仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方──仕事の生産性をUPさせるロングセラー

どうも、緒浅丸です。
6月に入り、しばらくいい天気が続いていましたが、ようやく梅雨らしい天気になりましたね。
晴耕雨読。読書にはちょうど良いかもしれません。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方
著者名 :宇都出雅巳
初版発行:2016年8月21日
ページ数:238P
定価  :1380円+税
出版社 :クロスメディア・パブリッシング
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに
1章 メモリーミス
メモリーミスが起きる原因
メモリーミスの基本対策
メモリーマスターへの道
2章 アテンションミス
アテンションミスが起きる原因
アテンションミスの基本対策
アテンションマスターへの道
3章 コミュニケーションミス
コミュニケーションミスが起きる原因
コミュニケーションミスの基本対策
コミュニケーションマスターへの道
4章 ジャッジメントミス
ジャッジメントミスが起きる原因
ジャッジメントミスの基本対策
ジャッジメントマスターへの道
おわりに


リアル書店で見かけ、衝動買いした本です。

著者の宇都出雅巳氏は30年に渡り心理学や記憶術、速読などを実践研究されている方で、脳科学、認知科学の知見も積極的に取り入れた独自のコミュニケーション法、学習法を確立されている方です。
以前、『「1分スピード記憶」勉強法』をご紹介させてもらったことがあるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

この本は仕事のミスを、メモリーミス(忘れた!)・アテンションミス(見落とした!)・コミュニケーションミス(伝わっていない!聞いていない!)ジャッジメントミス(判断を間違えた!)の4つに分け、それぞれのミスが起こるメカニズムと、ミスを防ぐ基本対策を解説してくれています。
「ワーキングメモリ」「潜在記憶」をはじめ、とする私たちの脳、特に記憶の正体を知ることにより、仕事のミスがなくなるのは勿論、思考をはじめ仕事の生産性向上のアップにつながるとのことです。

ただ、読みながら、気になる部分にけっこう附せんは貼ったんですが、正直、目からうろこが落ちるような感覚はなかったし、脳みそがシェイクされるような衝撃を感じる部分もありませんでした
ぶっちゃけ、、心にあまり刺さらなかったのです。

以前読んだ『「1分スピード記憶」勉強法』と切り口が違うだけで同じような内容だったからかも知れません。

改めて見直すと、結構よいことが書かれているので、やはり、20分後には42%忘れてしまうことが理由なのでしょうか?

ただ、今までこの手の本を読んだことがないなら、きっと役立つ情報が見つかるはずです。
興味を持たれた方はチェックしてみてはいかがでしょう。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

それでは最後に、、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

スポンサーサイト

マンガで読む 人生がときめく片づけの魔法──マンガだからすんなり読める

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:マンガで読む人生がときめく片づけの魔法
著者名 :近藤麻理恵 マンガ★ウラモトユウコ
初版発行:2017年2月15日
ページ数:189P
定価  :1200円+税
出版社 :サンマーク出版
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
1話 片づけることを決意する
2話 理想の暮らしを考える
3話 まずは「捨てる」を終わらせる
4話 正しい順番で「モノ別」に片づける
5話 とにかくたたむ、とにかく立てる
6話 「本類」は読まずにさわるだけで選ぶ
7話 書類は「全捨て」を基本に考える
8話 「思い出品」は最後に片づける
9話 「あるべき場所」にモノを収める
10話 本当の人生は片づけたあとに始まる
あとがき


以前単行本版を読んだことはあったんですが、このたび引っ越しのごたごたで改めて片づけを勉強しなおしたいと思い、思い切って購入。

著者の近藤麻理恵さんは、2011年に出版した『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版)がベストセラーの片づけコンサルタントの方です。
その昔は『金スマ』なんかで、なんども特集が組まれていました。
海外でも話題を呼び、世界31カ国での翻訳が決定しているとのこと。
なんと、ドラマ化もされていたみたいです。

この本は、その『人生がときめく片づけの魔法』のマンガ版で、片付けられない29歳の女性が、こんまりさんに片づけを教わり部屋をきれいにしていく物語を読むうちに「片づけメソッド」が理解できるようになっています。

マンガなのですごく読みやすいし、片付けの手順もマンガなので具体的にわかります。

自分の場合、服などは全く無頓着なのですが、本がなかなか整理できません。
(このブログでも積読の報告しているし)
これをきっかけに、理想の暮らしを明確化し、なんとなくある品々と決別し、新たな生活を送りたいと考えています。

この連休に一読してときめきながら片付けしてみてはいかがでしょう?

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

仕事の問題地図──恒常的な仕事のムリ・ムダの改善のための1冊

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:仕事の問題地図
著者名 :沢渡あまね
初版発行:2017年3月21日
ページ数:221P
定価  :1480円+税
出版社 :技術評論社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに~どうして仕事が進まない、終わらない?
1丁目計画不在
2丁目進捗不明
3丁目一体感がない
4丁目モチベーションが低い
5丁目期限に終わらない
6丁目意見を言わない
7丁目有識者不在
8丁目抵抗勢力の壁
9丁目対立を避ける
10丁目失敗しっぱなし
おわりに~「だって、人間だもの!」に向き合おう

ちょうど年度末で人事異動があり、これからの組織に不安があった折、リアル書店で見かけ、購入を決意。

著者の沢渡あまね氏については今まで存じなかったのですが、業務改善・オフィスコミュニケーション改善士とのこと。あまねキャリア工房を立ち上げ、代表に就任されています。

リアル書店で見かけた際、この本と一緒に『職場の問題地図』という本も並んでいました。
どちらを購入するか迷いましたが、他方には副題に「残業うんぬん~」と書かれていたので、自分は残業しない派なのでそこらへんは問題ないかなと思い、こちらを購入しました。

この本では、常に変化する仕事を生きものととらえ、仕事が思うように進まないor終わらない実態の原因・要因を地図にして、解決策を提案しています。

問題提起⇒原因⇒対策 のフレームで書かれていいます。
読みやすいのですが、自分的には踏み込みが浅く、あまり中身が頭に残らなかったです。

働き方の改善のヒントを期待して購入したのですが、実際に新たな人事で仕事が動き始めたら、不安も縮小し忙しさに忙殺されて内容を顧みる余裕もないためかもしれません。

恒常的な仕事のムリ・ムダの改善と人事異動等の混乱に対する改善とではポイントがズレている可能性もあります。

悪くはないとは思うんですが、響く部分がなくてちょっと残念な1冊でした。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

考え方のコツ──「仕事」と生活で、思考し想像するために

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:考え方のコツ
著者名 :松浦弥太郎
初版発行:2014年11月30日
ページ数:203P
定価  :580円+税
出版社 :朝日新聞出版
形式  :文庫(朝日文庫)

目次
はじめに 歯車の一つになるために
第一章 思考術 なんでも知っている人ではなく、なんでも考える人になる
第二章 想像術 面ではなく、たくさんの点をイメージする
第三章 コミュニケーション術 群れの中で、群れにのみ込まれない泳ぎ方とは
第四章 時間管理術 時間に好かれ、時間を味方につける
第五章 グローバル術 メンバーではなくプレイヤーとして働く力

以前、リアル書店で平積みされているのを見かけ、気になったので衝動的に購入しました。

著者は『暮らしの手帳』前編集長で、「COW BOOKS」代表の松浦弥太郎氏。現在は、文筆業の傍ら、cookpadの新サービス「くらしのきほん」の編集長をされています。
2015年に『暮しの手帖』を辞めてクックパッドという新しい場所へ活躍の場を移行されました。こちらの本に書かれている内容は書かれている内容は少しも色あせていないと思います。

この本は、著者が仕事において自分を高めるために書き出しておいたメモをまとめたもので、日々の仕事と生活に、思考術・想像術・コミュニケーション術・時間管理術・グローバル術の5つのカテゴライズから、変化と成長をもたらす35のコツを説いています。
2012年に刊行された本の文庫化ですが、読み心地が良い本で、脳に染み込むように内容が入っていきます。
普遍的で基本的なことが書かれており、少しも色あせていない内容の良書だと感じました。

個人的に参考になったのは、思考術の『思考を「書くこと」で視覚化する』と、時間管理術の『四つの「時間割」で時間の使途を意識する』の部分で、これからの生活に反映させていきたいと思います。
特に、考えを紙に書くことについては、やり方は違うけど、ゼロ秒思考もそうだし、今読みかけのスティーブジョブズもやっているみたいなので、きっとおススメです。

全体的な印象としては、「ていねいに生きる」がテーマなのだろうと感じました。

全然ノーマークの本だったんですが、ちょっとした掘り出し物でした。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

運を味方にする達人──本の表紙からは想像できない当時のRPGブームに乗っかった格言集。

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:運を味方にする達人
著者名 :中谷彰宏
初版発行:1994年6月15日
ページ数:187P
定価  :440円
出版社 :PHP研究所
形式  :文庫(PHP文庫)

目次
本当の自分、それが「守護神」だ。
組織を動かすエリート『騎士』
プロフェッショナルなアウトサイダー『傭兵戦士』
魔術を探求する学者『呪術師』
人を動かす魔術師『霊媒師』
エクスタシーにトリップする預言者『シャーマン』
バランス感覚に優れた軽業師『道化師』
心を癒す医者『遊女』
恋に生きるロマンチスト『吟遊詩人』
危険を愛するギャンブラー『冒険商人』

知り合いが購入したもので、特に頼んだわけではないですが、譲っていただきました。
20年以上前の本です。

著者は、僕らの時代では『面接の達人』などで有名だった中谷彰宏氏。
自己啓発書のはしりみたいな感じで、恋愛や仕事術などの悩みについて、格言風にわかりやすい言葉で伝える本を多数出されていました。

この本もそういったタイプの本です。
ただ特徴的なのは、 表紙からは想像ができないですが、自分の前世の守護神をRPGのキャラクターに見立て、その守護神が発する言葉として、格言風の内容が記されていることです。

運を味方にするための方法が、具体的に書かれているわけではありません。

しかも、見開きで、右側に格言風の言葉、左側にその言葉に対する補足説明があるんですが、自分が読む限りでは、格言風の言葉はどのキャラクターの章も大して変わらない内容で、分類の意味なかったんじゃないかって感じなんです。

例えば、

『摩擦は気持ちいい。
 けんかは強いやつと、
 セックスはいいやつと。』

って、どの守護神の言葉だと思いますか?
人を動かす魔術師『霊媒師』の言葉です。
アウトサイダーな『傭兵戦士』でも、エクスタシーにトリップする『シャーマン』でも、アリな言葉だと思いませんか?

SFとかファンタジーとか好きな自分ですら、読み進めるのが結構しんどいのだから、そういう系に免疫がない人なら、余計受け付けないんじゃないでしょうか。
個人的には嫌いじゃないけど、間違いなく8割は即捨てされそうな本。
読むのはさくっと読めるので、一周回って、ネタとして楽しむならアリかもしれません。

興味を持たれた方はどうぞ☆

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター