21世紀の覇道を制する1冊はコレだ! 『よいこの君主論』

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓
よいこの君主論 (ちくま文庫)よいこの君主論 (ちくま文庫)
(2009/05/11)
架神 恭介、辰巳 一世 他

商品詳細を見る


ネットで見かけ、興味をひかれて購入しました。

 題名からもわかるように、マキャベリの『君主論』を、現代の小学校を舞台に物語形式で解説している新感覚の名著入門書です。
 まともに取り組むと難解で挫折しがちがこの古典を、凶悪な小学生たちの権力闘争を描くことによって優しく噛み砕いて説明することに成功しています。

 とても読みやすくて『君主論』を学ぶ入門書としては最適なんじゃないかと思います。
 個人的には『世襲の君主政体を統治する方法』や、『聖職者による君主政体』なんかが印象に残りました。
(これ読んだら金正恩は北朝鮮を変えられないのか、と思っちゃいます)

 ただ、物語として読むには、キャラ設定が中途半端で物足りなかったです。名前を読んだだけでは誰か誰だが全然わからなかったり、性格が前半と後半で違うように感じられたりする部分が歯がゆく感じられました。
 あと、凶悪な小学生たちの生態が30年ぐらい昔(つまり自分の子供の頃)みたいに感じられたのはご愛敬です。

密かに覇道を目指したいなら、コッソリ読んでみてもいいカモ?
公式サイトもあります↓↓

『よいこの君主論』公式サイト

自分の子供にはあんまり読ませたくないかも……

あと、よろしければ合わせてこちらもチェックしてみては如何でしょう?
いじめの直し方いじめの直し方
(2010/03/19)
内藤 朝雄、荻上 チキ 他

商品詳細を見る


 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

スポンサーサイト

「これから10年、活躍できる人の条件」で日本を変える 

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラです↓↓

2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)
(2012/01/19)
神田 昌典

商品詳細を見る


神田昌典さんの新著です。
リアル本屋で偶然見かけ(3冊ぐらい棚にあった)、買おうかどうか迷っているうちにあとから来た人に
1冊買われてしまい、売り切れになる前にと慌てて自分も購入しました。
書店のランキングでも上位みたいですね。

内容は、未来予測をもとにしたエッセイ風のキャリア論です。
前半では日本を含めた「アジア」と世界の展望予測が中心に語られ、後半では世代別のこれからのキャリア論などが語られています。

暗くなりそうな日本の未来を口当たりの良い語り口で鼓舞してくれています。まとまりなく混然とした印象があるものの、非常に面白く読めました

その中で特に印象に残ったのが、これからの時代が幕末・明治維新や太平洋戦争の頃に匹敵するような時代の大転換が訪れるということです。

この本によると、これから新しい時代のヒーローになるのは30代だそうです。
また、北朝鮮が儒教経済圏を形成するうえでネックになる。そして、ギャップが大きければ大きいほど、そこには大きなニーズが生まれると書かれていました。

だから、金正恩がこれからのキーパーソンになるのかな? と思いました。
21世紀のシッダールタでしょうか。世界を救う救世主として成長する気がします。
(↑↑だって、紙に書いたら実現するって『非常識な成功法則に書いてあったし』)

北朝鮮関係をチェックしていこうと思いました。

あと、若い人材に海外留学・ボランティア・優秀な人材と同じ空気を吸う経験を勧めていたので、自分の子供たちに体験させたいです。

すごく斬新なことが書かれているわけではないですが、今の時代を感覚的に捉える読みものとしてオススメします。
自分はこの本を読んで、インスピレーションがビンビン湧きました

 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

薔薇のマリア〈2〉壊れそうなきみを胸に抱いて

どうも緒浅丸です。
本日ご紹介する本の2冊目はコチラです↓↓
薔薇のマリア〈2〉壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア〈2〉壊れそうなきみを胸に抱いて (角川スニーカー文庫)
(2005/02/25)
十文字 青

商品詳細を見る


RPG風の世界設定で繰り広げられるクライムファンタジーの第2弾です。

SmCとの抗争の話でした。
たまたまこの本を読んでいる時と同時期に、メキシコの犯罪集団のニュース画像を見てしまい(超グロかった)
、この物語が妙にリアルに感じられてやるせなくなってしまいました。

 まだ、書く登場人物の背景などが出そろっていないせいか、歯がゆく感じる部分はあるものの、
面白くなりそうな予感がビンビンする作品です。

 中学受験を目指す子供の親が読むべき本かと尋ねられたら疑問ですが、だって面白いんだもん!
 名作文学や偉人の伝記みたいに胸を張って勧められるワケじゃないけど、読んでみてください。

シリーズはじめて読むならこちらからどうぞ↓↓
薔薇のマリア<1>

 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

「親」の教科書

どうも、緒浅丸です。
年が変わったかと思ったらあっという間に2月に突入してしまった感じがします。

1月の間、実はいろいろと本は読んでいたものの、自分の中で消化しきれないうちに
月日ばかりが過ぎてしまっていました。

さて、気を取り直して2月最初にご紹介する本はコチラです↓↓

小学生の学力を伸ばす!「親」の教科書―中学受験サクセスBOOK (学力アップseries)小学生の学力を伸ばす!「親」の教科書―中学受験サクセスBOOK (学力アップseries)
(2010/03)
吉永 剛

商品詳細を見る


中学受験本です。
嫁から読めと渡されました(^^ゞ

うちの息子は現在小学3年生ですが、中学受験を前提に進学塾に行くことにしました。

そこで、親の心構えとして読んだのですが、なかなかの良書だったと思います。

中学受験に成功した「小学生」の生活が紹介されており、自分の子供にあった勉強法や人間力の育み方などをわかりやすく紹介しています。

全ページカラーなうえ、イラストや統計的なデータもふんだんに盛り込まれていて、とても読みやすかったです。
また、親自身の資格試験の勉強に応用できそうなことも書かれていました。

小学6年生ぐらいの子供を持つ受験を想定している親が読んだら物足りないかもしれませんが、3年生、4年生の子供を持つ親御さんなら、一読しても決して損はないと思いますよ。

受験を考えていない家庭でも、子供に勉強する習慣をつけたいと考えているならオススメです。

 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター