日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル──最近改訂文庫版が出た書籍の元本

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル
著者名 :橘玲
初版発行:2013年3月14日
ページ数:220P
定価  :1500円+税
出版社 :ダイヤモンド社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
まえがき 「高金利・円安・高インフレ」のアナザーワールドへようこそ
第1部 序
第1章 <近未来小説>日本人を待っていた浅い眠り
第2章 最悪の中の最善を探せ
 コラム1 国際価格が下がると金利が上がる
 コラム2 インフレになると通貨は下落する
 コラム3 金利が高くなると通貨は下落する
第2部 破
第3章 普通預金は最強の金融商品
 コラム4 変動金利型の個人向け国債を利用する
第4章 たった3つの金融商品で「国家破産」はこわくない
 コラム5 国債ベアファンドの基準価額の動き方
 コラム6 為替リスクは長期的にはリスクではない
 コラム7 グローバルなインフレとローカルなインフレ
 コラム8 キャピタルフライトとはどういうことか?
第3部 急
第5章 財政破綻時の資産運用戦略
 コラム9 世界市場に効果的に分散投資する方法
第6章 経済的リスクを〝奇跡〟に変える
 コラム10 スワップ金利とはなにか?
 コラム11 債権先物で国民年金基金をヘッジする?
あとがき 海外投資はしなくてもいい


ネットでこの本の文庫版の情報をゲットしたのですが、その際、数年前の本だが状況はあまり変わっていない、みたいな書き込みを読んで、だったら単行本版をチェックするだけでも十分有益かなと思い、図書館で借りてきました。

著者の橘玲氏は、「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとりで、投資や経済に関するフィクション・ノンフィクションの両方を手がけいます。

この本は、財政破綻(国家破産)という、そう遠くない未来に起きるかもしれない日本の"最悪のシナリオ"に対して、どうやって資産と生活を守っていくのかを書いた本です。

最初のシミュレーション小説がインパクトありました。
ですが、その後に書かれている内容に関しては、いまいちピンとこなかったです。
国債に気をつけながら、インフレに備えるって感じでしょうか?

単行本版なので、改訂された文庫版はもっと今にフィットしているかもしれません。
興味を持たれた方はこちらをチェックしてみてはいかがでしょう?


ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

スポンサーサイト

コンピュータが小説を書く日

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:コンピュータが小説を書く日
著者名 :佐藤理史
初版発行:2016年11月16日
ページ数:213P
定価  :1500円+税
出版社 :日本経済新聞出版社
形式  :単行本 (ソフトカバー)

目次
はじめに
第1章 コンピュータは文章が書けない
第2章 テキストの切り貼りを試す
第3章 構造を導入する
第4章 文章生成器GhostWriter

第3回日経「星新一賞」応募作品
『コンピュータが小説を書く日』
『私の仕事は』

第5章 『コンピュータが小説を書く日』の舞台裏
第6章 コンピュータは文章が読めない
第7章 応募作品は誰が書いたのか
第8章 応募報告会と反響
第9章 人工知能と創造性
第10章 文章を紡ぐということ
あとがき


文章の書き方の勉強になるかと思って購入しました。最初、さらさらっと呼んでいたんですが、結構歯ごたえのある内容で、襟を正して読み直そうと思ったら、1年以上積読になってしまった本です。
最近、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』がベストセラーになっていて、この本と関連があると思い、先に読了しようと改めて手に取りました。

著者の佐藤理史氏は、自然言語処理・人工知能が専門分野の、名古屋大学大学院工学研究科電子情報システム専攻教授であり、工学博士でもある方です。

この本は、その著者が、2015年秋にコンピュータを使って作成した2編のショートショートを星新一賞に応募した顛末について記された書です。
主に前半では、コンピュータによる小説の作成方法に関する内容が書かれており、後半では発表されたコンピュータ小説に対する周囲の反応について書かれていました。
個人的には、星新一のショートショートを参考に、文章の書き方や物語の作成方法を試行錯誤する様子がとても興味深かったです。
ただ、それをプログラミングに落とし込む段階に関しては、結構歯ごたえがあって大変でした。
また、東大合格プロジェクトに関することも書かれていて、その部分もおもしろかったです。

3年近く昔の話で、色褪せてい待っている部分もあるのかもしれませんが、読んでよかった1冊でした。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

楽園──「摸倣犯」から9年後の物語

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓



タイトル:楽園 上・下
著者名 :宮部みゆき
初版発行:2010年2月10日
ページ数:上 503P 下 442P
定価  :上 667円+税 下 648円+税
出版社 :文藝春秋
形式  :文庫(文春文庫)

目次 上
第一章 亡き子を偲ぶ歌
第二章 第三の眼
断章Ⅰ
第三章 再会
断章Ⅱ
第四章 見えざるもの
第五章 事件
断章Ⅲ
第六章 妹
第七章 幻視
断章Ⅳ

目次 下

第八章 子供の事情
第九章 暗部
断章Ⅴ
第十章 遠くからの声
第十一章 秘密
第十二章 たどり着いた場所
第十三章 ピリオド
終章 楽園
解説 東 雅夫

実家にあった本です。以前読んだ『摸倣犯』の続編ということで積読に追加していたんですが、現代日本を舞台にした本が読みたくなり、手に取りました。

著者の宮部みゆき氏は、読物新人賞を受賞されたのを皮切りに、山本周五郎賞や直木賞など、数々の文学賞を受賞されているベストセラー作家です。
この作品の前作に当たる『摸倣犯』も大ベストセラーになりました。

この本は、摸倣犯の事件から9年後を舞台に、登場人物の一人だったルポライターが、亡くなった子供が不思議な能力を持っていたかを調べて欲しいという依頼を受け、それが大きな事件の真相究明につながっていきます。

丁寧に描写を重ねていく感じで話が進んでいく、ハードボイルドな筋運びの物語でした。

前半は、超能力の有無を探る展開なのですが、次第に重たい話になっていきます。成程『摸倣犯』の続編だと思わすような、しんどい作品でした。

終わってしまったことをほじくり返すのは、どうしようもないだけにツラいと感じました。

あと、読んでいるときはまったくそんなことは思わなかったんですが、読み終えて振り返ってみると、「女」のための物語なのかもしれないと思いました。
主人公のルポライターも女性だし、依頼人も女性、子供の不可思議な能力を知るきっかけとなった事件の被害者も女性──
女性が読むとより深く物語を味わえるかもしれません。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

緒浅丸掌編集

どうも、緒浅丸です。

今日ご紹介する本はコチラ↓↓
緒浅丸掌編集緒浅丸掌編集
(2013/11/08)
緒浅丸

商品詳細を見る


ジツは……KDPで出版した拙書です(激汗

十年ぐらい前に、ある企画に投稿して落選したものばかりなのですが、愛着があって、どうしても忘れ去ることが出来ないので、チョコチョコ改稿して発表することにしました。

ホラーまでいかないけど、ちょっと特殊な設定の異形な物語たちです。

上手く伝えられなかったり、つたない表現が多々あったりと歯がゆい部分も目に付きましたが、思い切って公開しました。

応募要項にそってだと90Pぐらいかなと思っていたら、まさかの37Pでアセりました。
強気の価格設定にしなくて良かったです(^^; 

楽しんでいただけたら幸いです。

ちょっとした息抜きにどうぞ。

あと、Amazonのレビュー書いてくれると嬉しいです♪

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
金融系40代サラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしていきます。

mail:minahosi@infoseek.jp


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター