幸福引き寄せ実践マニュアル──石井裕之監修の『引き寄せの法則』

どうも、緒浅丸です。
GWを皆さまはどのようにお過ごしでしょう?
僕はややマッタリ系です。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓
引き寄せの法則引き寄せの法則
(2007/11/21)
マイケル・J・ロオジエ

商品詳細を見る


5年ほど前の本です。
監修者が石井裕之さんだったので、購入を決めました。
石井裕之さんは、催眠療法やカウンセリングの施療経験をベースにした独自のセミナーを指導されている方で、コールドリーディング関連の著作などが多数あります。
僕自身がツタヤで石井裕之さんのセミナーのDVDを観て感じるところがあったので、いろいろ著作を読み始めています。

この本は石井裕之さん自身が書いた本ではないですが、石井さんの著作と同じくらい僕自身に影響を与えてくれそうな1冊でした。

ひと言でいえば、<引き寄せの法則>を使って、幸せを引き寄せるための実践的な本です
<引き寄せの法則>とは、『自分が注意と意識とエネルギーを向けるものは、良いものも悪いものもすべて、自分の人生に引き寄せられる』という、ちょっとスピリチュアルに偏向しがちな法則なんですが、多くの人に知られていて、この法則に関する書籍は沢山あります。

 実際、自己啓発書を何冊か読んだことがある方ならどこかで聞いたことのあるような内容が多いかも知れません。
(ぶっちゃけ僕はそうでした)

でも、この本は具体的なやり方を丁寧に説明しているため、新鮮味はなくても決してガッカリすることはない と思います。

個人的には、<感謝日記>をやってみたいと思いました。

人生にモヤモヤしていて、幸せになりたい方はもちろん、引き寄せの法則は知っているけど、上手く活用できないままなんとなく日々が過ぎてしまっている方にもお勧めします。

あと、読んでいるときは気がつかなかったんですが、読み終えて内容を見直しているときに、和田裕美さんの『陽転思考』にも通じるものがあるな、と思いました。
よろしければコチラもチェックしてみてください。
人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)
(2012/02/03)
和田裕美

商品詳細を見る


監修者の石井裕之さんの著作のおススメはコチラです。
「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~
(2006/11/21)
石井 裕之

商品詳細を見る


一瞬で信じこませる話術コールドリーディング一瞬で信じこませる話術コールドリーディング
(2005/06/01)
石井 裕之

商品詳細を見る


 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。
スポンサーサイト

GWに読む恋愛ミステリー 『遠くでずっとそばにいる』

どうも、緒浅丸です。
いよいよGWに突入してしまいましたね☆
うちの仕事は暦どおりなので、前半後半に別れちゃうんですが、前半は家族それぞれに予定が入っているのに、自分だけは
何もないという残念な状態です(-_-;)

仕方ないからのんびり積読の消化でもするつもりです♪

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓
遠くでずっとそばにいる (幻冬舎文庫)遠くでずっとそばにいる (幻冬舎文庫)
(2012/04/12)
狗飼 恭子

商品詳細を見る


ダ・ヴィンチ編集部編集「ありがと。 あのころの宝もの十二話 」に収録されている作品、「町が雪白に覆われたなら」を読んでから、気になって、チェックしている作家さんです。
この作者の名前を書店で見かけて、ポンと買っちゃいました。

主人公は、事故で10年分の記憶を無くした27歳の女性の10年分の記憶を埋めていく物語。
自分のことなのに自分と感じられない居心地の悪い違和感の描写が面白かったです。

あと、実は最初、27歳で事故にあって37歳で目覚めたのかと誤読してしまい(最初の方の病院の喫煙所でのシーン)、それについてはすぐに勘違いに気がついたんですが、もし、37歳の主人公だったら全然別の物語になったんだろうなぁ、と41歳になる自分は思いました。

これから大人になる10代の人、もやもや人生にくすぶっている20代の人におススメします。
GW、仕事のことはちょっと忘れて、のんびり小説の世界に浸ってみてはいかがでしょう?


はじめて狗飼 恭子さんの作品に触れたのはコチラ
ありがと。―あのころの宝もの十二話 (ダ・ヴィンチブックス)ありがと。―あのころの宝もの十二話 (ダ・ヴィンチブックス)
(2004/10)
ダヴィンチ編集部

商品詳細を見る


『温室栽愛』もちょっと冗長だけど、ちょっと切なくて透明感のある雰囲気で悪くない感じですよ♪
温室栽愛 (幻冬舎文庫)温室栽愛 (幻冬舎文庫)
(2007/06)
狗飼 恭子

商品詳細を見る


 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

残業ゼロで成果が上がる!スピード仕事術

どうも、緒浅丸です。
僕は花粉症を持っているんですけど、今年は今まで大したことなかったから油断していたら、
昨日は花粉が非常に多かったらしく、仕事にならないくらいくしゃみと鼻水に悩まされました。
万全のコンディションで仕事ができるよう、油断は禁物ですネ。

さて、今日ご紹介する本はコチラです↓↓
残業ゼロで成果が上がる!スピード仕事術残業ゼロで成果が上がる!スピード仕事術
(2008/03/19)
吉川 美樹

商品詳細を見る


図書館で見かけた本。時間管理のきっかけになればと思い借りてきました。
『通販生活』ですごいヒット連発の、NO.1商品開発プロデューサーが、短時間で最大の効果を生み出すノウハウを自分の体験から提案してくれている1冊です。
一日の中で時間を区分けして、午前中に重要な課題を進めるとか、即断即決のすすめとか、目標から逆算してスケジュールを立てるなどという基本的な内容が書かれていました。

 僕自身の場合、これらの関してはだいたい他の本で読んだことがあったので、残念ながら、目から鱗的な新発見はありませんでした。
 ただ、昔読んで知っている内容でも実践できていないことは多々あります。そういう意味では改めて気付かされて読んで良かったと思いました。

 特に、即断即決に関しては、改めて意識していこうと思います。

 ちょっと昔の本ですが、時短系の仕事術の本としては、基本的なことが押さえられている良書だと思います。
仕事術の導入本として読んでみるならいいカモ
また、著者は女性の方なので、ワーキングウーマンな女性が読むとまた別の共感が得られるかもしれません。

この本か気になった人はこちらもチェックしてみてもいいかも↓↓
気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ (ソフトバンク文庫NF)気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ (ソフトバンク文庫NF)
(2010/02/17)
リズ・ダベンポート

商品詳細を見る


夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノート夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノート
(2004/11/10)
岡崎 太郎

商品詳細を見る


とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方―アイデアだけでは終わらせない「実行力」が誰でも身につく! (アスカビジネス)とにかくすぐやる人の考え方・仕事のやり方―アイデアだけでは終わらせない「実行力」が誰でも身につく! (アスカビジネス)
(2007/09)
豊田 圭一

商品詳細を見る


 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

激動を生き抜く指南本──世に棲む日日<3>

どうも、緒浅丸です。
本日ご紹介する本はコチラ

世に棲む日日〈3〉 (文春文庫)世に棲む日日〈3〉 (文春文庫)
(2003/04)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


 もともと幕末に興味があり、高杉晋作の活躍が読みたいと思って購入したシリーズの第3弾。全4冊の三巻目に当たるこの本は、起承転結でいえば、「転」になりますが、まさに怒涛の展開でした。

 この巻で、長州藩は狂躁に呑みこまれ藩ぐるみの暴走を重ねていきます。下関事件、蛤御門の変、四国艦隊下関砲撃事件……たった1年の出来事としては振り幅が大きすぎる展開です。めまぐるしい変動に眩暈すら感じます。
 そんな中で、高杉晋作、伊藤俊輔(博文)、井上聞多(馨)の「三人党」の活躍は輝いています。歴史の大波に翻弄されながら、必死に自分の信念を貫き通そうとする姿に感動しました。
 高杉晋作は、幕末維新を駆け抜けた痛快なヒーローと思っていたけど、これを読むと、ただがむしゃらに、巨大な困難を打破しようと死に物狂いで足掻くイメージに変わりました。

 また、外国政府と応対するヤクニンの対応には苦笑してしまいます。第1巻で、松陰が脱藩してしまう手形の一件も現代のサラリーマンっぽい印象を受けましたが、今回も、すべての責任は「会議」がとるという建前をとり、責任を問われれば、「自分一個はそうはおもっていないが、会議でそうきまったことだから」という理屈をつかって責任の所在を蒸発させてしまうというやり方に、役人はいつの時代も変わらないんだなぁ、と思っちゃいました。

 僕自身は、高杉晋作や井上聞多のように烈しく生きていくことは決してできないでしょうが、そんな人生を生き抜いた人がいることを知っておくだけでも、全然これからの生き方が違ってくると思います。
 冒険活劇としても読めるし、歴史分析による人間論・組織論としても読むことができる作品。先行き不透明な現代で、生きていくことに迷いを感じているなら、読んでみることをお勧めします。

 一読すれば、きっと何か気付きが得られると思いますヨ♪

 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

新年度・上司との付き合い方を見直してみませんか?──上司に仕事をさせる技術

どうも、緒浅丸です。
四月に入り、桜も咲き始めましたね。
新年度から異動してきた上司と歓迎会を兼ねたお花見なんて機会も多いのではないでしょうか?

さて、今日ご紹介する本はコチラです。

上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント!上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント!
(2006/03)
大久保 幸夫

商品詳細を見る


 実は、昨年度の末に、ちょっと直属の上司とモメた時、図書館で見つけて借りてきました。
 上司とモメた内容自体は、この本を読了するまでの間にうやむやになってしまい、この本の内容を活用する機会はなかったのですが、この本に書かれていることは、今まで自分の中では全くなかった発送なので、新鮮でした。

 題名からもわかるように、上司に仕事をさせる技術について書かれた本です。(もっとも、自分の仕事を代わりにやってくれるというわけではないですヨ)
 上司に仕事をさせる技術=ボス・マネジメントという発想についてと、その具体的な方法について書かれています。

 この本を読んで初めて知ったのが、『上司は顧客だと思え』という発想。そして、上司には「言わないとわからない」という発想でした。
 今まで僕は、上司が部下を公正に評価するのは当たり前のことだと思っていました。また、仕事に集中するあまり、無意識のうちに上司の顔を潰してしまっていたケースもあったかもしれません。

 正直、自分の意に反し、常に上司に対するイエスマンでいると、胡麻すり社員みたいだし、結局自分がストレスを抱えてしまうと考えていたので、自分の意見を曲げず、上司とギクシャクすることが度々ありました。

 でも、この本を読んで、自分の上司に対する接し方は間違っていたんだなと思いました。

 これからは、上司を顧客だと思い、また、ソウ・レン・ホウ(特に相談)を積極的に行っていこうと思います。
 新年度を境に、会社の人間関係を上手に切りまわししてゆきたいですネ。

 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター