残酷すぎる成功法則──エビデンスでブ厚く補強された成功法則

どうも、緒浅丸です。
2月も半ばを過ぎ、なんだか寒さが緩む日が増えて気がします。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:残酷すぎる成功法則
著者名 :エリック・バーカー
初版発行:2017年11月3日
ページ数:336P
定価  :1500円+税
出版社 :飛鳥新社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
監訳者序文
序章 なせ、「成功する人の条件」を誰もが勘違いしているのか
第1章 成功するにはエリートコースを目指すべき?
第2章 「いい人」は成功できない?
第3章 勝者は決して諦めず、切り替えの早い者は勝てないのか?
第4章 なぜ「ネットワーキング」はうまくいかないのか
第5章 「できる」と自信を持つのには効果がある?
第6章 仕事バカ……それとも、ワーク・ライフ・バランス?
結論 本当に人生を成功に導く法則は何か?
監訳者解説


自分が良く読む橘玲氏が監訳しており、ジャンル的にも興味をそそられる本だったので、積読が溜まっているにもかかわらず、本屋でゲットしました。

著者のエリック・バーカー氏はアメリカで大人気のブログ“Barking Up The Wrong Tree”の執筆者の方です。脚本家としてウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、20世紀フォックスなどハリウッドの映画会社の作品に関わった経歴をもち、今回のご紹介する本は初の書き下ろしにして全米ベストセラーにもなっています。

ネットでチェックしたら著者のウェブサイトのアドレスが、『馬鹿ですよ.com(https://www.bakadesuyo.com/)』になっているのもユニークですね。

さて、この本は、様々な自己啓発の成功法則を、エビデンス(証拠)と照らし合わせて見ていくといった内容です。世に出ている研究成果、学説などを比較検討した上で、一定の解釈を出しています。
言ってはいけない』みたいな雰囲気の内容だと感じました。

期待値が高すぎたのか、ちょっと読むのがしんどかったです。
具体的には、第4章辺りから読むスピードが遅くなりました。人付き合いに関するテーマだったんですが、どこか書かれている内容に拒否反応があったのかも知れません。

上手くいく方法についての具体的なテクニックが読み取れなかくて、ふーん、ナルホド……とはなったものの、具体的に動き出すカンフル剤にはなり得ませんでした。

この本がブ厚いのにはワケがあったのは確かですが、個人的には薄くてもいいのでもっと読みやすいのが良かったかも。
新書サイズで、エビデンスよりHOWTO多めのほうが好みです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

スポンサーサイト

「15分掃除」がわが家を変える! ──掃除の際に心強い1冊

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:プロが教える 「15分掃除」がわが家を変える!
著者名 :NPO法人 日本ハウスクリーニング協会 監修
初版発行:2008年7月25日
ページ数:143P
定価  :1300円+税
出版社 :世界文化社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
序章 プロが教える掃除の5つのステップ
第1章 もう散らからない! キッチンの片づけ&掃除
第2章 いつも清潔!サニタリーの片づけ&掃除
第3章 家全体がすっきり見える!床の片づけ&掃除
第4章 毎日気持ちよく過ごせるお部屋の片づけ&掃除
第5章 住まいの第一印象を決める外まわりも忘れずに


ずいぶん前に整理整頓のために購入した本です。実はザックリとは読了済なものの、その時はレビューするほど読み込むには至らないと判断し、積読にしました。
その後一度、引っ越しの際の掃除につまみ読みして結構重宝しましたが、引っ越してからはどこに片づけたかわからなくなっていました。

家の中のいろいろな場所の掃除の方法を15分に区切って解説してある本です。
15分刻みっていうのがお手軽でいいかなって感じました。
ちょっとしたスキマ時間を活用できるからです。

また、写真が多く、多くても見開き2ページほどで掃除の仕方が紹介されている点もとても読みやすくて良かったです。

ただ、なかなか実践できていません。
掃除の前の片づけができてなかったり、掃除道具を揃えられていないためです。
例えば 重曹とか、雑巾とか……
今回読み直したのを機にちょっとずつでもそろえることを検討中デス。

自分は実践できていませんが、スゴクいい本だと思います。
序章の部分を読むだけでも十分役立ちます。

また、最近、新しい版が出版されたみたいです。

そちらを購入してもいいかもしれませんね。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

バカは最強の法則──ホリエ流成功メソッドの初めてのまんが化

どうも、緒浅丸です。
もうすぐ8月も終わりですね。
一昨日は北朝鮮のミサイルも発射されたりして、戦争間近な予感もしますが、どうしていいかもわからず、いつもと変わらぬ日常を過ごしています。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:バカは最強の法則 まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方
著者名 :堀江貴文 真鍋昌平(原案)松本勇祐(作画)
初版発行:2017年7月31日
ページ数:176P
定価  :900円+税
出版社 :小学館
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
主な登場人物
Prologue ビジネスで一番大切なもの
はじめに
Episode1 バカは頭が良い人よりも成功しやすい
Episode2 デキないヤツを助けていると転落する
Episode3 カネ儲けで一番大切なリスク管理の話
Episode4 SNSで簡単に「いいね」するヤツは危険
Episode5 カネの本質を知らないヤツは失敗する
Episode6 ビジネスはギブ&ギブ、おまけにギブ!
Episode7 ブラックな勤め先はすぐに飛び出せ!
Epilogue バカになって走り回ったら…


ホリエ流成功メソッドを、サクッとまんがで吸収できるなら楽しいかもと思い、購入しました。
お値段も1000円切っていてリーズナブルです。

著者はホリエモンこと堀江貴文氏。この作品はウシジマくんとのコラボ作品なので、原案にウシジマくんの作者である真鍋昌平氏の名前もあります。作画はウシジマくんのスピンオフ作品を描いている松本勇祐氏です。

銀行に勤める新人OLを主人公に、ホリエモンがモデルと思われる実業家とのやり取りが絡むストーリーを追っていくと、ホリエモン流の成功メソッドが自然にわかる仕組みになっています。

堀江氏の考え方の核となるものがコンパクトにまとまっており、コミカルなまんがスタイルなのでするりと入っていきます。
ウスい内容の本ですが、そもそも柔らかめの本を求めていたので、自分的にはまったく問題はありませんでした。

最初、絵がちゃちぃ気がしたが、慣れたら味があります。

あと、ウシジマくんを読んでいなくても問題はないんですが、読んでいるとニヤリとする場面がチラホラあります。

30分ぐらいで読了できます。
何度も読み返せる作品だと思います。

103Pのシーンがなければ子供にも勧められるんですが、ちょっとそこが残念だったかも?

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。


最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

融資の基礎知識──『半沢直樹』の作者によるわかりやすい融資の本

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:これだけ覚える 融資の基礎知識
著者名 :池井戸潤
初版発行:平成17年3月17日
ページ数:207P
定価  :1800円+税
出版社 :近代セールス者
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに
第1章 融資の基礎知識
第2章 財務分析の基礎知識
第3章 担保の基礎知識
第4章 融資実行・管理の基礎知識

『半沢直樹』で有名なベストセラー作家、池井戸潤氏がが執筆したビジネス書ということで興味を持ちました。
自分も金融関係の仕事をしているので、仕事上で役立つかもしれないという期待もありました。

本書は金融機関の融資担当者に必要な基礎知識をまとめたやさしい入門書です。
1992年に初版を発行されたあと、金融界の大きな情勢の変化に合わせて2005年に大幅改定されています。
融資の心構えから始まり、財務分析や担保の取り方、実行や管理の基礎知識など、本当の基礎がみっちりつまっています。
見開き2ページで半分は図や表となっていて、大変読みやすいです。
ただ、どのページも濃縮された内容なので、自分がすでに知っているところについてはさっと読みえることができたんですが、自分が苦手としている項目については、判りやすいだけに読み飛ばさないよう、逆にじっくりと読み込み、時間がかかってしまいました。

個人的に勉強になったのは財務分析の章で、特に貸借対照表の並びで会社の財務内容のバランスを把握するという方法は感心しました。また、今はやっていないんですが、株式投資を再開したときに企業の分析にも使えそうです。

手元において、時々チェックしたい1冊でした。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方──仕事の生産性をUPさせるロングセラー

どうも、緒浅丸です。
6月に入り、しばらくいい天気が続いていましたが、ようやく梅雨らしい天気になりましたね。
晴耕雨読。読書にはちょうど良いかもしれません。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方
著者名 :宇都出雅巳
初版発行:2016年8月21日
ページ数:238P
定価  :1380円+税
出版社 :クロスメディア・パブリッシング
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに
1章 メモリーミス
メモリーミスが起きる原因
メモリーミスの基本対策
メモリーマスターへの道
2章 アテンションミス
アテンションミスが起きる原因
アテンションミスの基本対策
アテンションマスターへの道
3章 コミュニケーションミス
コミュニケーションミスが起きる原因
コミュニケーションミスの基本対策
コミュニケーションマスターへの道
4章 ジャッジメントミス
ジャッジメントミスが起きる原因
ジャッジメントミスの基本対策
ジャッジメントマスターへの道
おわりに


リアル書店で見かけ、衝動買いした本です。

著者の宇都出雅巳氏は30年に渡り心理学や記憶術、速読などを実践研究されている方で、脳科学、認知科学の知見も積極的に取り入れた独自のコミュニケーション法、学習法を確立されている方です。
以前、『「1分スピード記憶」勉強法』をご紹介させてもらったことがあるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

この本は仕事のミスを、メモリーミス(忘れた!)・アテンションミス(見落とした!)・コミュニケーションミス(伝わっていない!聞いていない!)ジャッジメントミス(判断を間違えた!)の4つに分け、それぞれのミスが起こるメカニズムと、ミスを防ぐ基本対策を解説してくれています。
「ワーキングメモリ」「潜在記憶」をはじめ、とする私たちの脳、特に記憶の正体を知ることにより、仕事のミスがなくなるのは勿論、思考をはじめ仕事の生産性向上のアップにつながるとのことです。

ただ、読みながら、気になる部分にけっこう附せんは貼ったんですが、正直、目からうろこが落ちるような感覚はなかったし、脳みそがシェイクされるような衝撃を感じる部分もありませんでした
ぶっちゃけ、、心にあまり刺さらなかったのです。

以前読んだ『「1分スピード記憶」勉強法』と切り口が違うだけで同じような内容だったからかも知れません。

改めて見直すと、結構よいことが書かれているので、やはり、20分後には42%忘れてしまうことが理由なのでしょうか?

ただ、今までこの手の本を読んだことがないなら、きっと役立つ情報が見つかるはずです。
興味を持たれた方はチェックしてみてはいかがでしょう。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

それでは最後に、、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
金融系40代サラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしていきます。

mail:minahosi@infoseek.jp


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター