『世紀の空売り』──今もどこかで同じようなドラマが進行中かも?

どうも、緒浅丸です。
まだまだ日々暑いですが、気がつけばもう8月が終わりに近づいていますネ。
学生の方たちは、そろそろ夏休みの宿題の心配をしたほうがいいかもしれませんよ?

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)
(2013/03/08)
マイケル ルイス

商品詳細を見る


タイトル:世紀の空売り
著者名 :マイケル・ルイス
初版発行:2013年3月8日
ページ数:467P
定価  :857円+税
出版社 :文藝春秋
形式  :文春文庫

目次

 序章 カジノを倒産させる
第一章 そもそもの始まり
第二章 隻眼の相場師
第三章 トリプルBをトリプルAに変える魔術
第四章 格付け機関は張り子の虎である
第五章 ブラック=ショールズ方程式の盲点
第六章 遭遇のラスヴェガス
第七章 偉大なる宝探し
第八章 長い静寂
第九章 沈没する投資銀行
第十章 ノアの箱舟から洪水を観る
 終章 すべては相関する 


ネットで見かけて興味を持ったため購入。
ライアーズ・ポーカー 』や『マネー・ボール』の著者、マイケル・ルイスが世界同時金融危機の実相を描いた痛快ノンフィクションです。

世界中が、アメリカ発の住宅好況に酔っていた2000年代半ばに、そのまやかしを見抜いて世界経済が破綻する方に賭けた男達について、ダイナミックに描かれています。

僕自身も2008年当時、FXをやっていて、20万ほどやられました
でも、ネット上では何千万もやられた方がゴロゴロいて、ヘコむより諦めの感情が強かったことを覚えています。
(それで心機一転このブログを始めたんでした)

この本を読むと、破綻するのは自明の理だったとわかりますが、それが『いつ』来るのかまではなかなかわかりませんよね。

今もどこかで、同じようなこと(原発問題とか)が起こっていると思います。
それを養える目を持てたらいいなと思いました。

忘れかけていた当時のことを思い出したい方にオススメします。

あと、この本を読んで、『リスクテイカー (文春文庫)』って本を思い出しました。
コチラは小説ですが、同じテイストを感じます。
リスクテイカー (文春文庫)リスクテイカー (文春文庫)
(2003/10/11)
川端 裕人

商品詳細を見る


■関連情報■
ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)ライアーズ・ポーカー (ウィザードブックシリーズ)
(2005/12/17)
マイケル・ルイス

商品詳細を見る


マネーボール [DVD]マネーボール [DVD]
(2012/10/03)
ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル 他

商品詳細を見る


マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
(2013/04/10)
マイケル・ルイス

商品詳細を見る



ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

広島と東京のベストセラーズ 8/25

どうも、緒浅丸です。
8月の終わり、こちらは夏を押し流すように雨が続きます。
冷房を除湿に切り替えて、部屋で読書な感じです。
さて、今日ご紹介するのは広島と東京のベストセラーズの報告です。
読みたい本を探すときの参考になれば幸いです。

広島ベストセラーズ(広文館金座街本店)

 1.永遠の0 (講談社文庫)

 2.ホテルローヤル

 3.新参者 (講談社文庫)

 4.オレたちバブル入行組 (文春文庫)

 5.オレたち花のバブル組 (文春文庫)

 6.人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

 7.零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)

 8.風立ちぬ・美しい村 (角川文庫)

 9.天風録書き写しノート

10.野心のすすめ (講談社現代新書)

東京ベストセラーズ(八重洲ブックセンター本店)

 1.中小企業の事業承継実務AtoZ

 2.皮膚に聴く からだとこころ (PHP新書 880)

 3.人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

 4.統計学が最強の学問である

 5.ホテルローヤル

 6.2014年〜 世界の真実 (WAC BUNKO)

 7.ズボラでも血糖値がみるみる下がる57の方法 (予約の取れない ドクターシリーズ)

 8.ロスジェネの逆襲

 9.タモリ論 (新潮新書)

10.破綻──バイオ企業・林原の真実

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 8/18

どうも、緒浅丸です。
8月も半ばを過ぎ、猛暑がますます盛んな日々が続きますネ。
殺人的な暑さの中、エアコン効いた部屋で読書するしかないデショ! ってカンジです♪
さて、今日ご紹介するのは広島と東京のベストセラーズの報告です。
読みたい本を探すときの参考になれば幸いです。

広島ベストセラーズ(広文館金座街本店)

 1.オレたちバブル入行組 (文春文庫)

 2.ホテルローヤル

 3.新参者 (講談社文庫)

 4.人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

 5.リーダーは誰だ?

 6.里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

 7.小さくても、勝てる。

 8.永遠の0 (講談社文庫)

 9.風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)

10.裸の時代

東京ベストセラーズ(リブロ池袋本店)

 1.日本人の知らない日本語4 海外編

 2.「靖国」と「千鳥ヶ淵」を考える (祥伝社新書328) (祥伝社新書 328)

 3.ホテルローヤル

 4.人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

 5.タモリ論 (新潮新書)

 6.ロスジェネの逆襲

 7.死神の浮力

 8.野心のすすめ (講談社現代新書)

 9.金魚養画場

10.生き方―人間として一番大切なこと

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

ファスト風土を満喫する時代?──『地方にこもる若者たち』

どうも、緒浅丸です。
お盆休み真っ盛りですね。地元に戻る方も多いのではないでしょうか?
さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会 (朝日新書)地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会 (朝日新書)
(2013/06/13)
阿部真大

商品詳細を見る


タイトル:地方にこもる若者たち
著者名 :阿部真大
初版発行:2013年6月30日
ページ数:213P
定価  :760円+税
出版社 :朝日新聞出版
形式  :新書

目次

はじめに

現在篇 地方にこもる若者たち
第1章 若者と余暇──「ほどほどパラダイス」としてのショッピングモール
第2章 若者と人間関係──希薄化する地域社会の人間関係
第3章 若者と仕事──単身プア/世帯ミドルの若者たち

歴史篇 Jポップを通して見る若者の変容
第4章 地元が若者に愛されるまで
1.80年代 反発の時代 BOOWY
2.90年代 努力の時代 B'z
3.90年代 関係性の時代 Mr. Children
4.地元の時代 KICK THE CAN CROW

未来篇 地元を開く新しい公共性
第5章 「ポスト地元の時代」のアーティスト
第6章 新しい公共性のゆくえ
1.二極化する若者たち
2.ギャル的マネジメントに学ぶ
3.われわれは変われているか?

おわりに


書店で見かけてビビビときた1冊。これからの生活を示唆するものになるのではないかと予感して購入しました。
著者はアラサーからアラフォーへ移行しつつある甲南大学の准教授で、気鋭の社会学者。

内容は、岡山での社会調査などをもとに、地方から若者と社会をとらえなおした新しい日本人論で、現在篇、歴史篇、未来篇の3つのパートに分けて語られています。

現在篇ではすぐ隣の県、岡山での社会調査がもととなっているため、ものすごく親近感を感じました。
歴史篇は、言わんとすることに共感はおぼえるものの、たった数組のバンドを取り上げることでその時代を語っているために、客観的な証明としては疑問を感じました。
未来篇に関しても、当たらずとも遠からずといった感じ? で、ちょっと物足りなさを感じました。

あと、ものすごく注釈が多いです。もう少し本文に溶け込ませられたら良かったのにと思いました。

モータリゼーションとネットの発展と、少子高齢化による生活の変化を見極めていきたいです。また、この本には書かれてなかったけど、ガソリン価格の値上げや電気などのエネルギーの変化の影響も気になります。

新しい社会が気になる方は一読してみてはいかがでしょう?


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 8/11

どうも、緒浅丸です。
猛暑が続き、ぐったりする日々が続きますネ。
さて、今日ご紹介するのは広島と東京のベストセラーズの報告です。
読みたい本を探すときの参考になれば幸いです。

広島ベストセラーズ(広文館金座街本店)

 1.リーダーは誰だ?

 2.オレたちバブル入行組 (文春文庫)

 3.永遠の0 (講談社文庫)

 4.パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)

 5.ひろしま本通物語―577mの「舞台」に息づく人間模様

 6.死神の浮力

 7.野心のすすめ (講談社現代新書)

 8.人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

 9.零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)

10.心の荷物を片づける女は、うまくいく

東京ベストセラーズ(三省堂書店神保町本店)

 1.爪と目

 2.ホテルローヤル

 3.タモリ論 (新潮新書)

 4.死神の浮力

 5.カラー版 地図と愉しむ東京歴史散歩 地形篇 (中公新書)

 6.日本人の知らない日本語4 海外編

 7.(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

 8.蔵書の苦しみ (光文社新書)

9.人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

10.ロスジェネの逆襲

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

積読消化 8月

どうも、緒浅丸です。
本日2本目の記事は、ちょっと遅くなったんですが積読消化状況についてです。
現在の積読消化状況についてご報告します。

オススメ書籍・夢設計(未読2冊)
01:アインシュタイン・ファクター
02:あなたの天職がわかる16の性格

オススメ書籍・仕組み・段取り・時間術 (未読8冊)
01:ライフハックス鮮やかな仕事術―やる気と時間を生み出すアイディア (MYCOM新書)
02:仕事が速い人のすごい習慣&仕事術
03:あなたにもできる「惚れるしくみ」がお店を変える!―大繁盛のしくみづくり
04:リストのチカラ [仕事と人生のレベルを劇的に上げる技術]
05:「事務ミス」をナメるな! (光文社新書)
06:これだけは知っておきたい「転職」の基本と常識【改訂版】

07:リンクシェア・ジャパン公認 本気で稼ぐアフィリエイト -人気ECサイトと提携してセレクトショップオーナーになろう-
08:アフィリエイト仰天集客術―専門知識がなくても儲けた20の実例アイデアに学ぶ!

オススメ書籍・対人・コミュニケーション (未読12冊)
01:影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか(読書停滞中)
02:「ほめる力」がすべてを決める! (PHPビジネス新書)
03:カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?
04:「できる人」の話し方、その見逃せない法則
05:使える!悪用禁止の心理テクニック (宝島社文庫)
06:恋のWeタイプ・Meタイプ ~プロセラピストが教える秘密の恋愛カウンセリング~ (だいわ文庫)
07:気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本―あの人との相性、向いている仕事、人づきあいの方法まで! (王様文庫)
08:「しぐさ」を見れば心の9割がわかる! (王様文庫)
09:他人に軽く扱われない技法
10:伝える力 (PHPビジネス新書)
11:催眠術のかけ方 ―初心者からプロまで今日から使える
12:できる大人のモノの言い方大全

オススメ書籍・勉強・読書術 (未読3冊)
01:考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
02:ポーター教授『競争の戦略』入門 (ビジネスバイブル)
03:東大生が教える!超暗記術

オススメ書籍・社会 (未読3冊)
01:決算書の暗号を解け! ダメ株を見破る投資のルール
02:累犯障害者 (新潮文庫)
03:世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)

オススメ書籍・経済 (未読1冊)
01:ど素人がはじめる不動産投資の本

オススメ書籍・創作術 (未読5冊)
01:タイムマシンのつくりかた (草思社文庫)
02:小さな物語のつくり方
03:映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)
04:頭がいい人の1日10分文章術―ゲーム感覚で楽しく身につく
05:広告コピーってこう書くんだ!読本

そのほか小説(未読1冊)
01:サターン・デッドヒート (ハヤカワ文庫SF)

こちらが積読していた中で、7月に読了した本です↓↓
「寝る前30分」を変えなさい感想はコチラ
ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ感想はコチラ
わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)感想はコチラ

……そして、また新たに購入しちゃった未読の本☆
あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA)(こいこんでゲットした本。実はサイン本です)
Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング(KDPにチャレンジしてみたくて購入)
筆跡を変えれば自分も変わる(ネットで興味を惹かれて購入。でも失敗だったかも?)

結局未読本はこんな感じデシタ↓↓
未読本合計 37 冊

なかなか積読が減りませんが、頑張っていきます。
先月、速読術などを駆使して未読本を消化しようと思ったんだけど、読みたい本が後から後から割り込んでほとんど消化できませんでした。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「誤読上等!」じゃダメですか?──「わかったつもり」で考える読解力

どうも、緒浅丸です。
なんだか、ちょっぴり読書力が低下している気がする今日この頃。
ウダるような暑さのせいだけじゃなく、『アウトプットする読書』に疲れているせいもあります。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓
わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)
(2005/09/20)
西林 克彦

商品詳細を見る


タイトル:わかったつもり
著者名 :西林克彦
初版発行:
ページ数:213P
定価  :700円+税
出版社 :光文社
形式  :新書

目次
はじめに
第1章 「読み」が深まらないのはなぜか?
第2章 「読み」における文脈のはたらき
第3章 これが「わかったつもり」だ
第4章 さまざまな「わかったつもり」
第5章 「わかったつもり」の壊し方
引用文献など

題名に惹かれて購入。
結構ガチな読解力改善法の本でした。
文章をよりよく読むために、どうすればよいかが述べられています。

ちょっと前に読んだ『読んでいない本について堂々と語る方法』と同じことを、
正反対の視点から論じているような印象を受けました。

「わかったつもり」を乗り越えるには結構大変みたいで、サクッとした処方箋は出てきませんでした。
(↑↑これも自分の「わかったつもり」なのかもしれません)

小学校の国語の教科書に掲載されている文章などを題材にしているので、受験などでは意味があるのかもしれません。
でも、普段の読書では、ここまで「わかる」読み方をする必要があるのかな? と思いました。

「わかったつもり」を全否定すると世間で出回っている速読術とかどうなんだよ、って感じですし。

ただ、人間は思い込むと思考停止してしまいがちなので、その点だけは注意したいですね。

■関連情報■
読んでいない本について堂々と語る方法読んでいない本について堂々と語る方法
(2008/11/27)
ピエール・バイヤール

商品詳細を見る

感想はコチラ

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

天職に転職?仕事哲学対談『天職』

どうも、緒浅丸です。

今日ご紹介する本はコチラ↓↓

天職 (朝日新書)天職 (朝日新書)
(2013/06/13)
秋元康、鈴木おさむ 他

商品詳細を見る


タイトル:天職
著者名 :秋元康、 鈴木おさむ
初版発行:2013年6月13日
ページ数:238p
定価  :760円+税
出版社 :朝日新聞出版
形式  :新書

目次

まえがき
第1章 九八%は「運」で決まる
第2章 「好奇心」を育てる
第3章 「汗」をかくしかない
第4章 「才能」は誰にでもある
第5章 「夢はかなう」は本当か?
第6章 「天職」との出会い方
あとがき

ネットで見かけて興味を持って購入しました。
夕焼けにゃんにゃんやAKB48で有名な作詞家・放送作家の秋元康さんと、
森三中大島さんのご主人で『SMAP×SMAP』などの構成を手掛ける放送作家の鈴木おさむさん、お二人の対談による仕事哲学本です。
稀代のヒットメーカー二人の対話を通じて、究極の仕事哲学が浮かび上がってきます。

のめりこむようにイッキ読みしてしまいました。

お二人の言葉がグサグサ刺さります。
その中でも特に刺さったのが、

『スピードこそが時代を制する』

『「やる」と「やろうと思った」のあいだって、めちゃくちゃ深い河が流れているんですよね』
という言葉。

やらなきゃやらなきゃ、と思いつつ、いつの間にか時間が経過してしまう自分には耳が痛かったです。

独創性が求められる業界での仕事哲学ですが、他の仕事にもきっと応用が利くハズ!

「好きなことがわからない」「やりたいことが見つからない」「いまの仕事をこのまま続けていいのかどうか」など、、仕事に悩めるすべての人にオススメできる一冊です。

あと、ちょっとジャンルが違うんですが、読後のテイストが勝間和代さんの『「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)』に似ている気がしました。……ナゼか。
「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)
(2012/04/28)
勝間 和代

商品詳細を見る


読んだ感想はコチラ

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

広島と東京のベストセラーズ 8/4

どうも、緒浅丸です。
8月に入りました。
さて、今月最初にご紹介するのは広島と東京のベストセラーズの報告です。
読みたい本を探すときの参考になれば幸いです。

広島ベストセラーズ(広文館金座街本店)

 1.永遠の0 (講談社文庫)

 2.ホテルローヤル

 3.オレたちバブル入行組 (文春文庫)

 4.ひろしま本通物語―577mの「舞台」に息づく人間模様

 5.パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)

 6.アンデルセン物語 食卓に志を運ぶ「パン屋」の誇り

 7.爪と目

 8.少年口伝隊一九四五

 9.小さくても、勝てる。

10.愛ふたたび

東京ベストセラーズ(ブックファースト新宿店)

 1.タモリ論 (新潮新書)

 2.「人」も「お金」もついてくるリーダーの哲学

 3.ホテルローヤル

 4.伝え方が9割

 5.今すぐフォロワーはやめなさい! 人生のリーダーになるために、やるべきこと、やってはいけないこと

 6.チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1

 7.トゥルークの海賊2 (C・NOVELSファンタジア)

 8.修業論 (光文社新書)

9.自分の才能の見つけ方

10.「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター