『2022──これから10年、活躍できる人の条件』を再読してみた

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:2022──これから10年、活躍できる人の条件
著者名 :神田 昌典
初版発行:2012年2月3日
ページ数:270P
定価  :840円+税
出版社 :PHP研究所
形式  :新書(PHPビジネス新書)

目次
はじめに
第1章 先が見えない世の中って言うけど、それは天気予報があるのに知らないようなもんだ
第2章 平成「ええじゃないか」が、なぜ必要か
第3章 踊る中国 沈む日本
第4章 二○二四年、会社はなくなる!?
第5章 イン・フォメーションから、エクス・フォメーションへ
第6章 四○代が、時代のはざまに架ける橋
第7章 二○二二年──再びページを開くとき


年の瀬も押し迫り、今までとこれからを見直すきっけになればと、再読してみました。(以前の感想はコチラ

著者の神田昌典氏は、経営コンサルタントであり、ビジネス書や自己啓発書でいくつものベストセラーを出している作家の方。
自分も、『非常識な成功法則』をはじめ何冊もの本を読んでいます。

2012年に書かれた本で、2022までの未来予想図が描かれています。
今回、ほぼ中間点の2017年である今(もうすぐ2018年だけど)、書かれている内容がどれぐらい現実に沿っているか確認する気持ちで読みました。

北朝鮮とかiPhoneとかは、時期は多少ずれているけどこの本に書かれている通りの軌跡をたどっていると思いました。
また、祭りを防災活動に応用する発想は今呼んでもユニークだと感心しました。でも、自分の周りでは実際にはあまりされていない感じがします。

会社がなくなる記述に関しても、若い頃、ワープロが登場して、もう手書きで書くことないやと思ったものの、それから30年以上たっても未だに紙とペンは必要とされているのと同じで、働き方が変わると言いながらも、意外となかなか変わらないんじゃない気がします。

新しい時代における子供たちの将来に思いをはせながら、今年の最後に読んでみてはいかがでしょう。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

スポンサーサイト

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方──バージョンUPされた人生設計のバイブル

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
著者名 :橘玲
初版発行:平成29年8月5日
ページ数:418P
定価  :
出版社 :650円+税
形式  :文庫(幻冬舎文庫)

目次
文庫版まえがき
はじめに
Prologue 1995-2014
0 「黄金の羽根」ができるまで
  1995年という特別な年
  世紀末のバブル
  〝黄金の羽〟はどこに落ちているのか?
PART1 人生を最適設計する資産運用の知識
1 世界に櫃しかないお金持ちの方程式
2 誰も知らない資産運用の常識
3 不動産の呪縛を解き放つ法則
4 生命保険は損をすることに意味がある
5 見えない「貧困化」が拡がっている
PART2 人生を最適設計するマイクロ法人の知識
6 国家に惜しみなく奪われるひとびと
7 「個人」と「法人」、ふたつの人格を使いこなす
8 マイクロ法人で人生が変わる
9 不可能を可能にする奇跡のファイナンス
10 税金について知りたいほんとうのこと
11 税務調査の裏と表
PART3 人生を最適設計する働き方
12 クリエイティブクラスとマックジョブ
Epilogue 新宿中央公園のホームレス
あとがき Don't Walk on the Dark Side


この本は、『マネーロンダリング』や『タックスヘイヴン』など、衝撃的な経済小説をいくつも執筆されており、「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとりでもある橘玲氏の、ビジネス書デビュー作の改訂版です。
2002年にデビューされてから、投資や経済に関するフィクション・ノンフィクションの両方を手がけており、いくつもヒット作を飛ばしている著者ですが、この本はそれらの原点といってもよいのではないかと思います。

自分も、改訂版になる前の原著を読んだことがあるのですが、以前読んだことがあってもまた改めて気づきを得られることが多々あり、読む価値が十分以上ある内容でした。
特に、この本は改訂版の文庫化なのですが、その際、新たにマイナンバーに関する記述が追加されており、すごくお買い得に感じました。

以前の版の記述もできるだけそのまま残してあるのですが、それが逆に、当時の状況と比較できてユニークな印象を与えます。

忘れていたお金持ちの方程式(資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り))を思い出すことができたし、年末にかけて今年の収支を整理しようと思いました。

一年の終りなど、節目にこそ読むべき本かもしれません。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

手帳フル活用術──時が経過しても色褪せない普遍的な手帳術

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:手帳フル活用術
著者名 :中島孝志
初版発行:2005年4月10日
ページ数:216P
定価  :600円+税
出版社 :三笠書房
形式  :文庫(知的生きかた文庫)

目次
はじめに 今日から始めよう、「とっておきの手帳術」
第1章 成功者は、このように手帳を活かしている!
第2章 これが一流ビジネスマンの手帳術
第3章 〝最短〟で願いをかなえる手帳術
第4章 手帳を「人生計画」にフル活用!
第5章 一冊の手帳の〝無限の可能性〟


ブックオフのまとめ買いの際、興味をもって購入した1冊です。
2005年の本で、10年以上前の本です。

著者の中島孝志氏は、PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立し、現在は、経営コンサルタントや出版プロデューサー、大学・ビジネススクールでの講師など、様々な活動をされており、著書も多数あります。

この本は、より良い仕事を実現するツールとして、また夢をかなえるツールとしての手帳術を詳しく紹介しています。超多忙スケジュール管理術から、仕事の漏れ・遅れを防ぐマネジメントのコツ、情報の収集・管理・有効活用法、さらに夢実現のためのプランニングまで、達人たちの実践的な「手帳術」が満載です。

ただ、この手の本はキライではないんですが、今までも何冊も読んでいるためか、マンネリ感やデジャヴ感があり、正直なところ、最初はなかなか読み進められませんでした。

特に前半は、いろんな人の手帳の使い方の紹介で、中途半端な印象であまり参考になりませんでした。

でも、後半の「夢をかなえるツール」としての手帳術の使い方になった途端、俄然読み進めるのが楽しくなりました。
書かれている内容に特に斬新なものはなかったんですが、ワクワクするのです。

自分は今年は、手帳ではなくて、B5版のルーズリーフを活用していたんですが、この本に書かれていることをうまく取り入れていこうと思いました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

無敵の思考──コスパ最強のルール集

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:無敵の思考
著者名 :ひろゆき[西村博之]
初版発行:2017年7月20日
ページ数:207P
定価  :1300円+税
出版社 :大和書房
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに ──「考え方」で人は〝幸せ=無敵〟になれる
序章  そもそもの「ルール」論
第1章 これだけで幸せになれる「考え方」のルール
第2章 これだけで勝てる「能力と仕事」のルール
第3章 これだけで損しない「お金」のルール
終章  二極化の未来に備えよう
おわりに


ネットで堀江氏との対談の記事とかを読んでひろゆき氏に興味を持ち、ひろゆき氏の書籍が読みたくなりて購入しました。
ひろゆき氏は匿名掲示板・2ちゃんねるの開設者で、後に管理者権限を他者に譲渡し実業家に転身されています。

「水が半分しかない」って悩むより、「コップに水が半分も入ってる」って考えたほうが得である、みたいな考え方をまとめてある本です。
この本を読むと、考え方ひとつで世の中の生き抜き方がイージーモードに変わることがわかります。和田裕美氏の陽転思考みたいな感じでしょうか。
サクッと読める内容で、頷ける部分、共感できる部分が結構あり、楽しかったです。

ただ、著者自身の執筆でなく、編集者によって過去の発言等をまとめた本なので、内容はウスいです。
本を読んだ時も(その時はいい意味で)感じたんですが、この記事を書くために著者の履歴をググったら、もっとそう感じました。
また、内容がウスいことは想定内だったんですが、伝聞をまとめた本だからなのか、わかりにくい表現がチラホラあり、その点が残念でした。

ひろゆき氏のコアなファンや、歯ごたえある内容を求める方には肩透かしかも知れません。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

多動力──「堀江節」を堪能するには格好の1冊

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:多動力
著者名 :堀江貴文
初版発行:2017年5月30日
ページ数:226P
定価  :1400円+税
出版社 :幻冬舎
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次

はじめに
第1章 一つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない
おわりに


現在書店でのベストセラーランキングにも登場している“旬な本”です。
普段、あまり本を読まないうちの嫁が読みたいといったため購入しました。

著者はご存知ホリエモンこと堀江貴文氏です。

全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶けつつある現代社会で、1つの仕事に囚われず興味のままにあらゆるジャンルの仕事をかけ持つ方法について書かれた「自己啓発系仕事術本」です。

自分より先にこの本を読んだ嫁は、ちょっと極端すぎるといっていました。

自分も読んでみて、成程、ある程度人生経験を積んだ人には絵空事に見える部分もあるのかもしれないと思いました。
タテの壁が〝溶ける〟がミソなのかなと個人的には思います。
つまり、タテの壁は溶けてなくなるといっても、現在完全に消滅したわけでなく、いま現在は、あるのとないのと両方対応しなければならない状態です。
今現在、社会にもまれている状況では、その辺がモヤっとするのではないでしょうか?

内容的にはいつものホリエモン節で、個人的に新たなサプライズは感じませんでした。

そんな中で自分が気になった部分は『カルピスの原液』の話。今後、キュレーションメディアのような作り方で「取材時間ゼロ」で書籍を作りたいって発想は面白いと思いました。
あと、それに関連して変わらないなと思ったのが、人に嫌われる事を恐れず本音で発言する堀江氏のスタンス。
ぶれないスタンスは立派ですが、自分は真似できないです。(と言いつつ無意識に無神経な態度をとっているかもしれませんが)

あと、すぐ行動することについて、しつこいくらい述べていることが印象に残りました。

この本には、やるべきことを把握するために、各章の最後に『JUST DO IT』があります。
この本の内容を実践して、己の血肉にするには最適です。

夏休み、自分をバージョンアップするのにいかがでしょう?

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
金融系40代サラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしていきます。

mail:minahosi@infoseek.jp


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター