何者──今どきの就活物語

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:何者
著者名 :朝井リョウ
初版発行:平成27年7月1日発行
ページ数:336P
定価  :590円+税
出版社 :新潮社
形式  :文庫(新潮文庫)


就活がテーマの作品で、直木賞を受賞しています。
春にリアル書店の平台に並んでいて興味を持ったが最初ですが、近々この作品が映画化されるという情報も、購入の後押しをしました。

この著者のデビュー作『桐島、部活やめるってよ』は映画化されており、その作品は観たことがありますが、著者の本を手に取るのは初めてだったので、ドキドキしながらページをめくりました。

この作品は、就活の情報交換をきっかけに集まった、5人の男女を中心に、就活大学生の自意識をリアルにあぶりだ長編小説です。ゆとり世代と言われる、今どきの就活生の様子が生々しく描かれていました。

映画化のキャスティングはネットで公開されていて、自分はそのイメージ読み進めたのですが、物語に入り込みやすくてラッキーでした。
もっとも、読みやすい文章なので知らなくても特に支障はないかも知れません。

最後のオチで印象がまるで変わります。
読了後しばらくしてから、じわじわと不穏な気持ちが染み出してくるような気持になりました。

また、読んでいる最中、自分の大学時代の就活をと比べて、当時の自分があまりに幼く未熟だったことを気づかされ、脇汗がにじみました。
それでも、40半ばを過ぎてそこそこの生活を送れていることを考えれば、複雑な気持ちになります。
それと、最近の新入社員はみんなこんな就活を潜ってきたんだなあと思いました。

これから就活をする人はもちろん、ゆとり世代と関わる全ての人に読んでもらいたい一冊です。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

広島と東京のベストセラーズ 9/25

どうも、緒浅丸です。

秋分も終わり、日に日に夜が長くなり始めました。
読書するにはちょうどいいかもしれませんね。

さて、9月の広島と東京のベストセラーランキングのご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(ジュンク堂書店広島駅前店)
 1.カープV7グラフ 25年ぶりリーグ優勝への道

 2.ありのままに、ひたむきに

 3.Carp SPIRITS 2016

 4.すごい! 広島カープ

 5.どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

 6.赤ヘル1975

 7.広島はすごい

 8.躍進する広島カープを支える選手たち

 9.全部レンチン! やせるおかず作りおき

10.天風録書き写しノート

東京ベストセラーズ(丸善日本橋店)
 1.地方銀行消滅

 2.言ってはいけない

 3.人口と日本経済

 4.ザ・会社改造

 5.最強の働き方

 6.どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

 7.捨てられる銀行

 8.やり抜く力

 9.鋼のメンタル

10.戦争まで

青春文学館
七つの会議
(中3男子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングはコチラ↓↓

カープ三昧のランキングですが個人的に気なったのがコチラ

東京のランキングはコチラ↓↓

これからの行く末が気になります。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング──やる気引き出すヒントが満載

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング
著者名 :飯山晄朗
初版発行:2015年6月3日
ページ数:239P
定価  :1400円+税
出版社 :秀和システム
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに
第1章 やる気がない子を前向きにする9つの言い方
第2章 自信のない子を勇気づける8つの言い方
第3章 不満ばかり口にする子に使命感を与ええる6つの言い方
第4章 なかなか行動を起こさない子を動かす8つの言い方
第5章 ピンチに弱い子のメンタルを強くする8つの言い方


リアル書店で平台に展示してあり、なんとなく惹かれるものがあって購入しました。
著者については全く知らなかったんですが、金沢にオフィスを構えて全国で活動しているメンタルコーチ・経営コンサルタントの方です。
名門私立高校野球部を半年で復活させ6年ぶりの甲子園へ導き、さらに翌年の石川県大会決勝で球史に残る大逆転劇を魅せた原動力であるメンタルを育てたとのこと。
子育てに応用できるかもと、期待を込めて読み始めました。

著者が実践するメンタルトレーニングの方法をまとめたこの本では、これまでの指導の方法では何を言っても響かず、受け流してしまう「ゆとり世代」「さとり世代」の、やる気を引き出すためのコツをつかむためのヒントが盛りだくさんです。

ちょっとした言い方の違いでまるで効果が変わってしまう言葉とか、漠然と知ってはいたものの、具体的に実践方法がわからなかったやる気の起こし方など、興味深いアドバイスがいくつもありました。

その中でも、特に自分が印象に残ったのが、「なぜ」と訊かず、原因は「なに」かと尋ねることです。そんな簡単なことで、相手の反応が変わるなら、やらないなんてもったいないと思いました。

指導等で行き詰っている人なら、一読すればきっと何かのヒントが得られると思いますよ。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

さいごに、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

広島と東京のベストセラーズ 9/18

どうも、緒浅丸です。

台風が猛威を振るう3連休、いかがお過ごしでしょうか?
自分のところは幸い、昨日は息子の体育祭でしたが無事行われて、応援できました。
夜から大雨で警報も出たみたいですが、今は落ち着いています。

さて、9月の広島と東京のベストセラーランキングのご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(ジュンク堂書店広島駅前店)
 1.Vじゃけえ広島!!Road to VICTORY

 2.2016 広島カープ栄光への軌跡 絶対優勝特別号

 3.小説 君の名は

 4.どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

 5.すごい! 広島カープ

 6.危険なビーナス

 7.赤ヘル1975

 8.広島はすごい

 9.コンビニ人間

10.らくだ 新・酔いどれ小籐次 6

東京ベストセラーズ(八重洲ブックセンター本店)
 1.第四次産業革命

 2.ザ・会社改造

 3.(金融機関のための)サイバーセキュリティとBCPの実務

 4.「会社四季報」業界地図 2017年版

 5.東川町ものがたり

 6.キリンビール高知支店の奇跡

 7.「言葉にできる」は武器になる。

 8.どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

 9.フィンテック

10.最強の働き方

青春文学館
黒猫とさよならの旅
(中2女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングはコチラ↓↓

映画が評判らしいんですが、ネットでチェックしたところ、映画を見てから本を読むのがいいみたいデス。
つばさ文庫版も気になります。

東京のランキングはコチラ↓↓

ビジネス雑誌などで話題(?)のフィンテックについて、1.0から4.0まで進化の段階に沿って整理しているらしいです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タックスヘイブン──佐藤優が絶賛するのも納得!のインテリジェンス小説

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:タックスヘイヴン
著者名 :橘玲
初版発行:平成28年4月15日
ページ数:533p
定価  :770円+税
出版社 :幻冬舎
形式  :文庫(幻冬舎文庫)

目次

第一章 邂逅
第二章 秘密
第三章 熱帯
第四章 彷徨
第五章 夜の動物園
第六章 桜雨

実家にあって、借りた本。

著者の橘玲氏は経済小説作家で「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとりでもあります。投資や経済に関するフィクション・ノンフィクションの両方を手がけており、自分も『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 』や『大震災の後で人生について語るということ』などを読んでいます。(それぞれの感想はコチラコチラ

この本は、シンガポールと日本を舞台に、莫大な金額のカネをめぐって強欲な人々が暗躍する、国際金融サスペンスです。主人公に高校時代の同級生である男女3人を据え、淡い三角関係が物語に彩りを添えています。

ボリュームのある内容でしたがスピード感があって中だるみもなく一気に読み切りました。
佐藤優氏が絶賛しているのもうなずけます。

ただ、個人的に気に入ったシーンはインテリジェンス小説としてのシーンより、シンガポールの夜の動物園のシーンでした。
実際の夜の動物園は不気味かも知れないけど、この物語の中ではひどく幻想的に感じられました。

デビュー作、マネーロンダリングみたいな雰囲気なので、著者のデビュー作が好きな人なら、きっと気に入ると思います。

また、物語の本筋には関係ないのですが、北朝鮮の核ミサイル配備について予知していたのはスゴイと思いました。

著者の関連サイトに、『国際金融ミステリー『タックスヘイヴン』フォトツアー』を見つけました。読後にこちらに寄って、物語の余韻に浸ってみるのもいいかも知れませんよ。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 9/11

どうも、緒浅丸です。
昨夜はとうとう、カープが25年ぶりに優勝しましたね。
昨日は、夜7時ごろ車を走らせていると、いつもより車の量が全然少なく、
優勝した瞬間は、閑静な住宅街にも静かな歓声が広がりました。
普段は全く野球に興味のないうちの娘も優勝の瞬間は画面に釘付けでした。

さて、9月の広島と東京のベストセラーランキングのご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(ジュンク堂書店広島駅前店)
 1.2016 広島カープ栄光への軌跡 絶対優勝特別号

 2.どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

 3.危険なビーナス

 4.海の見える理髪店

 5.村上海賊の娘 4

 6.らくだ 新・酔いどれ小籐次 6

 7.今日が人生最後の日だと思って生きなさい

 8.広島はすごい

 9.赤ヘル1975

10.村上海賊の娘 2

東京ベストセラーズ(くまざわ書店池袋店店)
 1.くるねこ 18

 2.危険なビーナス

 3.太らない残業ご飯

 4.イガリ印365日メイク図鑑

 5.「日常」をドラマティックにする方法

 6.コンビニ人間

 7.やめてみた。

 8.最強の働き方

 9.ハレ旅 ハワイ

10.女子的生活

青春文学館
世界でいちばん貧しい大統領からきみへ
(小6男子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングはコチラ↓↓

今朝の新聞も真っ赤でした☆

東京のランキングはコチラ↓↓

ドラマティックに生きたいです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

古典落語100席──基本落語のダイジェスト集

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:古典落語100席
著者名 :選・監修 立川志の輔
初版発行:1997年11月18日
ページ数:235P
定価  :495円+税
出版社 :PHP研究所
形式  :文庫(PHP文庫)

目次

文庫版のためのまえがき
まえがき
[1]現代SFもびっくりの奇想天外な噺
[2]情緒たっぷりの廓噺
[3]ほっとする親子噺
[4]ま、お座りなさいの奥義指南
[5]見習いなさいの夫婦噺
[6]喉が鳴り、笑いが吹き出す江戸の味
[7]抱腹絶倒の大ボケ噺
[8]ろうそくがゆらーりのちょっと怖い噺
落語豆知識

教養として落語について知っときたいと思い購入。また、しゃべりの勉強になるかもしれないという期待もありました。

数多ある古典落語から100席を選び、監修をされた立川志の輔氏は、立川談志氏に弟子入りした落語家。テレビ・ラジオ・ライブ等。幅広い分野で活躍中です。ためしてガッテンなどでご存知の方も多いかもしれませんね。

落語の本は数多あれど、なぜこの本にしたかというと、古典なので基本が学べると思ったからです。しかも、100席あってたくさん読めるうえに文庫で値段もリーズナブル。そしてここだけの話、ブックオフで格安でゲットしちゃいました。

しかし、ネットで注文のため中身が確認できず、100席の落語のあらすじ集だったことが手元に届いてから判明。ちょっとショックでした。

見開きで一つの話が納められており、落語のダイジェストといったところ。
簡潔にまとめられていて読みやすく、ざっくりと100の話を読めるのは、結果的には良かったかも知れません。
昔話などで知っている話もチラホラあり、落語が元ネタだったのかと感心したりもしました。

そもそも落語は聞くもの、話し手が作るものなので、本当に落語を知りたければ、寄席に行くしかないのかも知れませんね。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

境遇──女の友情についてのコンパクトな佳作

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:境遇
著者名 :湊かなえ
初版発行:2015年10月18日
ページ数:317P
定価  :630円+税
出版社 :双葉社
形式  :文庫(双葉文庫)

目次
第一部 あおいリボンはおかあさん
第二部 ムスコヲブジカエシテホシケレバ
第三部 樅の木町殺人事件
第四部 真実の公表
それから
絵本「あおぞらリボン」


実家にあって借りてきた本。

著者は広島出身の湊かなえ氏。2009年に『告白』で第6回本屋大賞受賞、2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞、そして2016年の5月に『ユートピア』で第29回山本周五郎賞受賞されています。
映画化やドラマ化をされた作品も多数あり、ご存知の方も多いでしょうね。

この本は、朝日放送の創立60周年を記念するドラマのために書き下ろした小説で、2011年10月に出版され、ドラマは同年12月に放送されています。

政治家の妻で、絵本作家である陽子と、その親友で新聞記者の晴海の2人の視点を中心に、選挙活動中に起こった誘拐事件の顛末が描かれています。

ドラマを意識して書かれたからか、テンポよくまとまっていると感じました。
特に、最後の章の「それから」がまさにドラマのエンディングっぽかったです。
ただ、意外な犯人、意外な真相と、畳みかけるように驚きが押し寄せますが、それを消化しきる前に物語が終わってしまうのが少し残念でした。

そもそもが、自分が惹かれるものがあって手に取ったわけじゃないんで、すごくハマりはしなかったんですが、ペテラン作家だけあって、スイスイ読み進められます。
主人公たちと同世代のアラサー女性ならもっと感情移入出来て楽しめたかもしれないですね。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

積読本の、9月初頭現在消化状況

どうも緒浅丸です。
本日2本目の記事は、積読消化状況の報告です。
9月時点での積読の消化状況です。

12月締めの積読はだいぶ減りましたが、今年に入ってからちょこちょこ買って積読化した本が、20冊あります。
タイミング的には中途半端ですが、今回更新することにしました。

まずは今までの積読の消化状況です。

オススメ書籍・夢設計(未読4冊)
01:アインシュタイン・ファクター
(ちょっとつまみ読みして放置。積読ままかも→でも、先日文庫化になっていたの見かけたからやっぱり読むかも?)
02:あなたの天職がわかる16の性格
(読書中断中…対応考え中。読まずに売り飛ばそうかと考えたけど、性格分類方法が結構斬新でよさげなのでやっぱり読もうか思案中)
03:3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす
(『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』に紹介されていた書籍。先日、ブックオフで見かけてゲット。なんと105円。)
04:運を味方にする達人 (PHP文庫)
親戚に読んでみたらと勧められた本。

オススメ書籍・仕組み・段取り・時間術 (未読2冊)
01:マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
(『スラムダンク勝利学』みたいに、『灰と幻想のグリムガル』をビジネス書的に紹介できたら面白いな、と思って購入)
02:プロが教える 「15分掃除」がわが家を変える! (特選実用ブックス 暮らし)
整理整頓のために購入。ザックリとは読了済なものの、レビューするほど読み込むには至らずってカンジ。

オススメ書籍・対人・コミュニケーション (未読3冊)
01:催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える
(ネットで注文して、失敗だったかなと思ったけど、メンタリストDaigoの書籍の参考文献に載っていたので、やっぱり読んでみるか検討中)
02:コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)
ネットでの評判が良かったので、コミュニケーション能力を高めるために購入。著者の作品をほかに何作か読んでいますが、結構良かったのでこの本も楽しみにしています。
03:「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)
ネットで評判が良いようなので購入。

オススメ書籍・勉強・読書術 (未読1冊)
01:考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
(途中まで読んで、放置。いつかきちんと読みたいけど、当分未読のまま)

オススメ書籍・社会 (未読1冊)
01:君主論 (講談社学術文庫)
サイコパス関連の本を読んだとき、サイコパスとマキャベリズムって似ているんじゃないかと思い、興味が湧きました。
よいこの君主論 (ちくま文庫)』などを読みました(感想はコチラ)が、ホンモノも、薄いし読めそうだと思いネットで購入したものの、やっぱり読むのがしんどかったので、売却を検討中。でしたが、普遍的な本なのでやっぱり手元に残すことにしました。

オススメ書籍・創作術 (未読2冊)
01:決定版 幻想世界の職業FILE
(ファンタジー小説書くのに役立つかな?と思って。)
02:新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術
(子どもに読ませようかと思ったけど、あんまり興味を示さなかった。)

オススメ書籍・小説(未読0冊)
XX:境遇 (双葉文庫)
読了済(感想は後日改めて)
XX:後催眠 完全版 (角川文庫)
読了済(感想はコチラ

今までの積読の合計 13 冊

続いて、今回追加する積読です。

続きを読む

広島と東京のベストセラーズ 9/4

どうも、緒浅丸です。
9月最初の、広島と東京のベストセラーランキングのご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(ジュンク堂書店広島駅前店)
 1.村上海賊の娘 1

 2.赤ヘル1975

 3.広島はすごい

 4.コンビニ人間

 5.村上海賊の娘 2

 6.水不足のサバイバル

 7.どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

 8.嗤う名医

 9.村上海賊の娘 3

10.強父論

東京ベストセラーズ(三省堂書店神保町本店)
 1.コンビニ人間

 2.鋼のメンタル

 3.戦争まで

 4.危険なビーナス

 5.捨てられる銀行

 6.罪の声

 7.2017年世界の真実

 8.室町無頼

 9.最強の働き方

10.日本会議の正体

青春文学館
キケン
(高3女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングはコチラ↓↓

今年はほんとにリーグ優勝はありそうな気がしてきました。

東京のランキングはコチラ↓↓

「グリコ森永事件」を題材とした小説だそうです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

家裁調査官は見た──凝り固まった家族の絆をほぐす本

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:家裁調査官は見た
著者名 :村尾泰弘
初版発行:2016年7月20日
ページ数:206P
定価  :720円+税
出版社 :新潮社
形式  :新書(新潮新書)

目次
はじめに──夫を毛嫌いするミサコの訴え
第1章 感情転移という「怪物」
第2章 知的エリート女性の挫折と暴力
第3章 薬物は「家族」の代用品
第4章 「家族神話」のダークサイド
おわりに──キレること、切れているということ

リアル書店で見かけてパラ見した時、感じるものがあって購入しました。

著者の村尾泰弘氏は、家裁調査官として離婚や少年非行など多くの家族問題に関わった後、立正大学社会福祉部教授になられた方で、現在では臨床心理士、家族心理士としても活躍されています。

この本は、その著者の長年の経験をもとに、本来は安らぎの場であり支えあいの場であるはずの家族が、何故ひとりひとりを縛る「しがらみ」に堕してしまう事があるのかを考え、しがらみを乗り越えるためにはどうすればよいかを探っていきます。
また、それと同時に、家裁調査官の仕事とはどういうものなのかということも解説しています。

自分的には掘り出し物の良書でした。法律的・社会的なことより、心理学的なことが多く書かれていて、具体的な事例をもとに、ぎすぎすした家族のしがらみを解きほぐすためのヒントをいくつも見つけることができます。

ただ、個人的には、題名で損をしている印象を受けました。この本を本当に必要とする人は、「自分は家裁にいっちゃうかも」なんて考える余裕もないほど追い込まれている筈です。だから、副題の『家族のしがらみ』のほうが良かったのではないかと思いました。それから、おどろおどろしい帯のコメントもマイナスだと感じました。

家族の付き合い方が見直せる一冊です。家族といることに息苦しさを感じている人なら、解決のヒントが見つかるかもしれません。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

精神的に深いダメージを受けたり、精神的に疲弊している人に、「大丈夫?」と訊いてみたとする。意外なことに、もう限界に達している人に限って「大丈夫」と答えたりするのだ。P25

彼女自身には立ち直りたい気持ちがあるにもかかわらず、父親の憎しみゆえに、立ち直るわけにはいかないのだ。P38

自分の不貞願望を配偶者に投影して、つまり鏡のように映して、配偶者こそが不貞をしているのではないかという嫉妬に駆り立てられていることも起き得るのだ。P58

妬みは、他人のもっているものを欲しいという強い欲求を基本にしているのに対し、嫉妬は、逆にすでにもっているものを失うのではないかと恐れる不安を根源とする。P60

この夫婦の間では夫は酒を飲む役、妻は叱る役という役割がパターン化しており、妻が叱れば叱るほど、夫はますます酒を飲むという、一種の悪循環が形成されているのだ。P67

酒をやめない夫と別れない妻の言い分に「優しいところもあるしね」というものがあった。P72

新たな児童虐待は、パーフェクト主義の裏返しとしての無力感により起きていた。P84

育児不安や育児ノイローゼの親の多くは、いわゆる孤軍奮闘型が多い。P86

グリム童話の「白雪姫」も母子分離のテーマとして読むことができる。P91

思春期における子どもの暴力と母親のしがみつきの強さは、ある意味で正比例するのだ。P97

女児というのは、ここまで父親を嫌悪しなければならないほど、深層心理においては父親との結びつきが強いのだ。P99

攻撃行動が起こる場合は必ず欲求不満が存在していると予測されるし、逆に欲求不満が存在するならば、それは必ず何らかの形での攻撃を生じさせるという。P109(※欲求不満-攻撃仮説)

あの人は甘えさせてくれるのではないか、あの人は愛してくれるのではないか、そういう願望を相手に向け、思慕するのだが、その期待が裏切られると、今度はその人に強い攻撃を向けることになるP111

数人でシンナーを吸い、酩酊すると、「手から光線を発して、相手にぶつけて」遊ぶP126
(※幻覚の共有化)

「やりたいやつは、勝手にやればいい」という投げやりな態度が大勢をしめているのだろう。他人に対する無関心である。P132

家族のためによかれという思いこみが、結果として不幸をもたらす逆説的悪循環が起きている。P150

恨みや攻撃性は形や向きを変えるものP151

人間は二者関係が破綻し始めると、そこへ第三者を引っ張り込んで、自分が優位に立つかたちで問題解決をはかろうとするP154

様々な話題で家族討論を行った。例えば、夏休みの過ごし方、週末の過ごし方など、その時その時の話題について話し合うのである。P158

今困っていることを想定してみよう。最悪の状態を1として、最良の状態を10としてみると、今はいくつだろうか。なぜ、そう考えるのか、自分自身で考えてみよう。P166

ナラティヴ・セラピーとはこのように物語の書き換えを考える心理療法だ。P169

結局は、この人が自分自身の影の部分、お金の問題を同僚に投影して嫌っていることが解ってくる。P180

親は自分の影を見たくないものとして、無意識の中に封じ込めている。ところが、子どもの言動に、これに関連するようなものが見て取れた場合、親は必要以上に、子どもの言動を「悪」とみなし、叱責等を繰り返すことになる。P183(※似なくていいところばかり親に似る)

こころの中にわだかまっている相手を想定して、その人に向けて手紙を書いてみよう。P187

過去は変えることができない。それは事実関係としての過去である。事実は変えられなくても、人生に対する事実の「意味」は変容する。P193

子どもたちの孤立化や社会性の欠如が、昨今の青少年の荒れたこころの背景にあるのではないかP200

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
金融系40代サラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしていきます。

mail:minahosi@infoseek.jp


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター