カウンセラー──現代社会の問題を抉り出す、サイコサスペンスの第二弾

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:カウンセラー
著者名 :松岡圭祐
初版発行:平成20年7月25日
ページ数:402P
定価  :629円+税
出版社 :角川書店
形式  :角川文庫

目次
闇市

臨床心理士
家族
面接室
明滅
金きり声
報道
精神分析
衝動
障害
少年
遺族
夢遊状態
ピアノ
実名
伝授

ラポール
九ミリ弾
三拍子
興奮
触覚
制裁
偽造紙幣
交感神経
誘い
演奏会
音色
境界例
昼下がり

催眠術の技術について詳しく書かれた小説という評判を見かけ購入。
シリーズものの第二弾です。

著者の松岡圭祐氏は、探偵の探偵シリーズや鑑定士シリーズなどでお馴染みのベストセラー作家です。このシリーズの第一弾『催眠』でデビューされました。(『催眠』の感想はコチラ

カリスマ音楽教師の家族が13歳の少年により惨殺され、復讐の念に狂い暴走するお話です。

前作と比べ、格段に文章がうまくなっていて、非常に読みやすかったです。
しかも内容も重厚で、かなり悲惨な事件と復讐の様子に、少年法について考えさせられてしまいました。
特に、家族を失った喪失感の描写が圧巻で、臨場感がありすぎて、もし自分の身に降りかかったらと思うとぞっとしました。

ただ、後半の展開は雑になった印象が否めないです。もっと丁寧に描いてほしかったので残念でした。

ですが、けっして物語が尻すぼみになりつまらくなってしまうわけではありません。
きちんと物語の幕引きがされ、十分傑作と言える内容でした。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

広島と東京のベストセラーズ 6/26

どうも、緒浅丸です。

もうすぐ6月も終了ですね。
やはり梅雨の時期だからか、雨の多い一か月だった気がします。

さて、広島と東京のベストセラーランキングのご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(紀伊国屋書店広島店)
 1.[生声CD&電子書籍版付き] オバマ広島演説

 2.広島はすごい (新潮新書)

 3.夢幻花 (PHP文芸文庫)

 4.捨てられる銀行 (講談社現代新書)

 5.天才

 6.はじめてのスマホ―バッチリ使いこなそう (趣味どきっ!)

 7.紅霞後宮物語 第四幕 (富士見L文庫)

 8.黄金の烏 (文春文庫)

 9.貸借 百万石の留守居役(七) (講談社文庫)

10.陰陽師 蒼猴ノ巻 (文春文庫)

東京ベストセラーズ(八重洲ブックセンター本店)
 1.SHIP 医療の現場を支え続けるシップヘルスケアグループ成長の軌跡

 2.小さな会社でもできた! 残業ゼロの労務管理 Labor Management for Zero Overtime

 3.日本一心を揺るがす新聞の社説 3

 4.坂口健太郎ムック「坂道」 (集英社ムック)

 5.未来の幸せと富を先取りする

 6.不退転 尾崎直道 魂の自伝

 7.言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

 8.捨てられる銀行 (講談社現代新書)

 9.[生声CD&電子書籍版付き] オバマ広島演説

10.日本会議の研究 (扶桑社新書)

青春文学館
みんな、ひとりぼっちじゃないんだよ
(高2女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングはコチラ↓↓

今更スマホの使い方の本なんてと思っていましたが、NHKのテキストだったんですね。
知ったかぶったしてますが、実は自分もあまりスマホ使いこなせていないデス……

東京のランキングはコチラ↓↓

最近めっきり、残業にうるさくなりました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

マンガでよくわかる怒らない技術──アンガーマネジメントで「怒られない技術」に応用可能かも?

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:マンガでよくわかる怒らない技術
著者名 :嶋津良智 著 星井博文 漫画原作 アサミネ鈴 作画
初版発行:2016年3月15日
ページ数:203P
定価  :1300円+税
出版社 :フォレスト出版
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
登場人物紹介
はじめに
プロローグ 「怒らない技術」で人生は変わる
POINT 01 帰らるもの、変えられないものを見分けよう
POINT 02 自分の感情が怒りを生む
POINT 03 怒りをコントロールするメリット

第1話 「怒るか」「怒らないか」を決めているのは自分自身
POINT 04 目の前の出来事には何の意味もない
POINT 05 「怒るか」「怒らないか」を決めているのはあなた自身
POINT 06 人の責任にすることをやめる
POINT 07 アンガーログを取る

第2話 「第一感情」と「価値観の眼鏡」が怒らない技術のカギ
POINT 08 イライラや怒りは第二感情、まず第一感情を探す
POINT 09 価値観の眼鏡をかけかえる
POINT 10 魔法の呪文をもつ
POINT 11 怒らないと職場が元気になる

第3話 怒らずに気持ちが伝わる「4つのポイント」
POINT 12 目の前の状況が変わればストレスはなくなる
POINT 13 気持ちを伝えあう大切さ
POINT 14 変えられることに焦点を当てて状況を変える

人生をうまくいかせる「3つのルール」
POINT 15 人生をうまくいかせる「3つのルール」その1 命と時間を大切にする
POINT 16 人生をうまくいかせる「3つのルール」その2 思ったとおりにいかないのは楽しいこと
POINT 17 人生をうまくいかせる「3つのルール」その3 成功できなくても必ず成長できる
エピローグ
おわりに

発売されてすぐ本屋で見かけ、マンガで読みやすそうだし、感情のコントロールは大事だしと思って即購入したものの、しばらく積読になっていた本です。

著者の嶋津良智氏は教育コンサルタントで、早稲田大学の講師もされています。
かつてはITベンチャー企業で「KKDマネジメント」(「恐怖」「脅迫」「ドツキ」)を行っていましたが、それではチームの成績をトップクラスに保つことはできないと気づき、現在では怒らない技術を活用しているそうです。

本書は、その著者が累計90万部を突破した『怒らない技術』シリーズをマンガ化したものです。
マンガの主人公は、食品会社の営業部で働く入社4年目の女子社員で、新商品のリーダーを任されますが、部下が思うように動いてくれず、毎日イライラしたり、怒ってばかりいます。しかし、「怒らない技術」を知り、仕事で実践することにより、徐々に部下の仕事ぶりやチームの雰囲気が好転していくといった内容です。

この手の作品の常で、マンガでストーリーが進んだ後、ポイントとなる部分の説明が入る構成になっています。
ストーリ展開が判りやすいのはもちろん、絵柄も好感が持ててとても読みやすかったです。

いろいろ勉強になりましたが、個人的には、怒りが第二感情で、その前に第一感情があるというのが特に印象に残りました。

実は自分の場合、怒るより怒られることの方が多いので、『怒らせない技術』として応用していこうかなと思っています。

さらに、本を購入された方には、読者限定特典の2つのプレゼント、
『もうひとつの「怒らない技術」』と『「アンガーログ」どこでもシート』もGETできちゃいます。

興味を持たれた方はぜひ購入してみてはいかがでしょう?

それでは最後に、個人的に気になったフレーズです。

イライラしていなかったら、別の対応ができたのではないでしょうか。P29

起こっている問題に対して、「原因をつくったのは私ではありません」と主張しているだけで、事態を前に進めようという発想で発言や行動をしていないのです。P33

心や感情をコントロールできれば、人生はコントロールできます。P62

気分がいいと、起きた出来事をプラスに受け取ります。その状態でプラスの意思決定をして、プラスの行動を起こし、プラスの成果につながります。P65

ノートや日記、メモなどを使って「アンガーログ」(怒りの記録)をとるのです。P73

「あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ」と追い込まれ、慢性的にイライラするようになるP77

怒りは第二感情といって、その背景に第一感情があるんだP82

自分にとって都合のいい意味付けをするのではなく、のちのち後悔のない、自分がほしい成果に対して必要な意味づけをすることが必要です。P118

上機嫌は上機嫌を呼び、不機嫌は不機嫌を呼びます。P120

「疲れた」「時間がない」「忙しい」は禁句P122

怒らないからストレスが溜まるんじゃない いつまでも目の前の状況が変わらないからストレスが溜まるんだP129

怒るのではなく『課題を解決する』という気持ちで接するP130

最後に必ず、「いろいろ話したけれど正直な気持ちです。どう思ったか、聞かせてくれませんか」と相手の気持ちを聞くことにしています。P145

相手のよいところ、すばらしいところを探し、口に出して相手に伝えるP152

嫌いな上司とうまく付き合っていくには、上司の思考を知ることです。P156

頑張って努力をすれば成功が手に入るかわからないが成長は必ず手に入るP176

苦しみから脱出するための試行錯誤こそが成長のエネルギーなのです。P191

人は結果から学ぶことはありません。人はプロセスから学ぶ生き物です。P193


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

夢幻花──「黄色いアサガオ」を巡る殺人事件

どうも、緒浅丸です。
ここしばらく、小説ばかり読んでいます。
実はファイナンシャルプランナーの試験があり、その試験勉強の合間の息抜きに
読んでいました。
今日ご紹介するのも、ミステリ小説です。

今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:夢幻花
著者名 :東野圭吾
初版発行:2016年4月16日
ページ数:476P
定価  :780円+税
出版社 :PHP研究所
形式  :文庫(PHP文芸文庫)

実家から借りてきた本。現在もベストセラーにランクインされているし、〝旬〟な作品かと思い、読んでみました。
著者は、今更ご紹介する必要がないほど有名なベストセラー作家の東野圭吾氏です。

この本は、柴田錬三郎賞を受賞した作品で、花を愛でながら余生を送っていた老人が、何者かに殺され、その真相を孫娘と原子力工学を学ぶ大学院生が探るといった内容です。

さすがベテラン作家の方で、葬式のシーンや捜査本部のシーンなどは、すごく書き慣れている印象を受けました。
ただ、読みやすいのですが、夢幻花についての謎は、割と早い段階でわかっちゃいました。
犯人の正体は意外でしたが、動機が平凡だったので「ふーん」って感じ。
本筋だけなら半分のボリュームで済んだ内容だんじゃないかと思います。

帯に「こんなに時間をかけ、考えた作品は他にない」とありますが、きっと面白くするのに四苦八苦したのでしょう。
読みやすくて上手だけど、正直なところ、著者の他の傑作と比べるとイマイチな感じでした。
「お蔵入り」だけはしたくないという意地だけで書き上げたのかも知れませんね。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 6/19

どうも、緒浅丸です。

広島と東京のベストセラーランキングのご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(紀伊国屋書店広島店)
 1.[生声CD&電子書籍版付き] オバマ広島演説

 2.捨てられる銀行 (講談社現代新書)

 3.天才

 4.夢幻花 (PHP文芸文庫)

 5.はじめてのスマホ―バッチリ使いこなそう (趣味どきっ!)

 6.神去なあなあ夜話 (徳間文庫)

 7.黄金の烏 (文春文庫)

 8.植物図鑑 (幻冬舎文庫)

 9.英会話しながら広島ガイド

10.陰陽師 蒼猴ノ巻 (文春文庫)

東京ベストセラーズ(くまざわ書店池袋店)
 1.スパルタ婚活塾

 2.食べようびMOOK ゆる自炊BOOK (オレンジページブックス)

 3.「自分を変える」には2週間しかいらない

 4.言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

 5.嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 6.コーヒーが冷めないうちに

 7.天才

 8.子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが

 9.夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

10.ライザップごはん 決定版 おうちで簡単!

青春文学館
名のないシシャ (角川文庫)
(高3女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングはコチラ↓↓

これ以降、原爆資料館の観光客の数が増えたそうです。

東京のランキングはコチラ↓↓

ダイエットの味方にどうかなと思って。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

パニッシュメント──身悶えするプチ暗黒系青春小説

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:パニッシュメント
著者名 :江波光則
初版発行:2011年2月23日
ページ数:343P
定価  :629円+税
出版社 :小学館
形式  :文庫(ガガガ文庫)

目次
1:SKIPPED BEAT
2:I Will Catch U
3:Daydream Believer
4:夢のまた夢

どこかの書評ブログで評価が高かったので読みたくなってGetしたものの、しばらく積読になっていました。
著者の江波光則氏の作品は、以前『ストレンジボイス (ガガガ文庫)』を読みましたが、ダウナー系のテイストで、読む人を選ぶ感じだった記憶があります。

この本もダウナー系の内容で、ラノベと思って油断していたら、モロに鬱気分になっちゃいました。
新興宗教の教祖を父持つ高校生が主人公の、「神の不在」と「父殺し」がテーマになっている作品です。

数ページ読むたびに、いろんな意味で身もだえしたくなる展開が出てきます。
Mっ気のある男子ならある意味ハーレムな展開なのかも?

宗教ネタ、洗脳ネタが好きな方なら、あくまでラノベと割り切って読めば十分楽しめると思います。
ダウナー系のラノベ作品が好きな方にもオススメです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

Bボーイサラリーマン──EXILEの原点が感じられる自伝的エッセイ

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:Bボーイサラリーマン
著者名 :HIRO
初版発行:平成21年4月40日
ページ数:217P
定価  :457円+税
出版社 :幻冬舎
形式  :文庫(幻冬舎文庫)

目次
はじめに
第一章 ジェネレーション・ギャップ
第二章 ディスコへの道
第三章 いまを生きる?
第四章 思いは叶う
第五章 Bボーイサラリーマン
あとがき

幻冬舎文庫創刊20周年で『EXILE/三代目JSBの岩田剛典さんが思い入れのある4冊』の中にあった本です。
書店でパラ見したときに目についた

『スーツでなければ入れてもらえないディスコに、わざと短パンとサンダルで、でもフェラーリで乗りつけたり……』

のフレーズで購入を決めました。
著者のEXILEのHIRO氏は1969年生まれで自分と同世代です。最近読んだ『闇経済の怪物たち グレービジネスでボロ儲けする人々 (光文社新書)』の時に感じた、『同じ時代を生きたはずなのにまるで違う人生』に惹かれたのです。

この本は、EXILEグループの創成期について自伝的に綴ったエッセイです。
EXILEのリーダー・HIRO氏についての前半生についてざっくり書かれていますが、〝Bボーイサラリーマン〟のスタイルについては、あまり書かれていません。

10年以上前に書かれた本なので、当時はEXILEグループがここまで大きくなるとは想像できなかった筈ですが、にもかかわらず、内容の端々にトップに立つ人のコツのようなものが秘められている感じがします。

野心を秘めた方は一読すると共感できる部分があるかも知れません。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 6/12

どうも、緒浅丸です。
最近、休日の度に雨模様な気がします。
天気がどんよりとしているので、気持ちまで引きずり込まれそうになりますが、
元気を振り絞るようにしようと思います。

さて、広島と東京のベストセラーランキングのご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(紀伊国屋書店広島店)
 1.自力で免疫力を上げる!○と× (TJMOOK)

 2.夢幻花 (PHP文芸文庫)

 3.死の舞い: 新・古着屋総兵衛 第十二巻 (新潮文庫)

 4.世界最古の「日本国憲法」―徹底検証・憲法

 5.捨てられる銀行 (講談社現代新書)

 6.羊と鋼の森

 7.あなたがもし残酷な100人の村の村人だと知ったら

 8.天才

 9.嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

10.夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

東京ベストセラーズ(三省堂書店神保町本店)
 1.夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

 2.日本会議の研究 (扶桑社新書)

 3.言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

 4.東京どこに住む? 住所格差と人生格差 (朝日新書)

 5.羊と鋼の森

 6.壊れた地球儀の直し方 (扶桑社新書)

 7.天才

 8.自分を操る超集中力

 9.日本会議とは何か: 「憲法改正」に突き進むカルト集団 (合同ブックレット)

10.日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党

青春文学館
植物図鑑 (幻冬舎文庫)
(高3女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングはコチラ↓↓

昔、『世界がもし100人の村だったら』という絵本がありましたが、それの亜流でしょうか?
現在の日本の様子がざっくりわかりそうで興味があります。

東京のランキングはコチラ↓↓

広島のランキングでも10位に入っていました。
芸人で芥川賞作家である又吉氏の初の新書です。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

世界を動かす巨人たち──歴史を動かす「個人」の人物像

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:世界を動かす巨人たち
著者名 :池上彰
初版発行:2016年4月20日
ページ数:222P
定価  :740円+税
出版社 :集英社
形式  :新書(集英社新書)

目次
はじめに
第一章 東西対立を再燃させる男 ウラジーミル・プーチン
第二章 第二の「鉄の女」 アンゲラ・メルケル
第三章 アメリカ初の女性大統領をめざす ヒラリー・クリントン
第四章 第二の「毛沢東」か 習近平
第五章 独裁化するレジェップ・タイイップ・エルドアン
第六章 イランの「最高指導者」 アリー・ハメネイ
権力に魅入られた実力者たち──あとがきに代えて
主要参考文献
関連年表

「闇経済の怪物たち」を読んだ時、一章ごとに一人の人物について語るスタイルの新書がスキマ時間にサクッと読めていいと感じ、同じようなスタイルの本を探していました。
そんな折、依然ペストセラーにも入っていたこの本が目に留まり、今読むのが旬だと思い、購入を決めました。

著者は、テレビの司会などでもお馴染みのジャーナリスト、池上彰氏です。

この本は、現代政治における主要登場人物とでもいうべき6人の政治家を取り上げ、彼らの思想と行動を理解して、今後の歴史がどのように動くか考えるための一冊です。
6人の人物は、ロシアのプーチン、ドイツのメルケル、アメリカのヒラリー、中国の習近平、トルコのエルドアン、イランのハメネイといった、そうそうたる顔ぶれです。

どの人物の話も、とても興味深かったですが、個人的に一番印象に残ったのは、ロシアのプーチン大統領でした。ソビエトのスパイ出身の彼の半生は、まるで英雄譚のように波乱万丈に思えました。
また、いままであまり知らなかったトルコの大統領の話も勉強になりました。

世界情勢を勉強している人なら読んで損のない一冊です。
ただし、読むなら早い方がいいと、個人的には思います。
何故なら、ここに登場する人物の半分ぐらいは、10年後には歴史の表舞台からは消えているかも知れませんから。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

二○一五年三月、ロシアがウクライナのクリミア半島を併合して一年になるのを機にロシア国内で放送されたテレビ番組で、プーチン大統領は、「核戦力を臨戦態勢に置く準備をしていた」と語りました。P16

ドイツ軍によるレニングラード包囲と、東ドイツの崩壊。どちらもプーチンにとってのトラウマになったはずです。P26

主君に殉ずるという姿勢は、スパイにとって、大事な資質です。P27

豊富な資源を国家の管理下に置くことの重要性を論じたものです。P29

プーチンを引き立てた富豪のボリス・ベレゾフスキーは、安全保障会議副書記など政府高官の地位を確保。エリツィンの次女とも強い結びつきを持ち、「政商」や「政界の黒幕」の名をほしいままにしました。P37

政府に歯向かわなければ優遇する一方、少しでも逆らえば追い詰める。エネルギー関連事業は、国営企業に集中させる。これが、プーチンが描いたロシアのビジョンだったのです。P38

二○一六年一月、イギリス内務省の調査委員会は、リトビネンコの暗殺についてプーチンが承認していた可能性があるとする報告書を公表しました。P42

二期八年プラス二期一二年の計二○年の長きにわたり、大統領を務める可能性があるのです。P47

二○○九年に発覚したギリシャの財政赤字隠しは、イタリアやスペインなどに飛び火して、ユーロ危機を引き起こしました。P58

たとえ恩人であろうと、悪いことは悪いこと。P67

メルケルの外交政策で特筆すべきは、二○○八年のイスラエル訪問でしょう。P69

日本で事故が起きると、わずか四日後には、三カ月間の「原子力モラトリアム」を発動しました。P71

友好国の指導者の携帯電話まで盗聴していたことが判明P75(※アメリカのNSA)

メルケルが試合に熱狂する姿をテレビで見た国民は、メルケルに好意を寄せます。P80

「自分のことは自分で守る」。政治の世界に出て行ったヒラリーは、まさに母親の言いつけを守り抜くのです。P85

ニクソン大統領が再選を果たした大統領選挙で、民主党本部に盗聴器を仕掛けるなど共和党が行った一連の工作にニクソン大統領本人が関与していた疑惑が浮上していました。P90(※「ウォーターゲート事件」アメリカ人は盗聴がお好き?)

アメリカの大統領候補は、ワシントン政治の垢にまみれた人物が嫌われ、州知事など新鮮なイメージの政治家が好まれていたからです。P91

これ以降、アメリカの政治家の「臍から下」の行動も大きく報道されるようになります。P108(※クリントン大統領の不適切な関係)

オバマ陣営は、誰でもネットで小額から政治献金ができるシステムを構築。ヒラリーを圧倒したのです。P115

地域の振興大国であり、ASEANの中心であるインドネシアP118

中国共産党は、日本のメディアで「事実上の一党独裁」と表現されます。P128(※中国には共産党のほかに8つの政党が存在するが、それらには党の綱領に「中国共産党の指示に従う」と明記されている)

実質的には七人の常務委員が、一三億人の国家を動かしているのです。P129

血筋と派閥がものを言う。これが現代でも中国政治の特徴です。P132

宗教も否定し、各地の歴史のある寺院が破壊されました。とりわけチベットでは、チベット仏教を否定し、紅衛兵たちが寺院や仏像、仏典を破壊して回りました。P136(※イスラム国みたい)

不文律は、文字になっていないからこそ不文律。その気になれば、これを破ることができます。P156

自分たちの代表を自分たちの選挙で選ぶという不満解消の「ガス抜き」の仕組みがないため、蓄積された不満は、あるとき突然大爆発を起こします。P165

自らの民族のことを「偉大」と言い出すと、危険信号が灯ります。P167

ケマルは、オスマン帝国の崩壊を目の当たりにして、欧米のような近代国家の建設をめざしたのです。P177

建国の父が酒好きなのですから、トルコではイスラム教徒が圧倒的多数にもかかわらず、おおっぴらに飲酒をする人も多いのです。P178

首相から大統領になり、首相には自分に忠実な人物を据える。ロシアのプーチン大統領と同じことをしたのです。P182

ロシアのプーチン大統領が、かつてのロシア帝国の郷愁に駆られ、中国の習近平国家主席が、明の時代に憧れるように、エルドアン大統領は、強大なイスラム帝国だったオスマン帝国の再興を夢見ているのです。P183

安倍晋三首相とは日本とトルコの合作映画を一緒に並んで鑑賞するなど、なぜかウマが合うエルドアン大統領。P186

一方、脅威を感じたのが、同じく中東の大国サウジアラビアです。P189(※2016年に欧米諸国がイランに対する経済制裁を解除したことに関して)

イスラム色が薄かったり、民主化志向だったりする人物は、そもそも大統領選挙に立候補できないのです。P198

今後、イランは、どこへ進もうとしているのか、その動きの背後には、姿を隠したハメネイ氏の思惑があるのです。P203

その幼少期から辿っていけば、彼らの人となりはわかってきますし、どのような態度や行動に出るかも推測できるのです。P208


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

6月初頭現在、昨年12月締めでの積読消化状況の報告

どうも緒浅丸です。
本日2本目の記事は、積読消化状況の報告です。
昨年12月締めの6月時点での積読の消化状況です。

オススメ書籍・夢設計(未読4冊)
01:アインシュタイン・ファクター
(ちょっとつまみ読みして放置。積読ままかも→でも、先日文庫化になっていたの見かけたからやっぱり読むかも?)
02:あなたの天職がわかる16の性格
(読書中断中…対応考え中。読まずに売り飛ばそうかと考えたけど、性格分類方法が結構斬新でよさげなのでやっぱり読もうか思案中)
03:3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす
(『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』に紹介されていた書籍。先日、ブックオフで見かけてゲット。なんと105円。)
04:運を味方にする達人 (PHP文庫)
親戚に読んでみたらと勧められた本。

オススメ書籍・仕組み・段取り・時間術 (未読2冊)
01:マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
(『スラムダンク勝利学』みたいに、『灰と幻想のグリムガル』をビジネス書的に紹介できたら面白いな、と思って購入)
02:プロが教える 「15分掃除」がわが家を変える! (特選実用ブックス 暮らし)
整理整頓のために購入。ザックリとは読了済なものの、レビューするほど読み込むには至らずってカンジ。
XX:上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)
読了済(感想はコチラ

オススメ書籍・対人・コミュニケーション (未読4冊)
01:催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える
(ネットで注文して、失敗だったかなと思ったけど、メンタリストDaigoの書籍の参考文献に載っていたので、やっぱり読んでみるか検討中)
02:コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する (知恵の森文庫)
ネットでの評判が良かったので、コミュニケーション能力を高めるために購入。著者の作品をほかに何作か読んでいますが、結構良かったのでこの本も楽しみにしています。
03:「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)
ネットで評判が良いようなので購入。
04:あなたにもできる! メンタル・マジックで奇跡を起こす本 (KAWADE夢文庫)
ブックオフでゲット。心理術的なものかと思ったら、ガチでマジックの本でした。
不意にマジックが披露できたらカッコいいかもと思って手元に置いていましたが、当分読みそうにないので売却を検討中です。

オススメ書籍・勉強・読書術 (未読2冊)
01:考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
(途中まで読んで、放置。いつかきちんと読みたいけど、当分未読のまま)
02:ポーター教授『競争の戦略』入門 (ビジネスバイブル)
 いつかきちんと読みたかったでど、ずっと未読のままなので売却を検討中

オススメ書籍・健康 (未読1冊)
01:40代からの「太らない体」のつくり方
痩せるために購入。ザックリとは読了済なものの、レビューするほど読み込むには至らずってカンジ。
XX:50歳からでも遅くない! ミヤネ式 らくらくボディメイク法
読了済(感想はコチラ

オススメ書籍・社会 (未読2冊)
01:原発労働記 (講談社文庫)
(最初だけ読んで挫折。原発労働のことを知りたくて購入しましたが、最近の状況は『いちえふ』で判ったし、旬な内容でないので売却を検討中
02:君主論 (講談社学術文庫)
サイコパス関連の本を読んだとき、サイコパスとマキャベリズムって似ているんじゃないかと思い、興味が湧きました。『よいこの君主論 (ちくま文庫)』などを読みました(感想はコチラ)が、ホンモノも、薄いし読めそうだと思いネットで購入したものの、やっぱり読むのがしんどかったので、売却を検討中
XX:ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫)
読了済(感想はコチラ

オススメ書籍・創作術 (未読2冊)
01:決定版 幻想世界の職業FILE
(ファンタジー小説書くのに役立つかな?と思って。)
02:新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術
(子どもに読ませようかと思ったけど、あんまり興味を示さなかった。)

オススメ書籍・小説(未読5冊)
01:パニッシュメント (ガガガ文庫)
カルトラノベと評判なのでブックオフでゲット。以前は品切れでした。
02:微笑む人 (実業之日本社文庫)
実家で借りてきた本。
03:境遇 (双葉文庫)
実家で借りてきた本。
04:後催眠 完全版 (角川文庫)
05:カウンセラー 完全版 (角川文庫)
催眠術の技術について詳しく書かれた小説だという評判を見かけ購入。
小説として楽しめるのはもちろん、コミュニケーションスキルの向上にも役立てばいいと思っています。

未読本合計 18 冊

ちなみに、
印は優先的に読んでいこうと思っている本、
あとは積読が一年以上経過しているヤツです。(積読殿堂入りですね)

読みそうにない本の処分を検討していますがいまだ動けず。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 6/5

どうも、緒浅丸です。
6月に入り、こちらではさっそく梅雨入りしました。
読書にはちょうどいいかもしれませんね。

さて、広島と東京のベストセラーランキングのご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(紀伊国屋書店広島店)
 1.正義の法 (法シリーズ)

 2.性の道づれ

 3.捨てられる銀行 (講談社現代新書)

 4.思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)

 5.嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 6.夢幻花 (PHP文芸文庫)

 7.結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

 8.最後の晩ごはん 旧友と焼きおにぎり (角川文庫)

 9.日本会議の研究 (扶桑社新書)

10.死の舞い: 新・古着屋総兵衛 第十二巻 (新潮文庫)

東京ベストセラーズ(ブックファースト新宿店)
 1.正義の法 (法シリーズ)

 2.世界一わかりやすい 「公務員」の不動産投資術

 3.1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術

 4.東京どこに住む? 住所格差と人生格差 (朝日新書)

 5.日本会議の研究 (扶桑社新書)

 6.言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

 7.新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか (SB新書)

 8.使える地政学 日本の大問題を読み解く (朝日新書)

 9.戦旗不倒 アルスラーン戦記15 (カッパノベルス)

10.コーヒーが冷めないうちに

青春文学館
お任せ! 数学屋さん (ポプラ文庫 日本文学)
(中3女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングはコチラ↓↓

実は、密かに積読になっているんです(汗 

東京のランキングはコチラ↓↓

事業じゃない不動産投資の話みたいですね。
青色申告のメリットなしで得する話がどんなものなのか興味があります。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター