スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン──豊富なプレゼンテクニックがぎっしり

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
著者名 :カーマイン・ガロ
初版発行:2010年7月20日
ページ数:405P
定価  :1800円+税
出版社 :日経BP社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
プロローグ
第1幕 ストーリーを作る
 シーン1  構想はアナログでまとめる
 シーン2  一番大事な問いに答える
 シーン3  救世主的な目的意識を持つ
 シーン4  ツイッターのようなヘッドラインを作る
 シーン5  ロードマップを描く
 シーン6  敵役を導入する
 シーン7  正義の味方を登場させる
 幕間──その1 10分ルール
第2幕 体験を提供する
 シーン8  禅の心で伝える
 シーン9  数字をドレスアップする
 シーン10 「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う
 シーン11 ステージを共有する
 シーン12 小道具を上手に使う
 シーン13 「うっそー!」な瞬間を演出する
 幕間──その2 第一人者から学んだシラー
第3幕 仕上げと練習を行う
 シーン14 存在感の出し方を身につける
 シーン15 簡単そうに見せる
 シーン16 目的にあった服装をする
 シーン17 台本を捨てる
 シーン18 楽しむ
アンコール 最後にもうひとつ

どこかのブログでオススメと紹介されていたので購入した本です。
聴衆を魅了し続ける世界一の経営者、AppleのCEO、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションテクニックを18の法則+αで紹介している本です。
iPhone発表時などスティーブ・ジョブズの伝説のプレゼンを紹介しながら、その秘密を詳しく解説していきます。

ただし、スティーブ・ジョブズ本人ではなく、コミュニケーションのスキルなどを教えるコーチが、ジョブズのプレゼンを多角的に分析して体系的にまとめたものでした。

正直、最初は自分は今までジョブズのプレゼンを見たことがなかったので、ちょっぴりピンと来ない部分があったんですが、読んでいるうちにアップル製品が欲しくなっちゃいました。(スマホはiPhone6だけど)

プレゼンをする機会があれば、この本を読んだ経験はきっと役立つと思います。
自分的には、動画がネットでアップされているので、それをチェクして改めて目を通したいと思いました。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

続きを読む

スポンサーサイト

マンガでよくわかる怒らない技術──アンガーマネジメントで「怒られない技術」に応用可能かも?

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:マンガでよくわかる怒らない技術
著者名 :嶋津良智 著 星井博文 漫画原作 アサミネ鈴 作画
初版発行:2016年3月15日
ページ数:203P
定価  :1300円+税
出版社 :フォレスト出版
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
登場人物紹介
はじめに
プロローグ 「怒らない技術」で人生は変わる
POINT 01 帰らるもの、変えられないものを見分けよう
POINT 02 自分の感情が怒りを生む
POINT 03 怒りをコントロールするメリット

第1話 「怒るか」「怒らないか」を決めているのは自分自身
POINT 04 目の前の出来事には何の意味もない
POINT 05 「怒るか」「怒らないか」を決めているのはあなた自身
POINT 06 人の責任にすることをやめる
POINT 07 アンガーログを取る

第2話 「第一感情」と「価値観の眼鏡」が怒らない技術のカギ
POINT 08 イライラや怒りは第二感情、まず第一感情を探す
POINT 09 価値観の眼鏡をかけかえる
POINT 10 魔法の呪文をもつ
POINT 11 怒らないと職場が元気になる

第3話 怒らずに気持ちが伝わる「4つのポイント」
POINT 12 目の前の状況が変わればストレスはなくなる
POINT 13 気持ちを伝えあう大切さ
POINT 14 変えられることに焦点を当てて状況を変える

人生をうまくいかせる「3つのルール」
POINT 15 人生をうまくいかせる「3つのルール」その1 命と時間を大切にする
POINT 16 人生をうまくいかせる「3つのルール」その2 思ったとおりにいかないのは楽しいこと
POINT 17 人生をうまくいかせる「3つのルール」その3 成功できなくても必ず成長できる
エピローグ
おわりに

発売されてすぐ本屋で見かけ、マンガで読みやすそうだし、感情のコントロールは大事だしと思って即購入したものの、しばらく積読になっていた本です。

著者の嶋津良智氏は教育コンサルタントで、早稲田大学の講師もされています。
かつてはITベンチャー企業で「KKDマネジメント」(「恐怖」「脅迫」「ドツキ」)を行っていましたが、それではチームの成績をトップクラスに保つことはできないと気づき、現在では怒らない技術を活用しているそうです。

本書は、その著者が累計90万部を突破した『怒らない技術』シリーズをマンガ化したものです。
マンガの主人公は、食品会社の営業部で働く入社4年目の女子社員で、新商品のリーダーを任されますが、部下が思うように動いてくれず、毎日イライラしたり、怒ってばかりいます。しかし、「怒らない技術」を知り、仕事で実践することにより、徐々に部下の仕事ぶりやチームの雰囲気が好転していくといった内容です。

この手の作品の常で、マンガでストーリーが進んだ後、ポイントとなる部分の説明が入る構成になっています。
ストーリ展開が判りやすいのはもちろん、絵柄も好感が持ててとても読みやすかったです。

いろいろ勉強になりましたが、個人的には、怒りが第二感情で、その前に第一感情があるというのが特に印象に残りました。

実は自分の場合、怒るより怒られることの方が多いので、『怒らせない技術』として応用していこうかなと思っています。

さらに、本を購入された方には、読者限定特典の2つのプレゼント、
『もうひとつの「怒らない技術」』と『「アンガーログ」どこでもシート』もGETできちゃいます。

興味を持たれた方はぜひ購入してみてはいかがでしょう?

それでは最後に、個人的に気になったフレーズです。

イライラしていなかったら、別の対応ができたのではないでしょうか。P29

起こっている問題に対して、「原因をつくったのは私ではありません」と主張しているだけで、事態を前に進めようという発想で発言や行動をしていないのです。P33

心や感情をコントロールできれば、人生はコントロールできます。P62

気分がいいと、起きた出来事をプラスに受け取ります。その状態でプラスの意思決定をして、プラスの行動を起こし、プラスの成果につながります。P65

ノートや日記、メモなどを使って「アンガーログ」(怒りの記録)をとるのです。P73

「あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ」と追い込まれ、慢性的にイライラするようになるP77

怒りは第二感情といって、その背景に第一感情があるんだP82

自分にとって都合のいい意味付けをするのではなく、のちのち後悔のない、自分がほしい成果に対して必要な意味づけをすることが必要です。P118

上機嫌は上機嫌を呼び、不機嫌は不機嫌を呼びます。P120

「疲れた」「時間がない」「忙しい」は禁句P122

怒らないからストレスが溜まるんじゃない いつまでも目の前の状況が変わらないからストレスが溜まるんだP129

怒るのではなく『課題を解決する』という気持ちで接するP130

最後に必ず、「いろいろ話したけれど正直な気持ちです。どう思ったか、聞かせてくれませんか」と相手の気持ちを聞くことにしています。P145

相手のよいところ、すばらしいところを探し、口に出して相手に伝えるP152

嫌いな上司とうまく付き合っていくには、上司の思考を知ることです。P156

頑張って努力をすれば成功が手に入るかわからないが成長は必ず手に入るP176

苦しみから脱出するための試行錯誤こそが成長のエネルギーなのです。P191

人は結果から学ぶことはありません。人はプロセスから学ぶ生き物です。P193


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

マンガでやさしくわかるNLP──実践心理学・NLPを知る、うってつけの入門書

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:マンガでやさしくわかるNLP
著者名 :山崎啓支・サノマリナ
初版発行:2012年3月1日
ページ数:237P
定価  :1500円+税
出版社 :日本能率協会マネジメントセンター
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに
Prologue NLPとは
Part1 プログラムを修正する
Part2 信頼関係を作る
Part3 新しいプログラムをインストールする
Part4 リーダーとして最もたいせつなこと

NLPについて、サクっとわかる本を探していて、これが一番読みやすそうだと思い、購入しました。
購入時スグに、ザックリと読了済だったんですが、今回レビューするために改めて読み始めたら結構てこずって、きっちり読了するのに数日かかってしまいました。

著者の山崎啓支氏は株式会社NLPラーニングの代表取締役で10年以上NLPにかかわっておられる方です。また、イラスト兼マンガを描いてくれているサノマリナ氏は、他にも何冊もビジネスコミックを手掛けており、くせのない非常に読みやすい絵柄でした。

この本は、課題目標や目標達成に役立つ実践心理学・NLP(神経言語プログラミング)を幅広い層にも気軽に読んでいただけるような入門書としてつくられたものです。
NLPは言語学と心理学を効果的に組み合わせた実践手法のことなのですが、マンガでストーリーが語られ、それを補足する形で解説がある構成なので、とても読みやすかったです。

また、今回改めて読むにあたって、「ラポール」についてはうっすらと記憶があったものの、「アソシエイト」「ディソシエイト」「リフレーム」などに関しては、依然読んだ記憶からはすっぽりと抜け落ちていたので、再読した意義がありました。

今回読んだことを活用して、職場などの人間関係をより良くしていきたいですね。

NLPが何なのか、まずは知りたいという方にはうってつけの入門書だと思いました。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

NLPをひと言で説明すると、言語学と心理学を効果的に組み合わせた実践手法のことP24

研究の土台となったのが「モデリング」と呼ばれる方法です。P24

人間はプログラムの無いまっさらな状態で生まれて、その後「体験」と「言葉」によって様々な「プログラム」を身につけていくことになるのです。P26

そもそも「気づく」とは、それを言語化することを意味します。P31

今の経験はステップアップのチャンスと考えれば気が楽になりませんかP54(※陽転思考)

幸せになるためには「豊かさを感じている時間を増やすこと」と「ストレスを感じている時間を減らすこと」ということになるP70

刺激の内容は「無色透明な出来事+それに被せたイメージ」P72(※事実はひとつ、考え方は二つ→身体感覚的反応(感じ方)の変更)

状況は全く同じですが、仕事に対して貼り付けていた「枠組み(フレーム)」が変わったのです。P79

アソシエイト、ディソシエイトは、リフレームだけでなく様々なNLPスキルの土台となります。P84(※アソシエイトは感情移入している状態・ディソシエイトは俯瞰している状態)

私たちは「五感の質」を変更することにより記憶の編集を行うことができるP94(※「五感」→特定の人物や出来事の印象)

コミュニケーションの成果は 話者が話した量にあるのではなく 聞き手が受け取った量にあるんだP117

「呼吸」「姿勢」「話すスピード」などが合っていると 一緒にいて居心地が良いと感じる!P118

根本的に人間は他人をよく知って「安全」を確保したいという強い動機を持っています。それが最も自然な人間の姿なのです。P129

自分自身しか体験できない私たち人間は、自分の中にあるものは「よくわかっている」と実感し、体験したことがない、自分の中に無いものは「わからない」と感じるP132

自分との共通点が多い人であればあるほど「無意識」はよくわかっていると認識して心を開くことを意味します。P134

相手が話す言葉以上に相手が無意識に発している非言語のサインを注意深く観察P140

商品を買うことも変化を意味するため迷いが生じますが、私たちはラポールがある製品やラポールがある人の勧めには安心して受け入れることができるのです。P143

優れた作家や映画監督、プレゼンテーション上手な人は皆、この原理を応用しています。P144(※「空白の原則」)

肝心な学習は「知得(意識的)」ではなく「体得(無意識的)」ですから、無意識は何気なく接しているものでも「強烈な印象(インパクト)」や「頻繁に見聞きすること(回数)」は勝手に模倣してしまう傾向があるのです。P167

ビジネスで成功したいのならカリスマ経営者のそばで仕事をしてその行動をつぶさに観察すべきです。P168

「今日はどんな感謝すべき出来事があっただろう?」と自問自答してみると、様々な出来事のすばらしい面が思い出されます。P188

結局 自分の中にある価値観で 自他ともに裁くのが人間です!P200

人間は正しいことを言う人についていきたいと思うのではなく、好感を持てる人についていきたいと感じるP215

人間は自分自身しか体験できないので「自分自身の基準=人間の基準」だと錯覚しやすいからですP222


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

なぜかまわりに助けられる人の心理術──厚かましさとは別次元のテクニック

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:なぜかまわりに助けられる人の心理術
著者名 :メンタリストDaiGo
初版発行:2015年8月21日
ページ数:223P
定価  :1300円+税
出版社 :宝島社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次

はじめに
PART1あなたが頑張るのをやめればみんなが幸せになる
PART2「やってもらえる人」の3つのルール
PART3やってあげたいと思わせる7つのトラップ
PART4やってもらってばかりでも好かれる5つの習慣
おわりに

実は常日頃から、どちらかというと、仕事などで他人の手を借りることが多い緒浅丸です。
この本の存在を知った時から、自分からバリバリやる派じゃない自分にぴったりの心理術だと思い、非常に読んでみたいと思っていました。
著者は、人の心を読み操る技術「メンタリズム」を駆使する、日本唯一のメンタリストであるメンタリストDaiGo氏です。TV番組の出演多数のほか、累計80万部を超える著書を誇る著者の活躍は、皆さんご存知かと思います。
この本は、そんな著者が、うまく相手の心を誘導して、自分が「助けてほしい」と思っていることを自然な流れで相手にやってあげたいと思わせるようにするテクニックを紹介した本です。

著者の他の本と同じように、非常に読みやすい本でした。
自分はほかにもいろいろな心理学的な本を読んでいるので、目からウロコ的なびっくりサプライズ情報はなかったんですが、確かにそう言われてみれば……的なナルホド情報は多かったです。

この本を読むと、誰かに助けてもらえる人は、困っている人をまず先に助けてあげており、助けてもらったことを常に感謝している人だとわかります。

個人的には、お世辞を言いきる、過去を引き合いに出して感謝する、小さなお返しを毎日でもするようにしようと思いました。

助けてもらいえない人は、何でも自分で背負い込んでいるからと言い訳して、困っている他人から目を背けているのかも知れませんね。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

自分に対して好意を抱いてもらうには「相手に自分の弱みを見せて、助けてもらう」というプロセスが必要P32 (※ナメられないための対策も必要。あるいは、大局に影響のないささやかな弱みをみせる)

人は誰かに何かをやってあげることで、「自分は必要とされている」と感じられる生き物P35

人間の幸福度というのは、年収の増加とともに高まっていきます。しかし、年収約7万5000ドルのラインで幸福度はあまり高まらなくなってしまうP36(※1ドル=120円とすると、年収900万円)

「やってもらう」プレッシャーに耐えかねて、あなたから逃げ出してしまうのです。P39

彼らに共通する行動は、相手のために(?)少しだけハードルの高い目標を設定して、それをクリアさせ続けるということ。P49(※彼らとは「ダメ男」と「小悪魔女」)

相手に愛情を感じさせてあげるためにも、「助けてもらうこと」と「大きく感謝すること」の組み合わせは必須なのです。P50(※「大きく感謝」していることを伝える技術が大事)

社長が「僕が苦手なことをやってくれて本当にありがとう。すごく助かったよ」と言えば、完璧です。P70

他人に何かをしてもらったときの正しい反応は、「助かったよ、ありがとう」です。P73

「お願い」と言わずに相手が望むビジョンを暗示し、イメージさせるのは、相手を「やってあげたい」という気持ちにさせるひとつのテクニックです。P82

対面でのコミュニケーションは、「感情が伝わりやすい」というメリットがあります。P86

ですが、それは逆に「本心がバレやすい」というデメリットにもなります。P87

「イエス・セット法」が自然に使えるのも、メールのメリットです。P88(※「イエス・セット法」とは相手から必ず「Yes」という返事がもらえる質問を3つ用意して、そのあとに本当に「Yes」と言わせたい質問を行う技術)

人には「一貫性の法則」があります。そのため、何度も「同意する」「共感する」という作業を繰り返していると、脳が「断る」「反論する」という行為にストレスを感じて、否定的な対応ができなくなるのです。P89

あまり人間関係が育まれていなかったり、嫌われているなと感じている場合こそ、先手を打たなくてはいけないということです。P99(※先に何かをしてあげていると5倍のレートでお返しがある)

あまり自分の弱みを見せた経験がない人は、まずはアドバイスをもらうところからはじめるといいでしょう。P106

「あなたのアドバイスを実践しましたよ」という報告とともにお礼を言います。P107

一度言ったお世辞を取り下げるのは失礼です。自信を持って「本当ですよ」と言い返してあげましょう。P116

「ありがとう」という感謝の言葉は否定のしよがないものです。P125

まわりの全員が「自分のことを褒めてくれる人だ=この人が言っていることは本当だ」と信じ込んでいるのですから、ほかの人に対してどんなに歯の浮くようなことを言っていようと、それを「無茶苦茶なお世辞だ」とは言えないのです。P127

相手の分担意識を刺激しない手はありません。
ただし、必ず相手の働きに対して感謝の気持ちを伝えること。P135

「曖昧にお願いする」は、「ローボール・テクニック」と呼ばれる説得技法を利用したテクニック。P137

何度も連続して使える手ではありませんし、「この人は面倒なお願いをしてくる困った人だ」というレッテルを貼られてしまう恐れもあります。P145

「大事なお客様」である彼らが過去に「やってくれたこと」について本当によく覚えていて、会話の端々で感謝の気持ちを表すのです。P147

「やってもらえるループ」をつくり上げるためにも、まずは他人から「やってもらったこと」を忘れないようにしなくてはなりません。P152

何かをやってもらったら、それを当たり前のことだと思わずに、きちんと感謝の言葉を伝えることが大切です。P175

何かをしてもらって、どう感じたのか、「○○の部分がすごく嬉しかったです」と、自分の感情を大きく(少しオーバーに)伝えます。P179

ストーリーを挿入してイメージを持たせるP181(※直接関連するエピソードがいいが、薄いつながりでも構わない)

話を聞くということは、コスト0で相手を喜ばせることができる、いってみれば「最高の報酬」なのです。P187

一番にチェックするべきなのは、写真入りの投稿です。写真は、それがまわりに見てほしいものだという証になるからです。P188

アドバイスをもらったら即実行&共有P191(※スマホで写真を送るだけでも良い)

それぞれに得意なことだけやってもらう。そうすれば心の底から「○○に関してはあなたにしかお願いできない」と言えますし、やっている本人も得意なことなので苦にはなりません。P196

一概には言えませんが、「好きなこと」をやってもらったほうがクオリティの高いものが出てくる可能性が高いのです。P198

アドバイスを生かしていても生かしていなくても、「課長にアドバイスしていただいたアイデアを元に企画を立ててみました。確認していただいてもいいですか?」と確認をとります。P200

小さなステップごとに確認を取って、「ありがとうございます。○○さんのおかげです」と感謝しましょう。P200

1年に1度、誕生日のときにだけ高いプレゼントをくれる人より、週3回100円のコーヒーをくれる人のほうに強い好意を抱くということです。P204

お返しに関しては、質より量(回数)が重要です。大きく返すのではなく、細かく、小さく返すこと。やってもらってばかりなのに好かれる人は、ごくごく小さなお返しをマメにしています。P209

大勢の招待客を呼んで結婚式をした人のほうが、結婚式をしなかった人よりも離婚率が低いといわれるP213

「自分は必要とされている」と思わせることが、やってもらったことへの唯一・最大のご褒美になるのです。P216

「金と権力がないなら、それを持っている人間と組めばいい」P218(※岩崎弥太郎の座右の銘)


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

ぼくは愛を証明しようと思う。──恋愛工学による戦略的恋愛小説

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:ぼくは愛を証明しようと思う。
著者名 :藤沢数希
初版発行:2015年6月24日
ページ数:392P
定価  :1400円+税
出版社 :幻冬舎
形式  :単行本

目次

プロローグ
第1章 非モテコミット
第2章 出会いのトライアスロン
第3章 はじめてのデート
第4章 恋愛プレイヤー
第5章 Aを狙え
第6章 星降る夜に
エピローグ

夏ごろ書店で平積みになっていたし、ネットでもチラホラ噂を聞いていたので興味をもって購入。
著者の藤沢数希氏は、理論物理学研究者・外資系金融機関を経て、投資家・作家となった方です。メルマガ「週刊金融日記」を発行するほか、以前からブログ等で恋愛に関するエントリーを挙げたり、有料メルマガでモテテクを書かれているようなのですが、自分はこの本が発売されるまで、全く知りませんでした。
メルマガの読者は5,000人を超えると言われ、恋愛工学を題材としたこの小説もベストセラーに。年収は2億もあるそうです。

そして、ベストセラーになったこの小説ですが、「恋愛工学」のテクノロジーを応用した男女関係を生き抜くための戦略的恋愛小説でした。
ぶっちゃけナンパ小説で、非モテの主人公が成長する中で、いくつものナンパテク(人間操作術)が披露されています。

ちょっとナンパができるようになると、女をまるで店の棚の上に並ぶ、欲望を叶えるための商品みたいに勘違いするが、本当は自分たちが選んでもらう立場なんだと説きながら、一方で、東京の街は自分たちのでっかいソープランドみたいなもん(しかも無料!)とか書かれていて、内容が矛盾している部分もありますが、その辺はご愛敬。

恋愛だけでなく、営業や投資にも応用が効きそうな感じの内容でした。
ただし、小説として読むと、たくさん出てくる女性が書き割りみたいで厚みがなく、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

恋愛工学に興味がある方なら、一読しても損はないと思いますよ。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター