模倣犯(二)──ミステリの金字塔、第2弾 

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:模倣犯(二)
著者名 :宮部みゆき
初版発行:平成17年12月1日
ページ数:413P
定価  :590円+税(アマゾンでは現在724円)
出版社 :新潮社
形式  :文庫(新潮文庫)

実家にあった本を、引っ越しの整理の際にゲットしました。

著者の宮部みゆき氏は'87年にオール読物新人賞を受賞されたのを皮切りに、'93年に山本周五郎賞、'99年に直木賞を受賞されているベストセラー作家です。

この作品『模倣犯』は著者の代表作の一つで、1995年~1999年に『週刊ポスト』で連載され、『司馬遼太郎賞』など合わせて6冠を達成しているベストセラーです。

この第二巻では、一巻で語られた事件までの道のりを、犯人サイドの視点から描いています。
幾人もの登場人物が登場して、それぞれの視点からノンフィクションのような雰囲気で立体的に事件の経緯が描かれていた一巻に対して、今回は、犯人とその周辺の人々が中心に描かれています。こちらのほうが物語に入り込みやすかったです。

べっとりと描写された油絵みたいな小説の印象で、特に、殺される瞬間の描写が丁寧で手に汗握る感じでした。
また、内面描写が途中で切り替わったりする場面もユニークでした。

ただ、自分の読み込みが悪いのかもしれないんですが、最初の殺人から連続殺人犯になるまでの経緯があっさりしすぎている印象で、事件が発生した瞬間がわかりにくかったです。

続きが気になります。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

仕事の問題地図──恒常的な仕事のムリ・ムダの改善のための1冊

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓

タイトル:仕事の問題地図
著者名 :沢渡あまね
初版発行:2017年3月21日
ページ数:221P
定価  :1480円+税
出版社 :技術評論社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに~どうして仕事が進まない、終わらない?
1丁目計画不在
2丁目進捗不明
3丁目一体感がない
4丁目モチベーションが低い
5丁目期限に終わらない
6丁目意見を言わない
7丁目有識者不在
8丁目抵抗勢力の壁
9丁目対立を避ける
10丁目失敗しっぱなし
おわりに~「だって、人間だもの!」に向き合おう

ちょうど年度末で人事異動があり、これからの組織に不安があった折、リアル書店で見かけ、購入を決意。

著者の沢渡あまね氏については今まで存じなかったのですが、業務改善・オフィスコミュニケーション改善士とのこと。あまねキャリア工房を立ち上げ、代表に就任されています。

リアル書店で見かけた際、この本と一緒に『職場の問題地図』という本も並んでいました。
どちらを購入するか迷いましたが、他方には副題に「残業うんぬん~」と書かれていたので、自分は残業しない派なのでそこらへんは問題ないかなと思い、こちらを購入しました。

この本では、常に変化する仕事を生きものととらえ、仕事が思うように進まないor終わらない実態の原因・要因を地図にして、解決策を提案しています。

問題提起⇒原因⇒対策 のフレームで書かれていいます。
読みやすいのですが、自分的には踏み込みが浅く、あまり中身が頭に残らなかったです。

働き方の改善のヒントを期待して購入したのですが、実際に新たな人事で仕事が動き始めたら、不安も縮小し忙しさに忙殺されて内容を顧みる余裕もないためかもしれません。

恒常的な仕事のムリ・ムダの改善と人事異動等の混乱に対する改善とではポイントがズレている可能性もあります。

悪くはないとは思うんですが、響く部分がなくてちょっと残念な1冊でした。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

あやしい投資話に乗ってみた──手を出しづらい投資の雰囲気を知るための1冊

どうも、緒浅丸です。
いろいろ生活環境が変わり、このブログもなかなか更新できていません。
いずれ整理しようと思っているんですが、当面はダラダラと更新していく予定です。

さて、今日ご紹介する本はコチラ。最近小説が続いていたんですが、久々に実用書です↓↓


タイトル:あやしい投資話に乗ってみた
著者名 :藤原久敏
初版発行:平成26年8月18日
ページ数:223P
定価  :1200円+税
出版社 :彩図社
形式  :単行本(ソフトカバー)

目次
はじめに
1章 未公開株を買ってみた
2章 新規公開株を買ってみた
3章 和牛オーナーになってみた
4章 海外ファンドを買ってみた
5章 超高金利の銀行に預金してみた
6章 FXで新興国通貨に投資してみた
7章 先物取引をやってみた

ネットを徘徊しているときにこの本の存在を知り、興味を持ったため購入しました。

著者の藤原久敏氏は信用金庫勤務を経て2001年にFP事務所を開設した方です。しばらくは暗中模索の日々だったそうですが、自分の「投資が好き」という性分を活かし、現在は資産運用に関するセミナー講師や執筆を精力的にこなしているようです。

この本は、そんなFPであると同時に投資マニアでもある著者が、自ら「あやしい投資話」に身銭を切って得た教訓をまとめたエッセイです。

自分も一応FPの資格を持っているし、株やFXに手を出したこともあったのでとても興味深く読むことができました。
目次を見ればわかるように、この本で紹介されている投資は、未公開株、新規公開株、和牛オーナー、海外ファンド、超金利銀行、FX、先物取引の7つです。
新規公開株(IPO)とFXはちょっと齧ったことがあったので、成程と思いながら読みました。
一番興味をひかれたのは、和牛オーナーです。
オーナー制度の投資はいつかやってみたいと思いました。

いろいろな投資の雰囲気を味わいたい方は読んでみてはいかがでしょう。
自分は単行本版をゲットしましたが、最近文庫版も出版されているみたいです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後に、個人的に気になったフレーズです。

続きを読む

灰と幻想のグリムガル level.10

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:灰と幻想のグリムガル level.10 ラブソングは届かない
著者名 :十文字青
初版発行:2017年3月25日
ページ数:286P
定価  :630円+税
出版社 :株式会社オーバーラップ
形式  :文庫(オーバーラップ文庫)

目次
0.世界
1.獲物たちの秘めた心
2.噛むな
3.寄り添うことで
4.歓迎の作法
5.もちつもたれつ
6.幸せの歩幅
7.戻らない
8.過去は追いかけてくるのか
9.どうしてきみは


シリーズ累計70万部を突破した異世界冒険譚の第10弾です。
オルタナを目指し東に進んでいたハルヒロたちは、道中の森でグォレラという猿型のモンスターたちと激戦を繰り返していました。悪戦苦闘の末にある村へとたどり着くも、そこで一波乱あり、今後の物語で重要となると思われる情報が開示されます。

序盤はだるめだったんですが、グリムガルの世界についての情報が語られる場面は引き込まれました。ただし、わかったようなわからないような歯がゆい感じだったのは残念でした。

主人公たちのレベルが上がりすぎ、危険が増えたように感じます。
なまじ回復魔法があるから被害が酷いんだと思う。
ハルヒロたちをイジメないでほしいし、あとがきかけないようなヒキにすんな!!って言いたかったです。

続きが気になる第10巻、待てる人だけ購入をオススメします。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

模倣犯(一)──最近またドラマ化もされたミステリの金字塔、第1弾 

どうも、緒浅丸です。
今日ご紹介する本はコチラ↓↓


タイトル:模倣犯(一)
著者名 :宮部みゆき
初版発行:平成17年12月1日
ページ数:584P
定価  :781円+税
出版社 :新潮社
形式  :文庫(新潮文庫)

実家にあった本。
引っ越しのときに整理していてゲットしました。

著者の宮部みゆき氏は'87年に『われらが隣人の犯罪』でオール読物新人賞を受賞され、'93年に『火車』で山本周五郎賞を、'99年に『理由』で直木賞をそれぞれ受賞されています。こうしてみると、平成ととともに歩んできた作家さんという印象ですね。
個人的には、最近は時代小説の執筆も目立つ印象があります。

この作品『模倣犯』は著者の代表作の一つで、1995年~1999年に『週刊ポスト』で連載され、『司馬遼太郎賞』など合わせて6冠を達成しているベストセラーです。
2001年3月21日に小学館から単行本(上下巻)が刊行され、文庫版(全5巻)のこちらは、2005年12月から2006年1月にかけて刊行されています。
2002年には元SMAPの中居正広さん木村佳乃さんらで映画化もされたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。
また、2016年にはテレビ東京系でドラマ化もされていたみたいです。

この第一巻では、墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見されるところから物語が始まり、幾人もの登場人物が登場して、それぞれの視点から事件が立体的に描かれていきます。

ただ正直、最初は読むのがしんどかったです。
全5冊分の中の1冊にもかかわらず600P近くある分厚さで、丁寧に話が進んでいくのは、この著者のいいところなのかもしれませんが、200P読んでもまだ話が進まないのです。
メインの登場人物の一人に犯人からコンタクトがあった辺りでようやく面白くなり、ほっとしました。

以前この作者の作品『理由』を読んだことがありますが、そんな雰囲気の作品です。ノンフィクションを読んでいるような感じ。

あと、言葉使いや登場人物の考え方が古臭いと感じました。(昭和な感じ?)
1996年が舞台の話なのでぎりぎりアリなのかもしれませんが、現代を舞台にした話と思っていたので、こんなに時が流れていたのかとびっくりするかもしれません。

重厚な読み心地で、じっくりと腰を据えて読み進めていきたいです。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします。
最新記事
オススメサイト
ブックオフオンライン



フルイチオンライン

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム





アフィリエイトでチャリティ リンクシェア







カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール&ごあいさつ

緒浅丸

Author:緒浅丸
小学生の子供を2人持つ40代のサラリーマンです。
ビジネス書・自己啓発書からラノベまで幅広く、書評や感想をアップしています。

mail:minahosi☆infoseek.jp
(☆を@に変えて下さい)

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

よろしければクリックお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター