『海辺のカフカ』──中学生には早すぎるだろ的な傑作

どうも、緒浅丸です。
夏真っ盛り! 7月ももうすぐ終わりですね。
子供たちも夏休みに入り、近所ではさっそく夏祭りがありました。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:海辺のカフカ (上)・(下)
著者名 :村上春樹
初版発行:2005年3月1日
ページ数:上・486P 下・528P
定価  :上・705円+税 下・750円+税
出版社 :新潮社
形式  :文庫(新潮文庫)

長男が中学生になったのを機に、新潮文庫『2014 年「中学生に読んで ほしい30冊」』からチョイスしてネットで購入しました。

著者は大ベストセラー作家の村上春樹氏。自分も『ノルウェイの森』や『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』なんかを読んだ事があります。

さて、この本ですが、15歳の誕生日を機に家出をして四国の図書館に流れ着いた少年の物語であり、猫と交流できた老人、ナカタさんと星野さんの物語でもあります。二つの物語が交互に語られ、四国の高松にある甲村記念図書館で1つに重ね合わさります。
リアルに描かれる現実世界の中に、奇妙な現象が幻想的に差し込まれ、不思議な世界観が創られています。超絶的な意志の介入を匂わせたりして、なんだか舞台演劇っぽい演出だと思いました。

そして、ぶっちゃけ、こんなの中学生に読ませていいの?!って思っちゃいました。
生々しいセックスの描写が多すぎだし、クライマックスのあたりではグロい描写もあります。

物語もわざと歪にさせている感じがして読了後もスカッと爽快感がありません。

この著者の別の作品『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』のほうが、ずっと面白かったと思います。

テーマも父親の呪いから逃れる息子みたいだし、自分の息子にはオススメしにくい作品でした。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

老人喰い──『ギャングース』のアナザーストーリー?

どうも、緒浅丸です。
複数の本を並列して読んでいて、こちらが先に読了しました。

今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:老人喰い──高齢者を狙う詐欺の正体

著者名 :鈴木大介
初版発行:2015年2月10日
ページ数:238P
定価  :800円+税
出版社 :筑摩書房
形式  :新書(ちくま新書)

目次

はじめに
第1章 老人を喰らうのは誰か──高齢者詐欺の恐ろしい手口
第2章 なぜ老人喰いは減らないのか──(株)詐欺本舗の正体
第3章 いかに老人喰いは育てられるか──プレイヤーができるまで
第4章 老人喰いとはどのような人物か──4人の実例から見た実像
第5章 老人喰いを生んだのは誰か──日本社会の闇のゆくえ
あとがき


図書館で見かけた本。
『ギャングース』の原作の方の著作なので興味を持って借りてきました。

平均2000万円の預金を溜め込んだ高齢者を狙う詐欺『老人喰い』が、急速に進化しており、高齢者を騙すために合理化された組織が、どのような手口で、どのような心理で行っているのか、騙す側からの取材であぶりだしている書籍です。

興味深い内容でしたが、同時に、詐欺集団を美化しすぎているように感じました。
詐欺組織の素晴らしく合理化され、洗練されている様子が描写されてるけど、現実はそんな風にうまくいくわけねーだろ、と思っちゃいます。
実際、書籍の最後のほうではヤクザに介入されて組織が崩壊する様子が描かれています。
にもかかわらず、淘汰された後にはより強力な詐欺集団が誕生するようなことが書かれていますが、そんなことないと思います。

詐欺組織を株式会社に喩えていますが、淘汰された跡に強力な企業が生まれるならとっくに景気は回復してると思います。

ただ、詐欺スキルが営業技術に通じる部分があることは間違いないので、そういった面ではいろいろ参考になるところはありました。

また、老人喰い詐欺集団に対立する概念として、『マイルドヤンキー』をあげていますが、『マイルドヤンキー』が諦観層と位置づけている点にも首をかしげてしまいました。

あとがきで、
「奪われる前に与えていれば、こんなことにはならなかった」
とか書いているけど、詐欺集団だって自分の身内以外に分け与えたりしねーだろ、と思っちゃいます。分け与える(シェアできる)なら、それはマイルドヤンキーの属性です。飢えるあまりに詐欺集団に身を落とすことはなかったでしょう。
また、奪われる側に、与えるほど有り余っているという意識があるのかも疑問です。

感想を書こうとしたら、いろんな考えが頭に浮かび、まとまりがつかなくなっちゃったけど、それだけこの本には現代社会の問題点が詰め込まれているのかもしれません。

読みやすい本なので、一読してみてはいかがでしょう。
でも、『ギャングース』読んでいる人には、あるある話ばかりかも?

最後に、個人的に気になったフレーズです。

僕自身は72年生まれの第二次ベビーブーム世代で、苛烈な受験戦争世代で、就職氷河期世代だったが、いま思えばなんと恵まれていたのだろうと思う。P11

高所得やキャリアアップを狙う人生よりも、低所得でも周囲の同世代や親兄弟と支え合う人生に価値を見いだす層のことで、マーケティングアナリストの原田曜平氏(博報堂)が提唱したものだが、いわば彼らは「諦観層」だ。P12(※マイルドヤンキーのこと)

営業時間が朝11時から夜11時までというやる気のなさだ。P16(※地方駅前の非チェーン系カラオケボックス)

女性名で電話帳に登録されているということは、すでに配偶者の男性に先立たれている高齢女性である可能性が高い。P26

「詐欺のターゲットになりがちな高齢者」ほど、そのすべてに対して非常に丁寧に答え、なおかつ聞いてもいないことまで自発的に長時間に渡って話してくれるというのだ。P31

悪徳商法などの被害にあったが相談する相手がいなくて泣き寝入りしているなどという情報P32

不安に陥るターゲットに対して、キレ役がド迫力の大声で激昂し続けていることが、相乗効果となって現れてくる。

DM系業者の保有名簿リストを検索P46(※スゴい名簿がでてくるらしい)

将来の詐欺ターゲット候補として注目されるのはやはり「資産がある消費・投資行動などをしている人間」P52

「自己犠牲=属する集団のために身体を張る」ということに一般社会よりも遥かに大きな評価がある不良社会P78

例えば『50の失敗』。これは候補者を円座にして、ひとりずつ『人生で自分のやった失敗』を発表させるもの。(※ネガ研修)

稼いだ金は自分のためじゃなくて、人のために使えP155

結局俺ら親方がカッコ良くないから、若い衆が入んねぇんだなって。(建築や土木の親方衆の話)

元々アスリート気質で、しかも団体競技をやっていた山野君は、いわば生粋の詐欺プレイヤーP171

必要なのは、学力よりコミュ力P179

現代の表の稼業の中では、いくら頑張ったところで、いくら他を振り払うような勢いで突っ走ったところで、それに見合う報酬も将来も約束されない。P192

「詐欺OB」の中に、悲しいほど落ちぶれた男たちがいたP233

「奪われる前に与えていれば、こんなことにはならなかった」P238

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ&青春文学館 7/26

どうも、緒浅丸です。
もうすぐ7月も終わりですね。
ここしばらく読書にてこずって、3週連続ランキング紹介の記事になってしまいました(汗
本を読んでないわけではないんで(っつても小説だけど)、お待ちの方はもうしばらくご辛抱ください。

さて、それでは広島と東京のベストセラーランキング&青春文学館のご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(フタバ図書八丁堀店)

 1.まんがで語りつぐ広島の復興: 原爆の悲劇を乗り越えた人びと (小学館クリエイティブ単行本)

 2.火花

 3.ぴあ広島食本 (ぴあムック関西)

 4.家族という病 (幻冬舎新書)

 5.教団X

 6.一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

 7.天風録書き写しノート

 8.身近な人が亡くなった後の手続のすべて

 9.ありがとう。バディ 学校犬、その一生の物語

10.君の膵臓をたべたい

東京ベストセラーズ(八重洲ブックセンター本店)

 1.君の膵臓をたべたい

 2.へぇ、そうだったんだ!! 健康診断・病院検査のトリビア43ーーー賢い受診者になろう

 3.イノベーションは現場から生まれる

 4.「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

 5.劉邦(下)

 6.

 7.ハゲタカ外伝 スパイラル

 8.まるわかりインダストリー4.0 第4次産業革命 (日経BPムック 日経ビジネス)

 9.起業1年目の教科書

10.マンガでよくわかる ディズニーのすごい仕組み

青春文学館
   99のなみだ―涙がこころを癒す短篇小説集 (リンダブックス)
(中3女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングではコチラ↓↓

リアル書店でもチェックしてみたんですが、ちょっと現在の状況では読むのしんどいかなと思いつつ、やっぱり気になる1冊です。

東京のランキングで気になったのはコチラ↓↓

以前も気になったことがあったけど、やっぱり気になります。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ&青春文学館 7/19

どうも、緒浅丸です。
台風明けの3連休。なかびの今日は、あいにくの雨模様。
でも、この3連休は得に予定がなかったので、全然問題ありません。
ていうか、いつの間にか子供たちが夏休みに突入していたのにびっくりです。
最近、外に出ることも少なくなり、季節感をぜんぜん感じられません。

さて、広島と東京のベストセラーランキング&青春文学館のご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(フタバ図書八丁堀店)

 1.家族という病 (幻冬舎新書)

 2.天風録書き写しノート

 3.まんがで語りつぐ広島の復興: 原爆の悲劇を乗り越えた人びと (小学館クリエイティブ単行本)

 4.火花

 5.ぴあ広島食本 (ぴあムック関西)

 6.君の膵臓をたべたい

 7.「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

 8.一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

 9.百歳の力 (集英社新書)

10.ラプラスの魔女

東京ベストセラーズ(くまざわ書店池袋店)

 1.レディ・レッスン~ポジティブガールの教科書~

 2.X-girl Stages 2015 Fall 特別付録:ショルダー付きBIGトート&クラッチ (祥伝社ムック)


 3.傘をもたない蟻たちは

 4.ダレノガレ明美スタイルブック 『I'll give you my all』

 5.君の膵臓をたべたい

 6.日本映画navi vol.58 (NIKKO MOOK)

 7.ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック

 8.料理のきほん練習帳

 9.教団X

10.手間をかけずに この「ほめ言葉」が聞こえるレシピ

青春文学館
   ぼくらのマル秘学園祭 (「ぼくら」シリーズ)
(小6女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングではコチラ↓↓


広島で生きていくなら読んでおいて損のない本だと思います。

東京のランキングで気になったのはコチラ↓↓

児童文学『秘密の花園』は自分も好きな作品なんですが、まさか塗り絵でベストセラーになるとは予想外でした。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ&青春文学館 7/12

どうも、緒浅丸です。
7月も1/3が過ぎ、暑さが本格的になってきた気がしますね。
さて、広島と東京のベストセラーランキング&青春文学館のご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(フタバ図書八丁堀店)

 1.一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

 2.ぴあ広島食本 (ぴあムック関西)

 3.家族という病 (幻冬舎新書)

 4.天風録書き写しノート

 5.オールド・テロリスト

 6.火花

 7.百歳の力 (集英社新書)

 8.台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち? (ワニブックスPLUS新書)

 9.最強の広島カープ論 (廣済堂新書)

10.教団X

東京ベストセラーズ(三省堂書店神保町本店)

 1.ランチパスポート 神保町・水道橋・御茶ノ水Vol.2 (ランチパスポートシリーズ)

 2.「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

 3.絶歌

 4.火花

 5.一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

 6.元素生活(文庫版)

 7.ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)

 8.起業1年目の教科書

 9.魂の燃焼へ

10.ぼくらの民主主義なんだぜ (朝日新書)

青春文学館
   二塁手革命 (光文社新書)
(高3女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングではコチラ↓↓

日本と韓国の比較論的な書籍でしょうか?

東京のランキングで気になったのはコチラ↓↓

リアル書店で見かけたときからちょっと興味がありました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

権力を握る人の法則──権力者なら周知の事実?

権力を握る人の法則

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ


タイトル:権力を握る人の法則
著者名 :ジェフリー・フェファー
初版発行:2011年7月20日
ページ数:303P
定価  :1800円+税
出版社 :日本経済新聞出版社
形式  :単行本

目次
はじめに──「権力」を握る準備を始めよ
第1章 いくら仕事ができても昇進できない
第2章 「権力」を手にするための七つの資質
第3章 どうやって出世街道に乗るか
第4章 出る杭になれ
第5章 無から有を生み出す──リソースを確保せよ
第6章 役に立つ強力な人脈を作れ
第7章 「権力」を印象づけるふるまいと話し方
第8章 周りからの評判をよくしておく──イメージは現実になる
第9章 不遇の時期を乗り越える
第10章 「権力」の代償
第11章 権力者が転落する原因
第12章 権力闘争は組織とあなたにとって悪いことか
第13章 「権力」を握るのは簡単だ

この本の存在はネットの書評などで前々から知ってはいましたが、購入するほどの興味は惹かれなかったので放置状態でした。
ところが先日、たまたま近所の図書館で見かけたので、借りてきた次第です。

著者のジェフリー・フェファー氏は、スタンフォード大学ビジネススクール教授で、これまでに何冊もビジネス書を上梓し、またハーバード大学ビジネススクール、ロンドン・ビジネススクール、IESEなどで客員教授や講師を務めている方です。
自分はこの著者の本を読むのは初めてでしたが、プロフィールを見ただけで圧倒されそうですね。

この本は、その著者が、立身出世して人の上に立ち、「権力」を手にするためには、何を、どうすればいいのかを長年の調査研究をもとに順序だてて明らかにしていく本です。

いつの間にか出世街道から取り残されていた自分には、いろいろと勉強になりました。
いろいろ気になる部分はありましたが、個人的には自分に一番足りないのはネットワークなのかなと感じました。

自分は図書館で単行本版を読みましたが、現在は文庫版もあります。


興味がある人は読んで損はないと思いますよ。

最後に、個人的に気になったフレーズです。


意図的に失敗の確率を高めるような細工をしておけば、実際に失敗しても、自分の能力が低いせいでないと言い訳できる。P26(※セルフ・ハンディキャッピング)

上司がご満悦であれば、仕事の出来不出来はさほど問題ではないP33

個人の評価に影響するのは、仕事の成果よりも上司との関係性であるP35

記憶に残ることイコール選ばれることP40

覚えていない人を抜擢するなんて、できっこないのだから。P40

仕事で重視するのはどんなことか、自分に何を期待しているか、折に触れて質問しよう。P44

自己高揚動機P45

いささか不安を抱いている問題に関して痛いところを突いたら、上司の気分を害することはまちがいない。P45

上司がミスを犯したら、自分以外の誰かが指摘するように持っていく方がよい。P46

やってしまったことについてフィードバックするのではなく、これからやるべきことについて「フィードフォワード」を与えるP54

何らかの仕事に必要な専門知識を持っていない人は、自分たちが無能であることを理解するのに必要な情報も持ち合わせていないため、自分を過大評価するのである。P56

高い地位に到達する人と、そうでない人は二つの基本的な要素によって歴然と分かれる。それは、困難に挑戦しようとする意思、そしてその意志を目標達成に結びつけるスキルである。P58

エネルギーは怒りや満足感と同じく伝染する性質を持つ。P60

大事なのは「準備期間に労力を注ぎ込むこと」P61

チームに割り当てられた仕事のうち最も効果の高い五~一○%に集中することで、予算や人員を効率よく配分し、時間を有効活用できるP64

重要な会議の後や心に残る話を聞いたときは、必ず手帳に書き留める。P65

重要な決定事項や会議のほか、誰に会ってどんな話をしたか、それについて自分はどう考えたかを書き留めておくP65

権力や影響力を持っている人は自信たっぷりにふるまうので、逆に自身ありげな言動を見ると「この人にはきっと力があるのだろう」と考えやすい。P67

交渉力のトレーニングでは、勝ち負けより実利を得ることが大切P68

手強い相手にも堂々と渡り合えるなら、大半の人より優位に立つことが出来る。P70

組織内の権力分布と人間関係を正確に理解している人が最も大きな影響力を持つP86

キャリアをスタート(または再スタート)させるときには、やりたいことを臆せず要求する意志と、自分を「その他大勢」から際立たせる演出力がモノを言う。P95

頼まなかった場合も、頼んで断られた場合も、どちらも欲しいものは手に入らない。P96

この研究は、ちょっとしたことでさえ人にものを頼むのがいかに苦痛かを示した点でも、貴重である。P99

誰に書いてもらいたいかを決め、できるだけその人たちの自尊心に訴えかけるような方法で頼むP101(※著書の寄稿者を頼む場合)

自分と何かしら共通点がある人からの頼みには、OKする確率が高まるP102

成功して権力を手に入れたら、競争の心配は当面いらなくなるのだから、もう目立つ必要はない。P104

ルールというものは、作った人に有利にできている。P107

最も望ましいのは「愛され、かつ恐れられる」ことではあるが、片方しか選べないなら、愛されるより恐れられるほうが、地位と権力を維持するうえではるかに得策だP108

虫の好かない権力者の後ろ盾を必要としている人が、その権力者に友好的にふるまっているうちに、次第に好きになっていくということP112

行動と気持ちが不一致の場合には、気持ちの方を行動に合わせようとする。P112

自分の助けを必要としている仲間のために使えば、自分に忠誠を尽くす配下を増やすことができる。P115

上をめざす人は、できるだけ多くのリソースを直接コントロールできるポストを選ぶべきP117

リソースとは、お金、仕事、情報、有力者の後ろ盾、友人等々、仕事をするうえで、助けになるすべてのものを指す。P120

誰かを助ければ、その瞬間から持ちつ持たれつの関係ができあがる。P120

とくに便宜を図らなくとも単に公正で礼儀正しいだけでも、人は好感をもつものである。P121

仕事を手助けするのも、喜ばれる。P122

1 社内に知り合いを作る(例:社内行事を利用する)
2 社内の人脈を維持する(例:他部署に異動した同僚にときどき声をかける、食事する)
3 社内の人脈を活用する(例:他部門の同僚に仕事上の悩みを打ち明けアドバイスをもらう)
4 社外に知り合いを作る(例:社外団体の仕事を引き受ける、興味のある講演会やセミナーに参加する)
5 社外の人脈を維持する(例:同僚が社外の知人に会う場合、よろしく伝えてと頼む)
6 社外の人脈を活用する(例:社外に知人とお互いに役に立つ情報を交換する)P132

単に相手の記憶に残るだけで、選ばれるチャンスはぐっと高まる。P135

夏休みやクリスマスにカードを送る。P138

まずは知り合いになりたい人、なっておくべき人、コネをつくっておきたい組織のリストを作成するとよい。P139

上級管理職は、新聞広告や公募などの正規の方法よりも、紹介などによる採用が多い。P141

社会的な紐帯には、強い密着性はいらないP142

あなた自身のステータスを高める一つの方法は、高い理想を掲げ、社会的地位の高い人々が関心を持つような運動やプロジェクトを組織することであるP142

自分がネットワークの中心にいるかどうかは、何かことが起きたときにあなたに助けを求めに来る人がどれだけいるか、あるいはあなたに助けてもらうようアドバイスする人がどれだけいるかを調べてみればわかる。P145

自分に力があることを示すには、失望や罪悪感や後悔よりも怒りを表すほうが効果的である。P153

「まだそれほど偉大ではないのに、そんなに謙遜することはない」P163

必要な感情を演じるには、自分が実際にその感情を抱いた瞬間を思い起こし、そのときの状況に身をおいたつもりになるとよい。P164

多くの人が十分に力強い印象を与えられないのは、不安や動揺を抱えたまま話しはじめるからだと考えられる。P166

好印象を与えることのできる社員は評価が高く、仕事はできても冴えない印象の社員は評価が低いことがわかった。P176

採用面接やオーディションなど、自己アピールが求められている場面では、自分の能力を誇示し、自分を上手に売り込まなければならない。P190

自然発生的に、あるいはPRの専門家を使って評判が形成され、メディアに取り上げられるようになれば、大きな影響力を手にすることができる。P196

相手がなぜそう考えるのかを知り、相手の立場を理解することで、対立していた者どうしも互いに学ぶことができる。P198

反対者とうまくやる方法の一つは、相手を丁重に扱い、自ずと好意的な反応が出てくるようにすることである。P199

企業でも政府でも、それどころか非営利団体でも、何らかの権限を持っている人は、自分にとって有利な人、好意的な人、得になる人に報い、敵対的な人、不利になる人に報復するためにその権限を使う。P208

上をめざす努力が社会的に望ましい価値と結びついているときには、成功の確率は高くなるP209

あなたを応援し、さらには投資してもけっして無駄にはならない、と周囲に信じさせる必要がある。P216

大きな権力を伴う地位に就いたら、見張られるのは仕事ぶりだけではないことを十分わきまえなければならない。P218

人間は権力を握ると自分の正しさを過信しがちであることや、自分で自分の主張を信じ込みやすいことにも気づいていた。P228

喪失感にさいなまれていたときに支えになった座禅や精神修養に強く惹かれるP232

権力者は万事が自分の望み通りになることに慣れ、特別扱いされることを当然と思うようになる。P237

誰が信用できるのか。それを見分ける一つの手がかりは、言葉ではなく行動に注目することである。P244

部門や立場によって見方はどうちがうか、どの人がキーパーソンで、どうすれば説得できるか、よい人間関係を築くにはどうしたらいいかP262

念入りに計画を立て、連絡役を引き受けること、打ち合わせにもまめに顔を出し、積極的に意見をいい、意思決定に参加することを目標に定める。P268

下を向いてぼそぼそしゃべり一向に自己主張しないのでは、周囲の人から見下されるに決まっている。P272

権力者に対して戦略的な行動をとることができず、自分の立場を悪くしてしまうケースもよくある。P272

本人に闘う気がないのに、誰が援護射撃をするだろうか。P275

ヒエラルキーの底辺にいる人は、頂点にいる人に比べ、死亡率が四倍も高いことが判明している。P279


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

マウス──女の子のペルソナの話?

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:マウス
著者名 :村田沙耶香
初版発行:2008年3月26日
ページ数:237P
定価  :1600円
出版社 :講談社
形式  :単行本

ネットの書評で存在を知り、興味を持った小説です。
ちょうど図書館で見かけたので借りてきました。

著者は1979年生まれで2003年に「授乳」という作品で第46回群像新人文学賞を受賞された方。自分はこれまでこの著者のことはまったく知りませんでした。

この本は2人の女の子の物語で、二部構成になっており、前半が小学五年生の頃、後半が高校卒業して二十歳前ぐらいの頃の出来事が語られています。

語り手である田中律は空気を読みすぎる系の大人しい女の子で、塚本瀬里奈はまったく周りに馴染めない女の子。その瀬里奈は、律が読んであげた『くるみ割り人形』の物語に入り込むことにより、新しい人格を作り上げ、カリスマを身にまとっていきます。

そもそも、この本で興味を持った部分は、小学五年生の女の子の人間関係の様子で、自分の娘もちょうどそれくらいの年齢なので、かなり気になりました。
逆に、読む前は二部構成になっていることを知らなかったので、律が大学時代の頃の様子は新鮮に楽しめました。

瀬里奈が新しい人格をまとう様子はちょっとホラーっぽかったけど、おどろおどろしい内容ではありません。

また、後半部では妙齢の年代になったにもかかわらず、男女絡みの話に発展しなかったのが物足りないような、逆に今風のリアルなような印象を持ちました。

この著者のほかの作品も読んでみたくなりました。

この本、自分は単行本を図書館で借りてきましたが、文庫版もあるみたいです。
興味のある方はどうぞ。


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ&青春文学館 7/5

どうも、緒浅丸です。
7月最初の広島と東京のベストセラーランキング&青春文学館のご紹介です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(フタバ図書八丁堀店)

 1.ぴあ広島食本 (ぴあムック関西)

 2.火花

 3.天風録書き写しノート

 4.一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

 5.家族という病 (幻冬舎新書)

 6.本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士の娘Ⅲ」

 7.異世界転生騒動記〈5〉

 8.サラバ! 上

 9.こんなに弱い中国人民解放軍 (講談社+α新書)

10.身近な人が亡くなった後の手続のすべて

東京ベストセラーズ(ブックファースト新宿店)

 1.火花

 2.ぼくは愛を証明しようと思う。

 3.「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

 4.起業1年目の教科書

 5.絶歌

 6.読んだら忘れない読書術

 7.超一流の雑談力

 8.魂の燃焼へ

 9.シンプルに考える

10.WEB+DB PRESS Vol.87

青春文学館
   きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)
(高3女子紹介)

■感想■
今回気になった本は、広島のランキングではコチラ↓↓


読みやすそうでいいんじゃないかと思いました。


東京のランキングで気になったのはコチラ↓↓

ちょっと興味があるかも?

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

7月初頭3月末締め積読消化状況

どうも、緒浅丸です。
気がつけば、6月も終わりです。
微妙に月末に間に合わなかった積読の報告をしておきます。

今月は図書館で本借りちゃったりしたんで、1冊も積読消化できませんでした。

3月末締めの7月1日の積読消化状況はコチラ

オススメ書籍・夢設計(未読3冊)
01:アインシュタイン・ファクター
(ちょっとつまみ読みして放置。積読ままかも)
02:あなたの天職がわかる16の性格
(自分が当てはまる部分だけ読んでいる)
03:3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす
(『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』に紹介されていた書籍。先日、ブックオフで見かけてゲット。なんと105円。)

オススメ書籍・仕組み・段取り・時間術 (未読2冊)
01:新版「続ける」技術 (Forest2545Shinsyo 41) (フォレスト2545新書)
(完全未読。その気になればすぐ読み終えれそうなんだけど、類書を読了済みのためか、なんかイマイチ読めていない。)
02:マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
(『スラムダンク勝利学』みたいに、『灰と幻想のグリムガル』をビジネス書的に紹介できたら面白いな、と思って購入)

オススメ書籍・対人・コミュニケーション (未読2冊)
01:催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える
(ネットで注文して、失敗だったかなと思ったけど、メンタリストDaigoの書籍の参考文献に載っていたので、やっぱり読んでみるか検討中)
02:「話し方」ひとつで、人生はでっかく変わる!
(著者の別の本(『何のために』)を読んだとき、(感想はコチラ)「この人は話し方が上手いんじゃないかな?」という印象を持ったので購入。)

オススメ書籍・勉強・読書術 (未読2冊)
01:考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
(途中まで読んで、放置。いつかきちんと読みたいけど、当分未読のまま)
02:ポーター教授『競争の戦略』入門 (ビジネスバイブル)
(いつかきちんと読みたいけど、当分未読のまま)

オススメ書籍・社会 (未読3冊)
01:原発労働記 (講談社文庫)
(最初だけ読んで挫折。旬な内容でないので、ちょっと読むモチベーションが下がっている)
02:君主論 (講談社学術文庫)
サイコパス関連の本を読んだとき、サイコパスとマキャベリズムって似ているんじゃないかと思い、興味が湧きました。『よいこの君主論 (ちくま文庫)』などを読みました(感想はコチラ)が、ホンモノも、薄いし読めそうだと思いネットで購入。)
03:新装版 海と毒薬 (講談社文庫)
(以前読んだ『服従の心理 (河出文庫)』(感想はコチラ)に通じるものがあるのかな?と思い購入。)

オススメ書籍・健康 (未読1冊)
01:Dr.米山公啓の頭が良くなる生活習慣
(家にあった本。パラ見すると結構よさ気な事が書いてありそうなので。)

オススメ書籍・創作術 (未読3冊)
01:決定版 幻想世界の職業FILE
(ファンタジー小説書くのに役立つかな?と思って。)
02:「オレのゲームアプリ」でチャリン、チャリン稼いで独立する方法
(もしかしてアプリで企業するかもしれないと思って。(今はまったく考えてないデス))
03:新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術
(子どもに読ませようかと思ったけど、あんまり興味を示さなかった。)

オススメ書籍・小説(未読6冊)
01:OP-TICKET GAME (2) (電撃文庫)
(『扉の外 (電撃文庫)』などでお馴染みの作家さんの小説だから興味を持った。ネットで購入。)
02:レインツリーの国 (新潮文庫)
034:4TEEN (新潮文庫)
04:ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
05:海辺のカフカ (上) (新潮文庫)(只今読書中)
06:海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
(長男が中学生になったのを機に、新潮文庫『2014 年「中学生に読んで ほしい30冊」』からチョイス。
ネットで購入しました。)

未読本合計 22 冊

ちなみに、
印は優先的に読んでいこうと思っている本、
▲印は速読術を駆使して未読消化しちゃおうと思っている本です。
あと○は積読が一年以上経過しているヤツ、
は積読が二年以上経過しているヤツです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター