広島と東京のベストセラーズ 7/27

どうも、緒浅丸です。
子どもたちは夏休みが始まり、昨日は地元の夏祭りもありました。
いつの間にか夏ど真ん中な感じですね。

さて、広島と東京のベストセラーズの報告です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(啓文社ポートプラザ店)

 1.(55)かいけつゾロリの大まじんをさがせ!!: かいけつゾロリシリーズ55 (かいけつゾロリシリーズ 55)

 2.置かれた場所で咲きなさい

 3.面倒だから、しよう

 4.うみの100かいだてのいえ

 5.井伏鱒二―福山が生んだ偉大な作家 まんが物語 (まんが「福山を知ローゼ」)

 6.新訳 思い出のマーニー (角川つばさ文庫)

 7.おかげさまで生きる

 8.叱られる力 聞く力 2 (文春新書)

 9.お金が貯まるのは、どっち! ?

10.永遠の四一

東京ベストセラーズ(八重洲ブックセンター本店)

 1.日本人の生き方を変える7人の起業家 顧問のプロが選んだ志士達

 2.君は、どう生きるのか: 心の持ち方で人生は変えられる (単行本)

 3.Q&A平成26年改正会社法

 4.大間違いの太平洋戦争

 5.ビジネス・フレームワーク (日経文庫ビジュアル)

 6.2025年の世界予測--歴史から読み解く日本人の未来

 7.40代からの「太らない体」のつくり方

 8.中国の大問題 (PHP新書)

 9.迫り来る日本経済の崩壊

10.人生は見切り発車でうまくいく

■感想■
今回、興味をひかれたのは広島のランキングではとくにナシです。
東京のランキングはコチラ
商品詳
日本人の生き方を変える7人の起業家 顧問のプロが選んだ志士達日本人の生き方を変える7人の起業家 顧問のプロが選んだ志士達
(2014/06/18)
森部好樹

商品詳細を見る
細を見る

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

水の中のふたつの月

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓
水の中のふたつの月 (文春文庫)水の中のふたつの月 (文春文庫)
(2003/11)
乃南 アサ

商品詳細を見る


タイトル:水の中のふたつの月
著者名 :乃南アサ
初版発行:2003年11月10日
ページ数:390P
定価  :533円+税
出版社 :文藝春秋
形式  :文庫

目次
プロローグ
再会
采懐
綵怪
水の中のふたつの月

実家にあった本で、恩田陸や湊かなえっぽい作品かな?と期待しながら読み始めました。
著者は乃南アサさん。
日本推理サスペンス大賞の優秀作を受賞しデビューし、1996年に直木三十五賞を受賞、2011年に中央公論文芸賞を受賞しています。

この本は、小学生の時の仲良し3人組が偶然十数年ぶりに再開するとこによって紡がれる、恋と友情のサスペンスです。
スケジュール帳をいっぱいにしたがるOL亜理子、頻繁に手を洗わないといられない梨紗、見栄っぱりで嘘ばかりつく恵美、といった個性的な登場人物が再び出会い、遠い過去が少しずつ掘り起こされていき、新たな事件を呼び寄せます。

最初、テレカやクーラーのないワンルーム、煙草をスタイリッシュなアイテムとして吸う女性の描写などが「古っ!」と感じましたが、作者の筆力が上達したからか、前に読んだ『6月19日の花嫁 (新潮文庫)』ほどは、気になりませんでした。

トレンディードラマのノベライズっぽく感じるので、そういう雰囲気が好きな人なら楽しめると思います。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

伝える力 ──仕事を変える「話す」「書く」「聞く」能力

どうも、緒浅丸です。
先日まで夏風邪を引いていましたが、ようやく体調が回復してきました。
さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓
伝える力 (PHPビジネス新書)伝える力 (PHPビジネス新書)
(2007/04/19)
池上 彰

商品詳細を見る


タイトル:伝える力
著者名 :池上彰
初版発行:2007年5月2日
ページ数:205P
定価  :800円+税
出版社 :PHP研究所
形式  :新書

目次

はじめに
第1章 「伝える力」を培う
第2章 相手を惹きつける
第3章 円滑にコミュニケーションする
第4章 ビジネス文書を書く
第5章 文章力をアップさせる
第6章 わかりやすく伝える
第7章 この言葉・表現は使わない
第8章 上質のインプットをする


積読になっていた一冊。
仕事でセールス力を磨き直したくて、読みました。
著者はフリージャーナリストとして多方面で活躍する池上彰氏。

現代のビジネスパーソンに不可欠な能力といえる「伝える力」を、どうやって磨き、高めていったら良いか、「話す」「書く」「聞く」能力を中心に伝えてくれます。

読む前は、漠然と〝伝える力=話し方〟とばかり思い込んでいましたが、書くことも伝える方法の一つということにハッとさせられました。

しかも、新聞記者時代や、TVの司会者としての経験をもとに書かれていて、とても説得力のある内容です。

例えば、うろ覚えや不正確な知識、浅い理解では相手がわかるはずがない、という事が書かれていました。
つまり、しっかりと理解しなければならないということです。
そのために必要な事は書かれていませんが、自分は勉強のスキル、暗記術のスキルが必要だと思いました。

また、ざっくばらんな性格で人の話をよく聞く人が出世するということや、お客は商品を選ぶのではなく、商品を売りに来たセールスパーソンを選んでいるとも書かれていました。
これらは、人柄についての言及です。

他にも、叱り方のテクニックやクレームの作法、報告書の書き方など、ページ数はそれほど多くないのに、内容はみっちり詰まっていました。

そんな中で、特に自分が実践しようと思ったことは、記事の分量を増やす訓練です。
新聞記事などをまとめる時、分量を減らすのではなく、さらに肉付けをして増やす方法が目からウロコでした。

スピーチに悩むビジネスパーソンやレポートを書かなければならない学生など、何かを伝えなければならないすべての人にオススメできる一冊です。機会があれば、是非読んでみてください。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 7/20

どうも、緒浅丸です。
先週、夏風邪をひいてしまい、病院で毎日点滴をしてもらっていました。
いつまでも明けない梅雨のせいかもしれません。
皆様も体調管理は気をつけて下さいね☆

さて、広島と東京のベストセラーズの報告です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(啓文社ポートプラザ店)

 1.井伏鱒二―福山が生んだ偉大な作家 まんが物語 (まんが「福山を知ローゼ」)

 2.山女日記

 3.しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)

 4.永遠の四一

 5.おかげさまで生きる

 6.叱られる力 聞く力 2 (文春新書)

 7.「自分」の壁 (新潮新書)

 8.食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ

 9.1万人インタビューで学んだ「聞き上手」さんの習慣

10.ミッキーマウス 幸せを呼ぶ言葉アラン「幸福論」笑顔の方法

東京ベストセラーズ(リブロ池袋本店)

 1.君は、どう生きるのか: 心の持ち方で人生は変えられる (単行本)

 2.愛するだけでお金持ちになる魔法の法則 (愛もお金も幸せも、ぜ~んぶ手に入れて人生を大好きになる方法)

 3.ホスト界の頂点に立つ男の「心を操る」技術

 4.ONE COIN LUNCH Tokyo 【池袋のランチが500円になる魔法の本】有効期限8月31日まで (池袋版 Vol.002)

 5.憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI

 6.「自分」の壁 (新潮新書)

 7.叱られる力 聞く力 2 (文春新書)

 8.中国の大問題 (PHP新書)

 9.かもめのジョナサン完成版

10.おかげさまで生きる

■感想■
今回、興味をひかれたのは広島のランキングでは、コチラ
1万人インタビューで学んだ「聞き上手」さんの習慣1万人インタビューで学んだ「聞き上手」さんの習慣
(2014/04/24)
佐藤 智子

商品詳細を見る


東京のランキングはコチラ
ホスト界の頂点に立つ男の「心を操る」技術ホスト界の頂点に立つ男の「心を操る」技術
(2014/07/10)
鶴見 一沙

商品詳細を見る


最近忙しくてゆっくり本を読む暇がないからでしょうか?
とりあえず雨で出かれられないときは、積読消化をガンバります(^^;

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

『冷たい誘惑』──コルトが呼び込む非日常

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓
冷たい誘惑 (文春文庫)冷たい誘惑 (文春文庫)
(2001/04)
乃南 アサ

商品詳細を見る


タイトル:冷たい誘惑
著者名 :乃南アサ
初版発行:2001年4月10日
ページ数:301P
定価  :476円+税
出版社 :文藝春秋
形式  :文庫

目次

母の秘密
野良猫
なかないで
塵箒
置きみやげ

実家にあったのを持ってきて積読にしていた本です。
著者の乃南アサさんは、1988年に『幸福な朝食 (新潮文庫)』で日本推理サスペンス大賞の優秀作を受賞しデビュー。1996年に『凍える牙 (新潮文庫)』で第115回直木三十五賞を受賞。2011年に『地のはてから(上) (下) (講談社文庫)』で第6回中央公論文芸賞を受賞した方です。

この本は、『引金の履歴』という題で単行本で出版されていた短編集を改題して文庫化したもので、5つの短編が収められています。
それぞれ、独立したお話ですが、一丁の〝拳銃〟──コルトで繋がっています。
どのお話も、平凡な日常にちっぽけな拳銃が入り込むことで不穏なざわつきを見せますが、最後にはひとまず踏みとどまるような内容です。

それぞれの作品の主人公たちは、それぞれ年齢も性別もバラバラなのに、そこで描かれているありきたりの日常の様子がリアルで楽しかったです。
特に、『なかないで』の主人公の新入社員の様子は、自分が仕事を始めたばかりのころを思い出して、首の後ろがこそばゆく感じるようでした。

どれも平成一ケタ時代に書かれた作品ですが、前回読んだ6月19日の花嫁 (新潮文庫)』の時みたいに、古さはあまり感じません。
しいていえば、『母の秘密』の主人公の年齢が32歳なところかな?(自分には40前ぐらいに感じられました)

あと、それぞれの作品がきちっとまとまっていて、上手いなぁ、と感心しました。

オススメです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 7/13

どうも、緒浅丸です。
広島と東京のベストセラーズの報告です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(啓文社ポートプラザ店)

 1.永遠の四一

 2.井伏鱒二―福山が生んだ偉大な作家 まんが物語 (まんが「福山を知ローゼ」)

 3.うみの100かいだてのいえ

 4.里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

 5.過去にあらがう

 6.アナと雪の女王 (ディズニーアニメ小説版)

 7.しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)

 8.食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ

 9.叱られる力 聞く力 2 (文春新書)

10.韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

東京ベストセラーズ(三省堂書店神保町本店)

 1.紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている

 2.「自分」の壁 (新潮新書)

 3.迫り来る日本経済の崩壊

 4.叱られる力 聞く力 2 (文春新書)

 5.嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 6.東京名酒場100 (ぴあMOOK)

 7.自分を愛する技術

 8.大人なら知っておきたいモノの言い方サクッとノート

 9.虚ろな十字架

10.ヒトラー演説 - 熱狂の真実 (中公新書)

■感想■
今回、興味をひかれたのは広島のランキングも、東京のランキングもありませんでした。
最近忙しくてゆっくり本を読む暇がないからでしょうか?
とりあえず雨で出かれられないときは、積読消化をガンバります(^^;

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

複雑怪奇な「女子カースト」の実態に迫る──『格付けしあう女たち』

どうも、緒浅丸です。
7月に入っても、雨模様の天気が多いですね。
せっかくの七夕も雨でした。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓
(010)格付けしあう女たち (ポプラ新書)(010)格付けしあう女たち (ポプラ新書)
(2013/11/06)
白河桃子

商品詳細を見る


タイトル:格付けし合う女たち
著者名 :白川桃子
初版発行:2013年11月5日
ページ数:233P
定価  :780円+税
出版社 :ポプラ社
形式  :新書

目次

はじめに
第1章 なぜ女性は格付けをしたがるのか?
第2章 「女子カースト」の実態
第3章 今の日本は多様性社会への過度期
第4章 「女子カースト」のその先に
おわりに


図書館で借りてきた本。先日図書館から連絡があり、予約していた『原発ホワイトアウト』を取りに行った際目にとまり、一緒に借りた次第です。
著者の白川桃子さんは、大学講師で、少子化ジャーナリストの方。
「婚活」時代 (ディスカヴァー携書)』が有名ですね。
自分も依然『震災婚』をご紹介しました。
震災婚 (ディスカヴァー携書)震災婚 (ディスカヴァー携書)
(2011/10/16)
白河 桃子

商品詳細を見る


この本は、女子の間に生まれる複雑な格差──「女子カースト」の実態と対処法を探るとともに、そこから見える日本の課題点についてまで踏み込んだ内容です。

「女子カースト」は生き方の多様性より生まれ、ママカースト、恋愛・婚活カースト、女子大カースト、オフィスカーストなど、いくつもの女子カーストの種類があることを、この本を読んで初めて知りました。

女子カーストの苦しみを和らげるための方法も書かれています。
女子はもちろん、男性が読んでも損のない一冊ですヨ。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 7/6

どうも、緒浅丸です。
7月最初の広島と東京のベストセラーズの報告です。
読みたい本を探すときの参考にどうぞ。

広島ベストセラーズ(啓文社ポートプラザ店)

 1.井伏鱒二―福山が生んだ偉大な作家 まんが物語 (まんが「福山を知ローゼ」)

 2.永遠の四一

 3.迫り来る日本経済の崩壊

 4.過去にあらがう

 5.食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ

 6.虚ろな十字架

 7.経眼窩式

 8.長友佑都体幹トレーニング20

 9.叱られる力 聞く力 2 (文春新書)

10.異世界でカフェを開店しました。〈3〉 (レジーナブックス)

東京ベストセラーズ(ブックファースト新宿店)

 1.「自分」の壁 (新潮新書)

 2.熱い心が人間力を生む 複眼経営者「石橋信夫」に学ぶ

 3.自分を愛する技術

 4.視覚文化「超」講義

 5.かもめのジョナサン完成版

 6.愛するだけでお金持ちになる魔法の法則 (愛もお金も幸せも、ぜ~んぶ手に入れて人生を大好きになる方法)

 7.中国の大問題 (PHP新書)

 8.新宿食本 2015 (ぴあMOOK)

 9.嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

10.叱られる力 聞く力 2 (文春新書)

■感想■
今回、興味をひかれたのは広島のランキングはとくになかったんですが東京のランキングに入っていたコチラ↓↓
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
(2013/12/13)
岸見 一郎、古賀 史健 他

商品詳細を見る

前々からちょくちょくランキングに入っている本です。3月ごろも気になっていると言いつついまだ未読ですが……アドラーの心理学がブームみたいですね。

あと、特にランキングに入っているわけではないけど、気になっている本たちです。

幕末歴史小説 二十歳の炎幕末歴史小説 二十歳の炎
(2014/06)
穂高 健一

商品詳細を見る


ルポ 介護独身 (新潮新書)ルポ 介護独身 (新潮新書)
(2014/06/16)
山村 基毅

商品詳細を見る


バカが多いのには理由があるバカが多いのには理由がある
(2014/06/26)
橘 玲

商品詳細を見る


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

7月現在、2月締め積読の消化状況

どうも、緒浅丸です。
本日2本目の記事は積読の消化状況です。
いったん2月で締めた形にした積読の消化状況となっています。
だいたい、月に2冊ぐらいの割合で積読が減っていたんですが、今月は積読は全然消化できませんでした。

オススメ書籍・夢設計(未読2冊)
01:アインシュタイン・ファクター
02:あなたの天職がわかる16の性格

オススメ書籍・仕組み・段取り・時間術 (未読4冊)
01:仕事が速い人のすごい習慣&仕事術 残業せずに目標を達成する技術
02:「事務ミス」をナメるな! (光文社新書)
03:アフィリエイト仰天集客術―専門知識がなくても儲けた20の実例アイデアに学ぶ!
04:新版「続ける」技術 (Forest2545Shinsyo 41) (フォレスト2545新書)

オススメ書籍・対人・コミュニケーション (未読9冊)
01:「ほめる力」がすべてを決める! (PHPビジネス新書)
02:カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか? 
03:使える!悪用禁止の心理テクニック (宝島社文庫)
04:気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本―あの人との相性、向いている仕事、人づきあいの方法まで! (王様文庫)
05:他人に軽く扱われない技法 
06:伝える力 (PHPビジネス新書)
07:催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える
08:できる大人のモノの言い方大全
09:「しぐさ」を見れば心の9割がわかる! (王様文庫) 

オススメ書籍・勉強・読書術 (未読2冊)
01:考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
02:ポーター教授『競争の戦略』入門 (ビジネスバイブル)

オススメ書籍・社会 (未読2冊)
01:決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール
02:原発労働記 (講談社文庫)

オススメ書籍・創作術 (未読2冊)
01:映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)
02:広告コピーってこう書くんだ!読本

そのほか小説(未読2冊)
01:冷たい誘惑 (文春文庫)
02:水の中のふたつの月 (文春文庫)


未読本合計 23 冊

ちなみに、
印は優先的に読んでいこうと思っている本、
印は速読術を駆使して未読消化しちゃおうと思っている本です。
あとは積読が一年以上経過しているヤツです(--;

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

子供を持つ親なら考え込んでしまう1冊『謝るなら、いつでもおいで』

どうも、緒浅丸です。
気がつけば、6月も終わり、真夏の7月が始まりましたネ。
子どもたちは目の前に迫った夏休みにウキウキしているみたいです。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓
謝るなら、いつでもおいで謝るなら、いつでもおいで
(2014/03/26)
川名 壮志

商品詳細を見る


タイトル:謝るなら、いつでもおいで
著者名 :川名 壮士
初版発行:2014年3月36日
ページ数:328P
定価  :1500円+税
出版社 :集英社
形式  :単行本

目次

第一部

 1本の電話
 僕は新聞記者
 昼日中の教室で
 抱き上げてやれなかった
 加害少女は
 少年法すら適用されない
 嵐の幕開け
 殺意アリ
 遺族とマスコミの狭間で
 長い夜
 Vサイン
 中間の子ども
 さっちゃん。ごめんな。
 審判開始
 元担任の涙
 ブログごしの生声
 退屈が蝕む心
 カウントダウンを止めるには
 実名報道
 手探りの大人たち
 12歳の遺骨
 動機
 誤訳
 ちょっと、いい?
 泣かない同級生
 怜美を返して
 記者にしがみつく
 風化と波紋
 うわ滑りの先に
 偏り
 更生と贖罪と
 付添い人の会見
 寂しさのスクラム
 ひと時の休息

第二部

御手洗さん/被害者の父として
 遺族と呼ばれて
 それから
 記憶のスイッチ
 親が背負う気持ち
 子どもの心
 あの子
 償いとは。救いとは。
 人前で「笑える」か

加害者の父として
 開かずのカーテン
 及び腰の面会
 むなしい問答
 細い糸
 遺族と隣人
 あの日、娘は

被害者の兄として
 僕と妹
 逆に泣けなかった
 僕だけが知っていた
 叫ぶ場所がなかった
 ぶつけられない怒り
 遅れてきた喪失感
 普通に生きる

エピローグ

長崎佐世保で起きた小六女児殺害事件の本。著者は、毎日新聞支局長でもあった被害者の父親の部下だった方です。
自分は、事件そのものについては当時のニュースなどで知っていましたが。その後については何一つ気にとめていませんでした。
そんな自分がこの本を購入したのは、自分にも小学6年の息子がいて、小学4年の娘がいるからです。
自分も娘を持つ親である以上、加害者の父、被害者の父、どちらの可能性もゼロじゃないと思い、この本を読んで、色々勉強しておこうと思ったのです。
正直、女の子はひどくマセている部分があってよくわかりません。お兄ちゃんのほうがよっぽど幼く見える時があります。

この本は二部構成になっていて、第一部が事件発生から少年審判を終えて最後の記事を書くまでの様子が綴られています。そして第二部は、被害者の父親である著者の元上司、加害者の父親、被害者のお兄ちゃんのインタビューです。
第一部では、事件を報道する立場と、被害者の関係者である立場の狭間で揺れている著者の姿が印象的でした。
第二部では加害者の父親インタビューの様子が描かれていましたが、自分が想像していた父親像とは全然違っていて意外でした。

子どもを持つ親なら絶対読んで損のない1冊です。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター