練習しないで、字がうまくなる!

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

練習しないで、字がうまくなる!練習しないで、字がうまくなる!
(2011/12/16)
阿久津直記

商品詳細を見る


ネットで紹介されているのを見て購入しました。

題名からもわかるように、練習に頼らず上手く見せるコツについて書かれた本です。

半分近くが文房具について書かれています。

実は僕自身、ぶっちゃけ字が汚くて、ペン字の練習とかやってみたんですが、普段の字はほとんど変わりません。

紹介されている文房具を何本かゲットして使い比べてみましたが、普通にボールペン字の本を買って練習したほうがうまくなると思いました。(慣れたら違うのかもしれませんが、紹介されているインクは使いにくかったです)

ただ、ボールペンのペン先や、ボール径の大きさなどは意識をしたことがなかったので、その辺は改めて書き比べてみて、発見がありました。

個人的には、油性でボール径の小さいやつで使い勝手のよさそうなボールペンを探してみようと思います。
あと、漢字の書き順をきちんと覚えなおそうと思いました。(そうしないと正しいトメ・ハネ・ハライがわかりませんから)

一読すれば、いろいろ道具をそろえることで、モチベーションは上がるかもしれません。

 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

スポンサーサイト

百瀬、こっちを向いて。

どうも、みなほし☆です。
本日ご紹介する本はコチラ。ライトな恋愛小説です↓↓
百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)
(2010/08/31)
中田 永一

商品詳細を見る



暇つぶしに読む本をブックオフで探していたときに見つけた1冊。

主に中高生恋愛を中心に据えた、恋愛の切なさがみずみずしい短編集です。
 表題作の『百瀬、こっちを向いて』のほか、『なみうちぎわ』『キャベツ畑に彼の声』 『小梅が通る』
と、全部で4編の物語が収められていました。

 実は、僕自身はこの作者が乙一の別名義という前知識があったので、そのつもりで読みました。
そのせいかもしれませんが、ぶっちゃけ物足りなかったです。
 解説にソーダ水の魅惑とあるけど、水っぽすぎる感じ。あくまで恋愛小説であるため乙一名義で書かれた作品に比べ、パンチが足りない印象でした。

その中でいちばん楽しめたのは『小梅が通る』でした。
ベタな王道的展開なのですが、それだけに期待を裏切られることなく面白かったです。

 ちょっとした息抜きに甘酸っぱい青春を感じたいなら一読してもいいかもしれません。

 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

大震災の後で人生について語るということ

どうも、緒浅丸です。
新年のあいさつが遅くなりましたが、今年もヨロシクお願いします。

さて、2012年、最初にご紹介する本はコチラです↓↓
大震災の後で人生について語るということ大震災の後で人生について語るということ
(2011/07/30)
橘 玲

商品詳細を見る


この著者の作品はだいたい読んでいて、更に大震災の後の人生についての本らしいので
すごく興味を持っていました。
ただ、ネットの書評などを見ると、過去の著書の総集編に近い内容みたいなので購入はためらわれ、図書館で予約をして借りて読みました。

 昨年末のうちに借りて読了していたのですが、内容を消化するのに時間がかかり、ご案内が遅くなりました。

 内容は、この国に潜む人生のリスクについて述べられています。

 昨年3月に起きた災害と1997年に引き起こされた『見えない大災害』の話から始まり、戦後日本の人生設計を支配してきた『不動産神話』『会社神話』『円神話』『国家神話』が崩壊してきた様を順に述べていきます。
 また、自分の市場価値を高めておくことと、世界株に連動するETFを資産の一部に組み込んでおくことを提案しています。

 4つの神話の崩壊とそれにそなえた2つの活動については、これまでの書籍のなかでも何度か述べられており、特に新鮮味は感じませんでしたが、初めて著者の本を読む人にとっては十分価値があるでしょう

 ですが、自分が個人的に印象に残ったのは、この本の最後のほうで、著者が《私がこれまで書いてきたことは、この圧倒的な現実の前ではたんなる絵空事でしかありません》と述べ、また、《その絵空事を徹底して突き詰めることでしか、その先に進むことはできないのではないか──》と述べている部分でした。

 一度は災害に打ちのめされた著者の覚悟が感じられました。

 表紙の裏に「<お金とリスクの経済入門>斜陽の国の明るい人生設計」とあり、震災が起こらなければ、こちらが本来のタイトルになったのかも知れません。

 明るい人生設計を築くため、バザール世界で得通用する『評判』をゲットできるよう、ブログで意見を発信し続けようと思いました。

 興味をもったら、ぜひこちらから検索してみてください。お得にゲットできるかも?
ブックオフオンライン

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター