSの活用方法についてのノウハウが欲しいのです。
08:人を動かす新たな3原則
ネットで購入。まとめ買いするときに手数料無料にするためあえて選んだ本。


オススメ書籍・勉強・読書術 (未読5冊)(積読殿堂:1)
XX:考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
一応読了済。(感想はコチラ
01:読んでいない本について堂々と語る方法
以前、単行本版を持っていたのですが、売却してしまい、また改めて読みたくなったので、文庫版を購入しました。
02:死ぬほど読書
家にあった本。処分するというので貰いました。
03:いちばんやさしいPHPの教本
プログラミングの勉強がしたいと思い、購入。わりとサクサクと進めることができました。
途中からJAVAの勉強を始めたのでこの本は中断していますが、わりと良書だと思う。
ただ、あくまで入門書なので、これですべてわかるわけではないと思います。
04:思考の整理学
どちらかというと、子どもに読んでもらいたくて購入。
05:ソロモンの指輪
同じく、どちらかというと子供に読んでもらいたくて購入。


オススメ書籍・社会 (未読5冊)(積読殿堂:1)
01:君主論 (講談社学術文庫)●●
 サイコパス関連の本を読んだとき、サイコパスとマキャベリズムって似ているんじゃないかと思い、興味が湧きました。『よいこの君主論 (ちくま文庫)』などを読みました(感想はコチラ)が、ホンモノも、薄いし読めそうだと思いネットで購入したものの、やっぱり読むのがしんどかったので、売却を検討中でしたが、普遍的な本なのでやっぱり手元に残すことにしました。
02:「営業の仕事」きれいごと抜きでお話しします
以前、どこかのブログで営業に関する良書と紹介されていたのでゲットしました。
03:JAに何ができるのか
これからのJAに興味があって購入しました。
少し読んでみたのですが、思っていたのと内容がちょっと違っていたので、処分するかもしれません。
04:最悪の事故が起こるまで、人はなにをしていたのか
ネットで購入。題名にひかれて購入。購入したとき、事故ではないものの最悪の事態になっていたから。何かヒントがあるかもとおもったんですが、分厚い本なので読むのを躊躇しているうちに積読に──
05:決めて断つ
以前FPのセミナーに参加した際に、おすすめされていたので購入しました。


オススメ書籍・経済 (未読3冊)(一年以上:1)
01:外貨投資に勝つ!
 P&F式チャートが投資にいいとネットで調べて入門書として購入。
02:あなたの資産を食い潰す「ブラック相続対策」
 相続のことを勉強したくて購入。
03:図解 はじめての投資信託
CFPの勉強用に購入した本。(写真に附せんが貼ってあるのはそのためです)結局勉強が間に合わず、ほとんど読んでいません。


オススメ書籍・創作術 (未読2冊)
01:千の顔を持つ英雄[新訳版]上
02:千の顔を持つ英雄[新訳版]下
神話に関する本が読みたくて購入。単行本版より写真がキレイという情報もゲットしたので購入を決めました。


オススメ書籍・小説(未読6冊)
01:凍りのくじら
 只今読書中。
02:ブラック・エンジェル
 20年以上昔に、単行本で読んだことがある本。今でも時折思い返すので、手元に置いておきたくて文庫版をネットで注文しました。
03:黒曜石のなかの不死鳥
 引っ越しの際に旧版を処分したので改めて購入。『永遠のチャンピオン』と『黒曜石のなかの不死鳥』の合本です。
04:剣のなかの竜
 引っ越しの際に旧版を処分したので改めて購入。
05:九マイルは遠すぎる
前々から気になっていた本。ミステリの短編部門とかで必ず名前が上がる本です。暫く仕事を休むので、時間があるときにちょこちょこ読もうと思って購入したものの、積読になってしまいました。
06:オルタード・カーボン 上
ネットで評判を知り、気になったので購入。入手困難で、下巻がなかなか手に入らない。


マンガ(未読10冊)
歴史劇画 大宰相 第一巻~第十巻 
歴史の勉強にと購入。マンガのくせに結構歯ごたえがあります。
只今第一巻を半分くらい読了。


積読の合計 45 冊です。(積読殿堂6冊 一年以上5冊)

ちなみに、
印は優先的に読んでいこうと思っている本、
あとは去年から積読になっている本、●●は積読が一年以上経過しているヤツ(積読殿堂入り)です。

マンガが10冊あるとはいえ、また積読が増えてしまいました。
しかも、仕事を再開したのと、最近プログラミングの勉強を始めたので読書の時間がますます取れなくなりました。
それでも、コツコツ消化していきたいです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

BUTTER ──木嶋佳苗事件にインスパイアされた濃厚なフィクション

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:BUTTER
著者名 :柚木麻子
初版発行:2017年4月20日
ページ数:460P
定価  :1600円+税
出版社 :新潮社
形式  :単行本


この本は、近くの図書館で借出し予約をしていた本です。
先日、順番が回ってきたとのメールが入り、借りてきました。

著者の柚木麻子氏は、2008年「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞し、2010年に同作を含む『終点のあの子』でデビュー。 2015年『ナイルパーチの女子会』で山本周五郎賞を受賞されています。
自分的には最近読んだ『王妃の帰還』が面白かったです。(感想はコチラ

この本は、実際に起きた『木嶋佳苗事件』をモデルに書かれた本です。
男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で逮捕された女、カジマナこと梶井真奈子への取材を重ねる30代の女性記者・里佳が、欲望に忠実なカジマナの言動に振り回されるようになっていく……といった内容です。

題名の通り、モッタリとした印象の読み心地でした。正直、結構読み進めるのがしんどかったです。

また、『木嶋佳苗事件』に関しては、以前少し興味を持って、『木嶋佳苗 法廷証言』という本を読んだことがあるのですが(感想はコチラ)、その記憶を思い起こすと、木嶋佳苗事件のドキュメント本とこの作品の内容とは、印象が乖離していました。

まず、作品の梶井容疑者は「ワンピース」の四皇〝ビッグマム〟シャーロット・リンリンや「ジョジョの奇妙な冒険」第五部に登場するポルポみたいなイメージでした。また、拘置所での面会の様子は「羊たちの沈黙」のレクター教授も彷彿とさせます。
また、女性たちの様々な葛藤が描かれていて、ジェンダーによる社会的役割についていろいろ考えさせられました。
奇しくも「上司のいじりが許せない」を読んだばかりだったので、余計そうだったのかもしれません。

あと、料理の描写が非常にリアリティがあり、飯テロレベルの凄味があります。
明太子パスタや塩バターラーメン、バターケーキなど、読んでいるだけで涎が溢れ、どれも食べたくなりました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
オススメサイト
ブックオフオンライン



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
緒浅丸
広島在住。大坂の大学を卒業後、金融・保険関係の仕事に就いて20年以上。
ダラダラと働き続けているうちにもうすぐ50代にさしかかるサラリーマンです。
一応AFP資格保持者。
CFPは只今勉強中ですが、玉砕しまくりです。
本を読むのが好きで、ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く手を出します。ただし、お堅めの本は苦手。
座右の銘は『無難にこなす』
私立中学・私立高校に2人の子供のパパでもあり、しっかり稼がなければならないと思いつつ、すぐに息切れしてしまいます。
また、最近体調管理のため、近所のフィットネスクラブにも通っています。

mail:minahosi@infoseek.jp

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター