「1分スピード記憶」勉強法──藁をもすがる思いで手にした勉強法の本

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:「1分スピード記憶」勉強法
著者名 :宇都出雅巳
初版発行:2016年3月10日
ページ数:189P
定価  :640円+税
出版社 :三笠書房
形式  :文庫(知的生きかた文庫)

目次
はじめに 不思議なぐらい、ラクに覚えられて、忘れない一生モノの勉強法
第1章 「記憶力」は誰でもかんたんに、すぐ高められる!
第2章 最速で覚えて、ずっと忘れない「記憶したがる脳」に変わる法
第3章 記憶しながら速く読む!「1分スピード読書法」
第4章 資格試験・大学受験も最短でクリア!「1分スピード試験勉強法」
第5章 楽しみながら確実に上達!「1分スピード英語勉強法」
付録 試した人からうれしい報告続々! 成功体験集


この春、私はAFPの資格をGETしたんですが、勢いに乗って(というか調子に乗って)CFPの資格も獲得しようと思い立ちました。
それで、テキストを取り寄せたんですが、無茶苦茶ムズい!!
このままでは歯が立たないと、手早く攻略できる勉強法を探していて見つけた本です。

著者の宇都出雅巳については何も知らなかったのですが、1ヶ月でCFP試験を一発合格したとあり、この本の購入を決意しました。

短期間でラクに実現した著者の実践的裏技が満載の「記憶勉強法」です。
基本は繰り返し覚えたい物事に触れる、という記憶定着術で、勉強術の本を手に取ったことがある方なら、多少なりと知っているような内容ではありますが、拓一式の問題、記述式の問題、英語学習法など、具体的なやり方が書かれているので参考になります。

個人的には択一式のやり方が具体的に書かれていたのが助かりました。
残念ながら、この6月にあったCFPの試験は残念な結果に終わってしまいましたが、今後も損害保険業務や銀行業務などの試験でこの本に書かれているテクニックを活用したいと思います。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

スポンサーサイト

一流の育て方──もっと早く出会いたかった育て方の本

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:一流の育て方
著者名 :ムーギー・キム/ミセス・パンプキン
初版発行:2016年2月18日
ページ数:351P
定価  :1600円+税
出版社 :ダイヤモンド社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
ムーギー・キムによる本書の概説 「一流」を育てるための7大方針55か条
はじめに 子どもは親のどんな教育方針に感謝している?

第1章 「主体性」を最大限に伸ばす
    Ⅰ 自由に決めさせる
    Ⅱ 助けすぎず、サポートする
    Ⅲ 自分らしさを育む
第2章 「視野」を広げ、天職に導く
    Ⅰ 視野を広げる
    Ⅱ 天職への道をひらく
第3章 やり抜く力「グリット」を育む
    Ⅰ モチベーションを高める
    Ⅱ 真剣に最後まで続けさせる
第4章 一流の「コミュニケーション能力」を磨く
    Ⅰ コミュニケーションに慣れさせる
    Ⅱ 異なる視点・価値観・感情を理解させる
    Ⅲ 心を通わせる習慣を身につけさせる
第5章 これで自分から「勉強」するようになる
    Ⅰ 「習慣づけ」をする
    Ⅱ 「勉強への動機づけ」をする
    Ⅲ 「勉強観」を育む
第6章 「勉強以外の勉強」をさせる
    Ⅰ 自制心・思いやり・教養をしつける
    Ⅱ 親の振る舞いで導く
第7章 「無償の愛情」を感じさせる
    Ⅰ おおらかな環境で子どもを伸ばす
    Ⅱ 無償の愛情で子どもを守る
本書の最後に──ムーギー・キム 親孝行のススメ
おわりに 親から子への愛情に、手抜きは許されない

自分の実家にあり、読んでみたらと勧められた本です。
下の娘が受験をするので、何かの参考になればと読んでみました。

著者はグローバル金融・教育・キャリアに関する多様な講演・執筆活動で活躍し、『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』などのベストセラーがあるムーギー・キム氏と、その母親で、東洋経済オンラインで長期にわたりさまざまな家庭問題について洞察あふれるアドバイスを提供しているミセス・パンプキン氏です。

この本は、200人を超える、東大・京大・早慶を中心とした学生の中でも、学生時代に突出したリーダーシップを発揮してさまざまなグローバル企業に進んだ学生に、両親の家庭教育を振り返って感謝している点、直してほしかった点を自由に記述してもらったアンケートをもとに、四人の子供を育てたミセス・パンプキン氏の経験からの意見でまとめた1冊です。

子どもの意思を尊重し自由に決めさせるが、放任主義になってはいけない、など、読んでみれば、なるほどとうなずける部分が数多く書かれていました。
ただ、具体的に子育てを軌道修正するにはどうすればいいかというテクニックなどは、この本からは読み取れません。
その辺が少し残念でした。

子どもがもっと幼いころに出合えていれば、もっといろいろ吸収することができたかもしれません。

子育てしている人なら読んで損のない一冊です。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

わが家では、あまり細かいアドバイスはしないようにしていましたが、方向性だけは夫が強く「助言」していました。P57

「夢のある仕事、人の役に立つ仕事」を選択の基準にP58

「迷惑をかける人になるな」より「人の役に立つ人物を目指せ」P72

理科や社会の図鑑や雑誌をふんだんに買ってくれたP93

親自身、多様な視点や価値観を尊重できるよう「自分は無知で視野が狭い」という謙虚な現状認識を持つことが大切です。P94

親から見て「くだらない本」でも、子どもが読みたい本は読ませるP100

学力やIQより、長期的に達成する力こそが人生の成功を左右するP122

挑戦すれば失敗はつきものだ。そして失敗にめげる人は挑戦自体をやめてしまい、成長がとまってしまう。P125

よい成績を取ったときくらいほめるか喜んでくれれば、もっと楽しく、やりがいもあったP137

スポーツであっても、勉学であっても、〝上達〟に必要な能力は同じだと思っています。「集中力」「論理力」「反復力」「タイムマネジメント能力」などです。P143

「せめて基礎だけでもマスターせよ」と説得して弱音を受けつけなかった親御さんの固い意志と態度が、何ごともやればできるという自信を持つ魅力的な彼女をつくりあげました。P150

やめるには何を達成する必要があるかという目標を子どもに決めさせるのもよいP151

ここだけの話、感謝の気持ちの強さと人の出世はかなり高い相関関係にあり、感謝をしまくっていればあらゆるところから助けの船が押し寄せてくるものなのだ。P167

外国語の重要性は、英語を使う職場で働いたことがない「親の世代」が古い価値観で判断してはいけないものです。P182

子どもが悪いことをしたときには、なぜそうしたか聞いて、悪いことをした原因を一緒に解決してくれる親であってほしかったです。P193

言葉にせず心に思っているだけでは、相手に伝わらないことが多いものです。P201

感謝する気持ちとそれを言葉と態度で表現する「感謝する習慣」をつくってあげることP202

子どもに勉強させるうえで大切なのは、子どもだけでなく〝人を動かすときの基本〟と同じく、モチベーションをうまく刺激してやることP219

「勉強で一番大切なのは、自分が得意な分野を見つけ、社会貢献を通じて周囲に感謝され、承認される喜びを教えること」P224

お願いしている時点で、それが「親から子へのギフト」だという発想がなくなっています。P228

夕食前の1時間を一緒に勉強する時間と決めて、その時間はどんな都合が生じようとも勉強時間にしました。中学受験の前の半年は、朝食前の1時間勉強も習慣に加えました。P232

全部前もって、忙しい家事の合間に予習しておき、息子の前では「これはものすごく簡単な問題よ」と言わんばかりに、パズルのピースでもはめていくかのようにスラスラと解き、しかし解き方は噛んで含めるように教えていったのです。P233

小学生の能力なんてどんぐりの背比べですから、中学入試ははっきりいって、親の闘いです。P250

子どもが競争意識を持たないときは、親自身が競争意識を持ち、子どもに競争の仕方を教え、競争に勝てるという自信を与えることが大切です。P252

父親は経営者だったので、私が幼少のころから、何をしようにも具体的な結果を出すことが求められた。P257

とくに目標の定まっていない子どもに大学に行かないハンディを背負わせるのは、相当リスクの高いことP264

本当の意味で優秀な人は、人格自体が素晴らしいのです。なにげない立ち居振る舞いや言動に他社への思いやりがあふれ、謙虚さがにじみ出ています。P267

親が持つ価値観や道徳観が大事P267

子どものモチベーションを刺激するよう、さまざまな努力P268(※強制はしないが放置もダメ)

一流になるかどうかは、バーベキューパーティを開けばよくわかるP274

ビジネスで大成功している出世頭は〝両親とも学校の先生だった〟というケースが驚くほど多い。P277

しつけで重要なのは、まずは自制心を養うことです。P280

言っていることと考えていること、やっていることが一致していないわけですから、子どもが言うことを聞いて、「努力しよう」となるはずがありません。P299

当時流行した石原裕次郎夫人が書いた、強い絆で結ばれた夫婦物語の実話本P318

叱る回数やその強弱を公平にすることはできません。P321

「よく頑張ったね」と、その努力をほめられた子は、何回テストを重ねてその成績が悪くとも、粘り強く問題を解こうと努力を続けたそうです。P324

子どもに非行の兆候があったときは、まずは実態を把握し、しっかりと子どもと向き合う以外にありません。P329

非行の兆候があるわが子が話す内容を「親が信じないで誰が信じる?」と闇雲に受け入れるのは本当の信頼ではありません。P331

子どもがにこにこ笑っていて、読書好きで、自分が好きなことと得意なことをわかっていて、感謝する習慣を持っていて、他人の考えを聞く力があり、好きなことに打ち込んでいたら、その子育てに大きな間違いはないP346

親にとっては、子どもが社会人として公私ともに充実し、幸福に暮らすことこそが最大の親孝行です。P347


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

読書は「アウトプット」が99%  その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方

どうも、緒浅丸です。
いつの間にか3月も後半に入り、卒業式や終業式、入学式の準備や来年度の異動の話などが、ちらほら耳に入るようになりました。
暖かくなって春めいてくると、そわそわ浮足立って落ち着かない感じだけど、同時に何だかワクワクしてきます。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:読書は「アウトプット」が99%
著者名 :藤井孝一
初版発行:2014年1月10日
ページ数:221P
定価  :571円+税
出版社 :三笠書房
形式  :文庫(知的生きかた文庫)

目次
はじめに──読み方ひとつで仕事にも人生にも〝決定的な差〟がつく!
1章 もっと「本の話」を誰かとしよう
2章 「速読」よりも「乱読」せよ!
3章 読書を最高の「自己投資」にする技術
4章 「お金を稼ぐ人」は、本をこう読む!
5章 私は、こんな本を読んできた

文庫書下ろしの本です。ネットのブックオフでゲットしました。
前々から気になっていましたが、この本は読みやすそうだと思ったものの、読書術の本は自分はほかにも今までもいろいろ読んできているので、定価で買うにはコスパ的に割が合わないかもと思い、リアル書店で見かけてもスルーしていました。
今回、ネットで購入した理由は、かなり割安になっていたからです。

著者の藤井孝一氏は元々大手金融会社でマーケティングをしていた方で、現在は中小企業と起業家の経営コンサルとをされている方です。また、自身の経験をもとに、会社を辞めず、お金もかけず、低リスクで起業する、まったく新しい起業スタイルを「週末起業」と名付け提唱しています。

この本は、その著者が独立するための原動力になった、本の内容をアウトプットする読書術について書かれた本です。
僕自身は読書術に関して興味があり、今までにも何冊かこの手の本を読んだことがあったので、スムーズに読み進めることができました。
しかも、読むだけの読書から一歩も二歩も進めて、自分の思考や行動をより磨くような読み方を実践するテクニックが満載で、満足できる内容でした。

その中でも特に興味深かったのはメルマガやレビューの書き方です。自分もこのブログをするにあたって、自己流のひな形を持っていますが、「そこから何を学んだか」「それをどう活かすか」までは書ききれていないです。(あるいは学びきれていない・活かしきれていないのかも)

今後は、学んだこと、そしてそれをどう活かすか(特に、活かす行動を継続するためのハードルの下げ方の工夫を)きちんと考え、決めるようにしたいです。

例えば、今回のこの本を読んで学んだレビューの書き方については、こんな感じで活かそうと思います。

1.アマゾンのレビューを書く。(月2本以上)
2.メルマガの準備←(月1発行の予定で)


ぶっちゃけ、自分の心を見つめなおすと行動するのにすごく不安があり、それによる葛藤があるんですが、変えなきゃ変わらないし(昔そんなこと書いてた気がする)改めて、やってみようと思います。

また、お勧めのレビューサイトや、ビジネスマンが読むのにおすすめの書籍なども紹介されていて、読んでいてとても楽しかったです。

ビジネスマンが読むべきおすすめの書で読もうと思ったのは以下の通り。

坂の上の雲
ドラッカー(図解~系の基本書)
7つの習慣(図解の文庫のやつ)
もしドラ
金持ち父さん貧乏父さん(持っているから再読)
スティーブジョブズ 驚異のプレゼン(図書館で借りるかも)
考える技術・書く技術のワークブック(機会があれば)
サーバント・リーダー


依然読んだことのある本も含まれていますが、改めて読み直してアウトプットしたいです。

読書好きの方で、ワンランク上の読書を始めたい方は手に取ってみてはいかがでしょう?

最後に、個人的に気になったフレーズです。

今日あった出来事を報告するように、本の話をすればいいのです。P15

わからないのは相手が悪いからではなく、自分の伝え方に問題があるからP19

アウトプットしないで自分の中にためておくから、「オタクは暗い」というネガティブなイメージがついてしまうのではないでしょうか。P20

仕事は、人の役に立つ、感謝されるというサイクルがうまく回れば、順調に軌道に乗るものなのです。P23

要約力(話の要点を瞬時に3~5つのポイントにまとめるスキル)を鍛えなければビジネスの世界では成功できないP26

専門家とは知識を持っている人ではなく、アウトプットできる人なのです。P36

ノウハウを実践するか、しないか。つまり、アウトプットするか、しないかの差が成功を分ける最大要因です。P38

1日1冊以上といっても、自分の趣味の本、文芸書は別です。詩集や文学小説は、味わって読まなければ意味がないと思いますが、ビジネス書は1日もあれば十分でしょう。特にノウハウ本は2~3時間で読めます。P45(※ノウハウ本を1日1冊読む→用意しておく必要アリ)

パラパラと本をめくりながら、インプットする箇所をあらかじめ決めてしまうのです。P47(※フォトリーディングみたい)

英会話のヒヤリングの練習と同じように、週末に数時間かけてまとめて読むより、毎日少しずつでも呼んだほうが、たくさんの本を読めるようになるでしょう。P49

斜め読みを実践するには、どんな情報が必要なのかを明確にしておかなければなりません。P50(※その代わり、「予想もしていなかった意外な発見」は手に入らない)

本には旬があり、鮮度があります。P55(※読み継がれている名著は例外)

本による自己投資は、当然セミナーよりも安価で済むわけですが、だからこそ「ケチらない」ことが重要です。P57

ときには、時間をお金で買う覚悟も必要です。P58(※自分は20代後半から意識しだしたけど、いくらでどれくらいの時間を購入するとかまでは具体的ではなかったかも)

その著者が本で何を言っているかより、今まで何をしてきたかという経歴が重要です。P63

健康本はその本どおりに試してみて、かえって健康を害する人もいるので、「売れているかどうか」を判断基準にするのは避けたほうが賢明です。P66

会話のネタのひとつとして割りきって、ベストセラーを読むのも悪くはないでしょう。P67
寝る直前の読書は自律神経が刺激されて目がさえるとも言われるので、ベッドに入る1時間前に本を閉じるなど、工夫は必要です。P80

何事もまず3週間は続けるP83(※何事があっても、例外なく続けるのがコツ)

「今日は疲れたからやめておこう」と例外を許すと、習慣化できません。P84

性格診断などのワークも、やってみないことには本の真意をつかめません。P94

たとえ受け売りでも3回実践すれば、自分の言葉になるP98

自分が重要だと思う点を書き出せばいいP106

メモを書くのに1時間ぐらいかかることもありますが、ここまでじっくりと本と向かい合う時間は、私にとって至福のひとときでもあります。P109

アマゾンのレビューに書き込むP115

「つまらないな」と思ったのなら、何がどうつまらなかったのかを書けばいいのです。P116

今後もますます「評価」は重要なポジションを占めるでしょう。いわゆる「口コミ」は、今や本に限らず、さまざまな商品・サービスの消費を左右する力を持っています。P117

その本に「何が書いてあったか」「そこから何を学んだか」「それをどう活かすか」。この3つを柱にしてまとめるのがポイントです。P118

ツイッターは、私が自分に向ってのつぶやきをユーザーが覗き見するという形式のものP120

自分の得意とする分野を見つけて、そこに特化した本を紹介するP125

自分自身の体験もこぼれ話として書けたら、個性が出て面白くなりそうです。P126

本を誰かにプレゼントするのも、アウトプットのひとつP133

基本的に、分厚い本や難しい専門書は贈らないほうが賢明です。P135

人の役に立つという発想がなければ、経営は先細っていきます。しかし、経営者に学びがないと、なぜ先細っていくのかもわからないのです。P151

生きがいはお金では買えませんし、人望も買えません。P153

できる人は、やさしい本を使って全体像をつかんでいます。P163

難しいと感じたら、無理をせずに読むのをやめてもいいでしょう。P165

本棚は自分の歴史を表わす場でもあるので、定期的に見直して、本を入れ替えながら大切につくっていってほしいと思います。P183


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

子どもが勉強好きになる子育て

どうも、緒浅丸です。
急に寒くなって、今朝は雪が積もってました。
自分はちょっと風邪気味になっちゃって、コタツから出られません(--;

さて、今日ご紹介する本はコチラです↓↓
子どもが勉強好きになる子育て (フォレスト2545新書)子どもが勉強好きになる子育て (フォレスト2545新書)
(2014/01/08)
篠原菊紀

商品詳細を見る



タイトル:子どもが勉強好きになる子育て
著者名 :篠原菊紀
初版発行:2014年1月8日
ページ数:288P
定価  :900円+税
出版社 :フォレスト出版
形式  :新書

目次

まえがき
プロローグ うちの子はどうしたら勉強するようになるの?
第1章 わが子がゲームみたいに勉強に夢中になる!
    ~脳が勉強にハマる仕組み
第2章 わが子が勉強せずにはいられなくなる!
    ~知っておきたい 子どもの「脳のクセ」
第3章 わが子の「集中力」「やる気」をアップさせる!
    ~脳科学と臨床心理学でわかった!「集中力」と「やる気」のつくり方
第4章 わが子の「記憶力」をアップさせる!
    ~脳科学でここまでわかった!強い「記憶」のつくり方
第5章 わが子が「目標達成」しだす!
    ~脳科学でわかる成功する「未来の記憶」のつくり方&「勝負力」の鍛え方
あとがき



リアル書店で見かけ、ビビビ……ッと感じるものがあったので、即買いしました。
著者についてはこの本を手に取るまで存知あげなかったですが、諏訪東京理科大学の教授で、テレビ・ラジオ・雑誌・新聞などでの実験、解説など多数されている方です。

脳医学と臨床心理学を活用した勉強好きにするための子育て論です。

記憶術に関してや、モチベーションUPのノウハウなど、色々な情報が詰まっています。
また、時折レッスンの項目があり、実用度も高いです。

また、子どもの学習だけでなく、大人の資格試験の勉強などにも応用が効きますヨ♪



■個人的に気になったフレーズ■

子どもの「やる気」を観察する力をつけるP55

子どもは、「怠け心」「いばり虫」の被害者です。P58

「キターーッ!」みたいな瞬間に、一番強い反応を示すのです。P65

勉強すればいつもほめてくれた親が、今日にかぎってほめてくれなかった……。来るべき時に、〝それ〟が来ないと子どもは本気でへこんでしまい、まったくやる気が失せてしまいます。P68

勉強にハマれる状況を自分で「儀式化」するのです。P78

子どもはミラーニューロンをとおして、結局親の姿をマネしているのです。P83

 しかし、気になることがあるとついそちらに気が向いてしまうのは、ほかの情報を排除している状態です。
 そんな時の男の子は、素晴らしい集中力を発揮します。P95

たとえば全教科をまんべんなく学習するより、好きな教科から手をつけさせる。少しでも気になることに集中させて、勉強グセをつけるのです。P96

一度に複数のことをするとストレスになるので、勉強をはじめる前に優先順位をつけさせるといいでしょう。P115

「学校」は「ワーキングメモリ」養成所P122

なんでも丁寧に心を込めてやることでも脳は活性化します。P138

暗示語を使う際のポイントは、「そうなろうとしないこと」です。P149

自宅学習の予定を立てる最適なタイミングは勉強が終った後です。一日の勉強が終わった後に、明日の予定を立てます。P154

集中力の持続時間を考えて、1セット15分を繰り返しましょう。P155

とにかく三日坊主を一度きりにしないことです。P171

勉強のやる気が出ない理由の1つは「勉強しても成績が上がらない」こと。P174

自分は記憶力がいいなどとは思っておらず、忘れるのが当たり前。だからこそ復習する。そのタイミングをよくわかっている子が「記憶力のいい子」です。P185

何かを覚える時は自己体験に近い形で記憶をエピソード化したほうが覚えやすく、しかも脳に定着する率が高まるのです。P196

思い出すのに便利な「ブランチ図」P197

ノートの整理が苦手なら、学習内容を3-3-3で枝分かれしたブランチ図にすることで頭が整理され、見た目も整理され、それによって理解も深まります。P199

学習直後に復習する。P214

先生の言うことに「ウンウン」とうなずくことも大切です。P214

強く記憶したかったら、覚えたいことに「感動する」ことです。P227

ノートをとる時は、頭のなかで言葉をくり返しているはずなので、ブローカ野とウェルニッケ野が連動して活動するP234

わかりやすく表現すること。
わかりやすく表現しようとすること。
そう考えながら頭を使うこと。P235

ライバルに勝とうとするのではなく、自己記録の更新にこだわる。P241

調子のいい時は休まず、アグレッシブにやりつづける。P241

人は「ゴールが近い」と意識した時、無意識に力が抜けてしまうことがあります。P243

事前にゴールネゴシエーション(ゴールについての話し合い)したかどうかが、被験者の脳活動と関係していたのです。P248

問題の原因を探し出すことに主眼を置くのはやめましょう。P251

「うまいゴール」のポイントは「具体的」で「評価可能」なこと。そして「肯定形」であるほうが望ましいといえます。P257

ポジティブ色のゴールであれば、ゴールを意識するたびに、目標をクリアした喜び、達成感、ほめられる誇らしさ、うれしさのイメージが一緒に立ちあがってきます。

子どもの目標達成を応援し、勉強の結果が最高の形で表れることを望むなら、うまくできずにあがいている、その時にこそほめてください。感心してください。P267


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

「誤読上等!」じゃダメですか?──「わかったつもり」で考える読解力

どうも、緒浅丸です。
なんだか、ちょっぴり読書力が低下している気がする今日この頃。
ウダるような暑さのせいだけじゃなく、『アウトプットする読書』に疲れているせいもあります。

さて、今日ご紹介する本はコチラ↓↓
わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書)
(2005/09/20)
西林 克彦

商品詳細を見る


タイトル:わかったつもり
著者名 :西林克彦
初版発行:
ページ数:213P
定価  :700円+税
出版社 :光文社
形式  :新書

目次
はじめに
第1章 「読み」が深まらないのはなぜか?
第2章 「読み」における文脈のはたらき
第3章 これが「わかったつもり」だ
第4章 さまざまな「わかったつもり」
第5章 「わかったつもり」の壊し方
引用文献など

題名に惹かれて購入。
結構ガチな読解力改善法の本でした。
文章をよりよく読むために、どうすればよいかが述べられています。

ちょっと前に読んだ『読んでいない本について堂々と語る方法』と同じことを、
正反対の視点から論じているような印象を受けました。

「わかったつもり」を乗り越えるには結構大変みたいで、サクッとした処方箋は出てきませんでした。
(↑↑これも自分の「わかったつもり」なのかもしれません)

小学校の国語の教科書に掲載されている文章などを題材にしているので、受験などでは意味があるのかもしれません。
でも、普段の読書では、ここまで「わかる」読み方をする必要があるのかな? と思いました。

「わかったつもり」を全否定すると世間で出回っている速読術とかどうなんだよ、って感じですし。

ただ、人間は思い込むと思考停止してしまいがちなので、その点だけは注意したいですね。

■関連情報■
読んでいない本について堂々と語る方法読んでいない本について堂々と語る方法
(2008/11/27)
ピエール・バイヤール

商品詳細を見る

感想はコチラ

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター